夜をめぐる断章 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

夜をめぐる断章    

かつて 未知なるエーテルにみたされていた わたしたちの夜は 彩られた背徳感とひきかえに 戻らない 水のゆくえ 喪われたフェルメールの青 ドガのバレリーナが傘になって踊る 神無月のメランコリー とめどなく降るものを 迷路に誘う アブサン色の信号 偽薬のような倖せでも まなうらに明日を宿せた 黒鏡カーブミラーに帰り路をわすれて ショーウインドーをみつめる憂いをおびた女性の横顔が 欠けた月のようで 虚ろな視線がみつめる先は わからずに ほんとうは ただ なにかをみつめる横顔はうつくしいと その傍らを 過ぎ去った 一瞬のこと 果樹園になった夜の書店は つかれたひとびとが 滋養と慰藉をもとめて 喧騒からひととき離れ まぼろしの本の一ページでは カメレオンに変身する あったかもしれない人生と いまある人生との 越えられない溝が 癒えることない疵となり 記憶に陰影を刻みつけている その深みから掬った 澱に火を点けて夜をひそかに灯したい


作成日時 2020-01-09
コメント日時 2020-01-28

夜をめぐる断章 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 979.3
お気に入り数: 0
ポイント数 : 27
#テキスト
項目全期間(2020/09/20現在)投稿後10日間
叙情性135
前衛性30
可読性00
エンタメ00
技巧55
音韻00
構成60
総合ポイント2710
 平均値  中央値 
叙情性3.33.5
前衛性0.80
可読性00
 エンタメ00
技巧1.30
音韻00
構成1.50.5
総合6.86.5
閲覧指数:979.3
2020/09/20 06時29分39秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

夜をめぐる断章 コメントセクション


コメント数(10)
はちこ (2020-01-09):

うっとりしたのでポイントつけさせていただきました。

0
沙一 (2020-01-10):

蕪城一花さん うっとりしていただけたとは、うれしい感想をありがとうございます。

0
つつみつつみ(2020-01-25):

全体的のとても色彩豊かで美術館を眺めているようでした。見たことある色でも、この絵から導かれたのかと思うと、初めてこの色に出会ったような新鮮さもありました。 と同時に、これは人の道に反したときの快楽と引き換えに喪失する残酷さも感じられ、だからこそ色や光はさらに鮮やかさを増すのかもしれないとも思いました。 >彩られた背徳感とひきかえに 背徳感を色で表すと、黒かグレーなイメージでしたが、「彩られた」というのも背徳感がさらに増すような効果を感じました。 >喪われたフェルメールの青 フェルメールのといえば、「牛乳を注ぐ女」のエプロン部分の青が綺麗ですよね。顔料にラピスラズリを使用しているとのことで、とても目を引きます。 あの鮮やかさが喪われることは、とても大きな喪失と感じます。 >果樹園になった夜の書店 面白い比喩だと思いました。空腹や喉を潤すための果物、現実に疲れた人が心をリセットするために見る書籍が集まる書店。 「夜の書店」というところ、これは私事ですが、夜中に書店を訪れた際、思いがけず人がいて驚きました。 最終連が一番好きです。癒えることのない疵であるけれど、一生忘れることはないし、「ひそかに灯したい」というところに、「背徳感」ではなく、いい思い出でもないんだけど、ずっと自分の中にあり続ける何かを、ずっと灯してたいという思いが感じられます

0
ミリウェイズ (2020-01-25):

言葉選びがとても素敵だと思います。

0
沙一 (2020-01-26):

つつみさん 背徳感を色で表すなら黒かグレーという共感覚に、なるほどと感じました。功利心による背徳なら、そうかもしれないなと思いつつ、それが恋慕といった情念による背徳なら、むしろ原色の鮮やかさがあるのではないかと考えました。しかし、その色は油彩のようであって、宝石のように澄んではいないかもしれませんね。 フェルメールの青については、まさしくおっしゃる通りで、顔料にラピスラズリを用いていたことから着想を得ました。 本作は、書き留めていたいくつかの詩の断片に、〈夜〉という共通項を見出して、一作に編集しました。作中にカメレオンという語も出てきますが、さまざまな色彩を放つ本作を審美眼をもって鑑賞していただけたようで、うれしいです。ありがとうございます。

0
三文字(マグネット/なろう) (2020-01-27):

全体を見て格好いいなと思いました。西洋の言葉を色々ちりばめている中に「神無月のメランコリー」とあるのは意外に感じて面白かったです。

0
水上 耀 (2020-01-27):

第一連の「未知なるエーテル」に心惹かれて拝読しました。 現代ではエーテルといえばジメチルエーテル、あるいはその他のエーテル化合物のことをしばしば指しますが、そのオリジンへ立ち返れば「天界を構成する物質」、「光そのものである」という意味であったと聞いています。 私は当初、化学物質としてのエーテルとしてそのまま読みましたが、揮発性の高いエーテルが夜を満たしていたという、非常に軽やかな情景が心地良かったです。 また、エーテルのオリジンを当てはめてみても、かつて神界を構成する物質で満たされていた神聖な夜が堕していく。そんな情景から始まり、冒頭から読者に想像の余地が残された心地よい描写になっていると感じました。 全体としては、ひとつ実力に裏打ちされたしっかりとした文体にふわりと現れるカタカナ語が興味を惹き、最後まで読ませる力があるように思いました。工夫が効果的に機能していると思います。 また、コメントを拝読すると詩篇の集合であるとのことですが、全編がほどよい距離感で繋がっており、ちぐはぐな印象を抱きませんでした。技術の為せる技だと思います。

0
沙一 (2020-01-27):

ミリウェイズさんへ 詩ですから、もちろん言葉選びには気を遣いますし、それが愉しくもあります。コメントありがとうございます。

0
沙一 (2020-01-27):

三文字さんへ 和洋折衷感はわりと好きで、ときどきそのような表現をしたくなります。コメントありがとうございます。

0
沙一 (2020-01-28):

水上 耀さんへ ご明察のとおり、エーテルは、もともとの神秘的な意味合いで用いていました。未知なる可能性を感じられているときにこそ、ロマンはあるものかもしれません。 情景を心地よいと感じてもらえて、うれしいです。水上さんの感受性がよく表れている感想を、ありがとうございました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1