ネグレクト、チョコ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ネグレクト、チョコ    

叡智。天才は私らしい。 母さまがおっしゃられたから、 きっとそうだ。 足に踏みつぶされた自転車。 魚に包まれた鱗。 狼で鳴く山。 終わり済む、 常識ですね。 都市から見られた上は、 三原色、文字化けが混ざる。 ヒントの謎解きになっておられて。 胎動、 こたえて。 あっている、 あっている、 あっている! 声から通信機がする。 『首都圏では昼まで曇り、 夕方から明日の朝にかけて雨が降るでしょう。』 文法さん、お相手間違ってらっしゃるよ? 書くことって詩ないねえ。 あたし書かされてるんだろ何? そんなの、ないよ伝えたいこと。 中の頭が痒くなられた。 ここは正義に。 消化、昇華、唱歌、 意味同じ全部。 母さまはソース。 成り立たない。 失敗は証明です! 利き足は左手。 右足。 いらっしゃいませ。 『ごめんください、市の者なんですけど。お宅のお子さんが虐待を受けているとの通報がありましてー。』 日本語をしゃべってくれ!


作成日時 2019-12-11
コメント日時 2019-12-14

ネグレクト、チョコ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 8
P V 数 : 864.8
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 6
#テキスト
項目全期間(2021/03/06現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性33
可読性00
エンタメ00
技巧33
音韻00
構成00
総合ポイント66
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性11
可読性00
 エンタメ00
技巧10
音韻00
構成00
総合21
閲覧指数:864.8
2021/03/06 01時00分23秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ネグレクト、チョコ コメントセクション

コメント数(8)
つつみ
(2019-12-11)

一目では理解できなくとも 逆に読むと何となく読解できる詩だと思いました。 タイトルを見ていなければ >『ごめんください、市の者なんですけど。お宅のお子さんが虐待を受けているとの通報がありましてー。』 ここでもっと驚いたかもしれません。 タイトルが直接的すぎるのでもったいないと思いました。 しかし、この詩の中で「ネグレクト」はどこに潜んでいるのか >叡智。天才は私らしい。 >母さまがおっしゃられたから、 >きっとそうだ。 ここが逆の意味なのだとしたら、ネグレクト…? もしかしたら、ネグレクトではないのでしょうか ……わかりませんでした。。悔しい。 印象に残る詩でした

0
ふじりゅう
(2019-12-12)

タイトルや構成は結構面白いところもあるのですが、結局の所何を表現したいのかが伝わってこないもどかしさがあります。 ネグレクト、なので普通に考えると虐待関連なのだろうと推察出来るのですが、 ・虐待を表現する為にこの文体ははたして適切か という別の疑問が浮上してしまいます。 つまり、何故この文体なのか、なぜこの文体でないと表現出来なかったのか、すなわち何を表現したいのか、が不明瞭に思います。 しかしながら、ネグレクト、とチョコ、の接合は面白いように感じます。何かしら面白いことをやろうとされている印象ですので、もうひとつパワーアップした次作に期待したいところです。

0
蛭夏
蛭夏
(2019-12-12)

狂気じみた文章表現のせいか、一瞬自分の言語感覚が狂ったのかと勘違いしました。 そういう意味では非常に印象に残りやすいと思うのですが、その分この表現で何を伝えたいのかというのは私には不明瞭でした。 虐待という暴力的なテーマはすぐに理解できるのですが、その先を読み解こうとすると、、、うまく読み込めない私の感受性の問題な気もしてきました。

0
絡刻
(2019-12-13)

つつみ様 タイトル、少し直接過ぎましたね。私にはこれ以上のタイトルは思いつきませんでした……。 さて、「ネグレクト」の要素なのですが、おっしゃる通りネグレクトではないです。あくまで「ネグレクト、チョコ」と思って書いていました。 私見になってしまうのですが、操作しやすいように間違った知識を意図的に教え続ける育児は、「育児を放棄」した上の育成みたいに思えたのです。なんというか、そういう実験ですかね。 ネグレクトしたうえでの育成、チョコという感じですね。なので内容が逆になっているというわけではないです。単に植え付けられた知識が間違っているだけです。 ……こうやって説明してしまっている時点で詩として失格なんでしょうけども。表現がまだまだ甘かったりします。 コメントありがとうございました。

0
絡刻
(2019-12-13)

ふじりゅう様 やはり表現力、ですね。テーマに沿って書くことは出来るのですが、それで何を伝えたいかがどうしても隠れてしまいます。 >・虐待を表現する為にこの文体ははたして適切か とのことですが、テーマから見るとこの文体は「正解」であり「失敗」でもありました。テーマに沿った文体ではあったのですが、この文体は表現の幅があまりにも狭すぎました。「狂気」という表現しか出来なくなり、テーマを表現するための別方面からのアプローチが出来なくなっていました。 これを参考にしながら次作へ向かおうと思います。コメントありがとうございました。

0
絡刻
(2019-12-13)

蛭夏様 この詩を狂気と感じているならばおそらく言語感覚は正常に機能してると思われます。 インパクトはありますよね。それは私も書いてて思いました。今は表現力欲しいなあと思いながらこれを書いています。 おそらく、というかほぼ確実に、私の表現力の問題だと思います。 ちゃんと伝わる詩を、なおかつインパクトの強い詩を書いてみたいものです。この詩はその一歩です。コメントありがとうございました。

0
帆場 蔵人@⚰
(2019-12-13)

タイトルのチョコとネグレクトの組み合わせは面白い。内容はネグレクトなどの問題に触れたことがなくても、読めてしまう。タイトルからそうなんだから眼目は違うところを示したいのだとは思うけど。ここがスムーズに入ってきてしまうと違和感は与えているが、あぁ、虐待を扱ってるんだ、なるほど、で終わってしまう気がします。読者が、躓くような解らなさを混ぜ込むことが必要なのかな、と思いました。文法のズレも作為、に眼がいく、いやこの場合、リアルに遭遇したら音声だからかなり異常なんだけどテキストとしては惜しい気がします。 放棄した上でのチョコ、無知ト飴と言おうか。試みが非常に面白いだけに残念だと思う。僕的にはあまり狂気を感じなかった。 それが滲み出ていたら、個人的な詩への嗜好は他所にして作文としてより興味深くなるように思います。

0
絡刻
(2019-12-14)

帆場 蔵人様 なるほど、テキスト的な狂気が足りませんでしたか。声に出して読み上げれば確かに正気を疑われるでしょうが、詩にすると何か落ち着いた印象が出てくるからですかね。もう少しひねったほうがいい、ああいや、これ以上やると今の私では詩未満のものができそうなので自重しておきます。 無知ト飴、とはうまいことを言います。私には思いつきませんでした。 コメントありがとうございました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1