フィラデルフィアの夜に Ⅻ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

虹がある。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


フィラデルフィアの夜に Ⅻ    

フィラデルフィアの夜に、針金が紅く燃え上がっています。  フィラデルフィアの片隅で焼却炉が炎を上げていました。 雑多に詰め込めるだけ詰め込んで火をつけられたその中身は、燃えないだろう物、毒物を拡散させる物、過剰に熱を放出するものまで。 炎に照らし出される闇色の煙を、夜をさらに黒くさせるかのように吐き出し続け、焼却炉は溶け落ちる寸前までに。 紅く、真っ赤に、出血したかの様に。  大きく重い蓋が、拡散する熱に、噴出する煙に煽られたのか、音を立て始め、開こうとしています。 少しずつその動きは大きくなって。 開いた。 地獄の業火が。   血の色の炎が、真夜中に噴き出した。 それは大きく立ち上がり、周囲を焦がし始める。  その中を、針金が伸びていきました。 一本だけだった針金が、次第に増えていき、編みあがり形作る。 それは人の像でした。  髪の長い、孕んだ女の姿を針金は作り上げます。 炎上する業火の中、熱に翻弄されているのかその女は動き、踊る。 踊る。 踊る。 真っ赤に灼熱した髪を振り乱して。  口を天へ向けた。 その口からは何かが出てきた。  遥か上空へ撃ち出され、外気と冷風にさらされ、どこかへ落ちてきました。 幾度も幾度も彼女は、天へ何かを打ち出していったのです。  朝、あの焼却炉は硫酸に浸されたかのように溶け落ちてました。 そこまで異常な程に炎が暴れ狂っていために。 女の像は、姿が見えません。 ボロボロになった編まれた針金の破片が転がるだけ。  そして、このフィラデルフィアにまた別な針金の像が方々に点在するだけ。 あの時彼女が口より打ち出した何か、それは緻密なまでに曲げられ巻き付けられた針金の像でした。  様々な物、または針金同士で間違いなく誰かが執念深く複雑に時間をかけて作り上げただろうと思わせる、芸術でした。  まだその存在に気付かれることなく。 守り神のように、あちこちで佇む。 焼却炉から身を乗り出し天へそれらを撃ち出した彼女の、あの晩の出来事を知られることもなく。 あの晩、彼女が空高く生み出した、それらは人々を見守るかのようでした。


作成日時 2020-01-10
コメント日時 2020-01-22

フィラデルフィアの夜に Ⅻ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 1081.3
お気に入り数: 0
ポイント数 : 7
#テキスト
項目全期間(2020/04/02現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性11
可読性11
エンタメ11
技巧11
音韻11
構成11
総合ポイント77
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性11
可読性11
 エンタメ11
技巧11
音韻11
構成11
総合77
閲覧指数:1081.3
2020/04/02 15時21分45秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

フィラデルフィアの夜に Ⅻ コメントセクション


コメント数(6)
あん (2020-01-11):

不思議な世界観。 怪奇的でありながら、神秘を感じる場面がありありと描けました。 連作ということで、遡って読んでみますね。

0
羽田恭 (2020-01-11):

あんさん初めまして。 フィラデルフィア・ワイヤーマンと仮に呼ばれている人物の作品をイメージして書き続けている作品群です。 悪夢的とも称されますが、気に入らてなによりです。 実はこれで36作品目になります。 https://ncode.syosetu.com/n5588fv/ ここにまとめているので、よかったらどうぞ。

0
南雲 安晴 (2020-01-15):

 作者さんは優れた想像力、記述力、描写力、構成力の持ち主であると思われます。読者にまざまざと、難しい、幻想的で一定量の内容を持った世界を見せています。もっと読まれてもいいのでは。  すべての表現が良いのですが、たとえば作品の最後の部分を以下に引用しますが、私が感銘を受けた部分をカッコ「」でくくりました。 >  様々な物、または針金同士で間違いなく誰かが執念深く複雑に時間をかけて作り上げただろうと思わせる、「芸術でした。」  「まだその存在に気付かれることなく。」 「守り神のように、あちこちで佇む。」 焼却炉から身を乗り出し天へそれらを撃ち出した彼女の、あの晩の出来事を「知られることもなく。」 あの晩、彼女が空高く生み出した、「それらは人々を見守るかのようでした。」  非常に動的で、騒がしく、いかにも熱い前半から、このように静的で冷えた感じを導き出しています。

0
羽田恭 (2020-01-19):

南雲 安晴さん、こんにちは。 お褒めいただき、ありがとうございます。 実際のフィラデルフィアワイヤーマンの作品は数点ネット上で見られるのですが、それらからなんとなく感じ取ったのが、そのようなイメージでした。 思えば明確には言語化できてなかったのですが、南雲さんが感銘を受けた部位が自分がそう感じたことでした。 思いがけぬ発見ですね。 これも含めて感謝です。

0
ミリウェイズ (2020-01-21):

ミステリアスな光景が目に浮かぶかのようでした。

0
羽田恭 (2020-01-22):

ミリウェイズさん、はじめまして。 不可思議な情景を描くのがうまくいきました。 フィラデルフィアシリーズの特徴ではありますが。 楽しまれたのなら、幸いです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1