アスファルトは雨に濡れて青空になった - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

虹がある。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


アスファルトは雨に濡れて青空になった    

アスファルトは雨に濡れて青空になった いつもは黒く乾いた素肌を その日はしっとり青くにじませて 私は自転車をこぎながら 風に耳をすませて 青空をみた 通り過ぎれば消える幻影だけど 私はその日 青空を走った


作成日時 2020-02-10
コメント日時 2020-02-25

アスファルトは雨に濡れて青空になった ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 1094.7
お気に入り数: 1
ポイント数 : 17
#テキスト
項目全期間(2020/04/02現在)投稿後10日間
叙情性97
前衛性00
可読性65
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成20
総合ポイント1712
 平均値  中央値 
叙情性1.31
前衛性00
可読性0.91
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成0.30
総合2.42
閲覧指数:1094.7
2020/04/02 14時42分10秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

アスファルトは雨に濡れて青空になった コメントセクション


コメント数(12)
S_Ujiie (2020-02-10):

この詩を読んでから瞼を閉じると、果てしない青空を割って懸命に自転車をこぐ姿が浮かびます。 十代の頃に追い求めた青春のような、うつくしい詩だと感じました。

1
夢うつつ (2020-02-10):

>アスファルトは雨に濡れて青空になった この一文はすごく好きです!!!!好き、めちゃ好きです。ただ、このタイトルで物凄い期待しながら見てしまったので、本文がタイトルと同じことしか説明していないのが少し残念でした。 寧ろ俳句や短歌にまとめてしまっても良いと思います。ひなまつりイベントに挑戦しようかと思いましたが、私は俳句が下手なので他の方にお任せします…… ともかく、「アスファルトは雨に濡れて青空になった」という切り口はとても良い詩だと思いました。これからのあおいさんの詩も読んでみたいです。

1
ミリウェイズ (2020-02-10):

清々しい感じがしますね。凄い好きです。

1
あおいあおい(2020-02-10):

S_Ujiie さん ありがとうございます! 私の伝えたかった雰囲気をつかんで下さって嬉しい限りです! 夢うつつ さん ありがとうございます! 実は今まで比較的長い詩ばかりを書いていたのでシンプルにかきたいと思ったのとこの詩にはシンプルの方があってるのではやってみたんですが…難しかったです笑 頑張ります これからも応援よろしくお願いします! ミリウェイズ さん ありがとうございます! 清々しい感じを受け取って頂けて嬉しいです!

0
羽田恭 (2020-02-11):

青空に 空を飛びたり 水溜まり (雛祭イベントで、五七五調でコメントしてます。) https://www.breview.org/forum_blog/archives/668

1
羽田恭 (2020-02-11):

すいません。 書き直します。空を二回使うのはよくない。 青空に 飛び上がりたり 水溜まり

1
ねむこっとん (2020-02-11):

所々に出来た水溜まりに映った青空が、見渡す限りアスファルトに広がって、その上を走る姿を想像しました。 とても気持ちが良く、何かを得たような心持ちになりますね。

1
大井美弥子 (2020-02-12):

雨上がりの澄んだ空気のようで、とても素敵です。詩の短さも、すこし淡泊かもしれませんが「通り過ぎれば消え」てしまう瞬間を切り取っているように思いました。

1
arielariel(2020-02-13):

「青空を走った」良いです。変に感情を入れないことで、美しい光景だけが映えていますね!

1
あおいあおい(2020-02-13):

こんなに多くの方にコメントしてもらえて光栄です!ありがとうございます!

0
AB (2020-02-20):

タイトルと一行目が繰り返しになっているのが、いい感じですね。

1
杜 琴乃 (2020-02-25):作品へのコメント

私も最後の >私はその日 >青空を走った が好きです。力強い断言がどこか自信に満ちている感じがして、読み終わった瞬間から清々しい。 おそらくは > いつもは黒く乾いた素肌を というアスファルトの描写が、人間の鬱々とした気持ちを想像させるのではないでしょうか。そこから風や自転車の疾走感により気分が一掃されたような気分になります。 > 通り過ぎれば消える幻影だけど と幻影を幻影と認知しており軽くやり過ごすようなこの一文も、「いまは深く考えない」というように感じられます。 全体的に軽やかでケ・セラ・セラな雰囲気がとても心地よかったです。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1