ナナホシテントウ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ナナホシテントウ    

てんとう虫が指にとまったのは 泣いた僕を励ますためだった 肩にやさしくふれた あれは誰の手だったのだろう 今日ついに 指はその軌跡を辿った 細かくふるえ 空気の流れを爪の先でさぐって まるで くすぐるみたいにして飛ぶんだ やがて指は風の中で てんとう虫を見つけるだろう てんとう虫が指にとまったのか 指がてんとう虫にとまったのか わからなかったけれど 僕は 君の肩にやさしく ふれるだろう

scroll


作成日時 2020-03-06
コメント日時 2020-03-26

ナナホシテントウ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 1255.4
お気に入り数: 2
投票数   : 0
ポイント数 : 6
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/01/17現在)投稿後10日間
叙情性31
前衛性00
可読性11
エンタメ10
技巧00
音韻00
構成10
総合ポイント62
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性0.30
 エンタメ0.30
技巧00
音韻00
構成0.30
総合22
閲覧指数:1255.4
2021/01/17 00時39分00秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ナナホシテントウ コメントセクション

コメント数(6)
みつき
みつき
作品へ
(2020-03-09)

率直に、かわいいですね。 てんとう虫を追いかけたら君の肩に触る流れがかわいいので好きです。 私は頭が硬いので、(てんとう虫は指にはめったに止まらないだろ?指先から飛び立つことはあっても!) と脳内突っ込みを止められなかったのですが、それは横に置いといて楽しめました。 1,3連のどちらかというと曖昧な描写に対して、2連目は細かい描写で、ハイスピードカメラで追ってみました!な感じでそんな緩急もいいです。 昆虫が好きなので色々書いてしまってなんかすみません。あんまり気にしないでください。

0
藤 一紀
作品へ
(2020-03-10)

こんばんは。〈指〉や〈てんとう虫〉を〈君〉や〈僕〉の「心」と言い換えて読んでみると、物理的な現実の拘束を超えて通いあう優しさを感じ、心が洗われるようです。とても好きな作品です。

0
stereotype2085
作品へ
(2020-03-12)

良い詩だと思う。テントウ虫が指にとまったところから始まる詩。良い出来だと思う。なのに取り立てて言うべきこと、書くべきことがない、思い浮かばないのは、詩に何か難点があるのか、それとも私に非があるのか。最後の終わり方が「ふわっ」としすぎていた、というのがあえて言えば難点か。それ以外は生意気言うようですが及第点以上は無事獲得していると思われます。

0
のいえられこーず
作品へ
(2020-03-12)

じつはこの作品にコメントを書き込もうとするのは3度目になります。一旦書き込みしようとしては送信出来ずにおりました。それは、私の思い込みでしかありませんが、ビーレビにおけるガムのくつべらさんと私の関係性から来るプレッシャーがあるからです。それは良い意味での緊張感です。素直に感ずるところをコメントすればよいのでしょうが、そのような気軽さでもって作品と対峙する場に、私に限っていえばしたくない気持ちがあります。念の為申し上げれば気軽なコメントの付け合いがあってもよいのですが、それだけでは欠落してしまう、物足りなさがあります。 安易にコメントを書かせない、緊張感をもたらせていただいたことに感謝しております。それはガムのくつべらさんが意図してのいなかったにせよ、です。作品へのコメントに戻りますが、ガムのくつべらさんの投稿作品はすべてクオリティが高い。「韻」と「イメージの立ち上がり」と「訴求力(読者が自分宛ての詩と思わせるところの普遍性)」の3つが揃っている。ただ、一点、急所があるとすればオリジナル無きところではないかと考えます。今、ビーレビでは匿名による作品投稿が可能になっておりますが、オリジナルな息遣い(言葉遣い、レトリックとは違います)を持つ作者はたとえ名前を伏せた投稿であっても百発百中で誰が書いた作品なのか判明します。ガムのくつべらさんの作品からは、今回の作品も含め、その息遣いが私にはみえない。というか、その作者が持つ固有さをわざと消しているようにも思えるのです。抽象的な話を続けてしまい恐縮です。 >僕は >君の肩にやさしく >ふれるだろう 作品全体としての詩のクオリティの高さを示す先に申し上げた3点のうちの「訴求力」をガムのくつべらさんは「作品の構成」によって成立させています。それは引用した最後にあって初めて「僕は」という自我を明かす流れにそれをみるのです。読む者からすれば不確定から確定への急な流れによって、一瞬の解放感を味わう。それで良しとする読者も多くいると思います。今時の自我無し、空虚感満載の詩のトレンドからすれば共感を持たれるかもしれませんが、私のような屈折した人間からしますと物足りなさがあります。その作者が固有に持つスタイルが技巧としてではなくて息遣いとして宿っている作品を手にしたいと望みます。また、機会ありましたら、次回作も読みたいです。というか、私はあなたの作品は気になるので必ず読むと思います。雑なコメントですみません。

0
afterglow
作品へ
(2020-03-23)

はじめまして。 ぼくは虫があまり好きではないのですが、本作に登場するテントウムシには触れます。言葉を持たない小さな虫と触れ合う時に何故優しい気持ちになれるのか、それは微かな動きの中に生命を感じるからだと思います。 >肩にやさしくふれた >あれは誰の手だったのだろう 悲しい時に欲しくなるのも、もしかしたら言葉ではなく手の温もりなのかもしれません。 最後に「ぼく」が励ます側になるのもいいなぁと思いました。 繊細な感情をさりげない言葉で表現されているところが好きです。

0
帆場 蔵人@⚰
作品へ
(2020-03-26)

てんとう虫と誰かの手が重なり合うことで詩が産まれている。最初のてんとう虫は単なる偶然の産物で、すべては勘違いかもしれないが、それはそれで優しくあれるなら悪くはない

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2