ネグレクト、チョコ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


ネグレクト、チョコ    

叡智。天才は私らしい。 母さまがおっしゃられたから、 きっとそうだ。 足に踏みつぶされた自転車。 魚に包まれた鱗。 狼で鳴く山。 終わり済む、 常識ですね。 都市から見られた上は、 三原色、文字化けが混ざる。 ヒントの謎解きになっておられて。 胎動、 こたえて。 あっている、 あっている、 あっている! 声から通信機がする。 『首都圏では昼まで曇り、 夕方から明日の朝にかけて雨が降るでしょう。』 文法さん、お相手間違ってらっしゃるよ? 書くことって詩ないねえ。 あたし書かされてるんだろ何? そんなの、ないよ伝えたいこと。 中の頭が痒くなられた。 ここは正義に。 消化、昇華、唱歌、 意味同じ全部。 母さまはソース。 成り立たない。 失敗は証明です! 利き足は左手。 右足。 いらっしゃいませ。 『ごめんください、市の者なんですけど。お宅のお子さんが虐待を受けているとの通報がありましてー。』 日本語をしゃべってくれ!


作成日時 2019-12-11
コメント日時 2019-12-14

ネグレクト、チョコ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 8
P V 数 : 702.1
お気に入り数: 0
ポイント数 : 6
#テキスト
項目全期間(2020/03/31現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性33
可読性00
エンタメ00
技巧33
音韻00
構成00
総合ポイント66
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性11
可読性00
 エンタメ00
技巧10
音韻00
構成00
総合21
閲覧指数:702.1
2020/03/31 03時59分59秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

ネグレクト、チョコ コメントセクション


コメント数(8)
つつみつつみ(2019-12-11):

一目では理解できなくとも 逆に読むと何となく読解できる詩だと思いました。 タイトルを見ていなければ >『ごめんください、市の者なんですけど。お宅のお子さんが虐待を受けているとの通報がありましてー。』 ここでもっと驚いたかもしれません。 タイトルが直接的すぎるのでもったいないと思いました。 しかし、この詩の中で「ネグレクト」はどこに潜んでいるのか >叡智。天才は私らしい。 >母さまがおっしゃられたから、 >きっとそうだ。 ここが逆の意味なのだとしたら、ネグレクト…? もしかしたら、ネグレクトではないのでしょうか ……わかりませんでした。。悔しい。 印象に残る詩でした

0
ふじりゅう (2019-12-12):

タイトルや構成は結構面白いところもあるのですが、結局の所何を表現したいのかが伝わってこないもどかしさがあります。 ネグレクト、なので普通に考えると虐待関連なのだろうと推察出来るのですが、 ・虐待を表現する為にこの文体ははたして適切か という別の疑問が浮上してしまいます。 つまり、何故この文体なのか、なぜこの文体でないと表現出来なかったのか、すなわち何を表現したいのか、が不明瞭に思います。 しかしながら、ネグレクト、とチョコ、の接合は面白いように感じます。何かしら面白いことをやろうとされている印象ですので、もうひとつパワーアップした次作に期待したいところです。

0
蛭夏蛭夏(2019-12-12):

狂気じみた文章表現のせいか、一瞬自分の言語感覚が狂ったのかと勘違いしました。 そういう意味では非常に印象に残りやすいと思うのですが、その分この表現で何を伝えたいのかというのは私には不明瞭でした。 虐待という暴力的なテーマはすぐに理解できるのですが、その先を読み解こうとすると、、、うまく読み込めない私の感受性の問題な気もしてきました。

0
絡刻 (2019-12-13):

つつみ様 タイトル、少し直接過ぎましたね。私にはこれ以上のタイトルは思いつきませんでした……。 さて、「ネグレクト」の要素なのですが、おっしゃる通りネグレクトではないです。あくまで「ネグレクト、チョコ」と思って書いていました。 私見になってしまうのですが、操作しやすいように間違った知識を意図的に教え続ける育児は、「育児を放棄」した上の育成みたいに思えたのです。なんというか、そういう実験ですかね。 ネグレクトしたうえでの育成、チョコという感じですね。なので内容が逆になっているというわけではないです。単に植え付けられた知識が間違っているだけです。 ……こうやって説明してしまっている時点で詩として失格なんでしょうけども。表現がまだまだ甘かったりします。 コメントありがとうございました。

0
絡刻 (2019-12-13):

ふじりゅう様 やはり表現力、ですね。テーマに沿って書くことは出来るのですが、それで何を伝えたいかがどうしても隠れてしまいます。 >・虐待を表現する為にこの文体ははたして適切か とのことですが、テーマから見るとこの文体は「正解」であり「失敗」でもありました。テーマに沿った文体ではあったのですが、この文体は表現の幅があまりにも狭すぎました。「狂気」という表現しか出来なくなり、テーマを表現するための別方面からのアプローチが出来なくなっていました。 これを参考にしながら次作へ向かおうと思います。コメントありがとうございました。

0
絡刻 (2019-12-13):

蛭夏様 この詩を狂気と感じているならばおそらく言語感覚は正常に機能してると思われます。 インパクトはありますよね。それは私も書いてて思いました。今は表現力欲しいなあと思いながらこれを書いています。 おそらく、というかほぼ確実に、私の表現力の問題だと思います。 ちゃんと伝わる詩を、なおかつインパクトの強い詩を書いてみたいものです。この詩はその一歩です。コメントありがとうございました。

0
帆場 蔵人 (2019-12-13):

タイトルのチョコとネグレクトの組み合わせは面白い。内容はネグレクトなどの問題に触れたことがなくても、読めてしまう。タイトルからそうなんだから眼目は違うところを示したいのだとは思うけど。ここがスムーズに入ってきてしまうと違和感は与えているが、あぁ、虐待を扱ってるんだ、なるほど、で終わってしまう気がします。読者が、躓くような解らなさを混ぜ込むことが必要なのかな、と思いました。文法のズレも作為、に眼がいく、いやこの場合、リアルに遭遇したら音声だからかなり異常なんだけどテキストとしては惜しい気がします。 放棄した上でのチョコ、無知ト飴と言おうか。試みが非常に面白いだけに残念だと思う。僕的にはあまり狂気を感じなかった。 それが滲み出ていたら、個人的な詩への嗜好は他所にして作文としてより興味深くなるように思います。

0
絡刻 (2019-12-14):

帆場 蔵人様 なるほど、テキスト的な狂気が足りませんでしたか。声に出して読み上げれば確かに正気を疑われるでしょうが、詩にすると何か落ち着いた印象が出てくるからですかね。もう少しひねったほうがいい、ああいや、これ以上やると今の私では詩未満のものができそうなので自重しておきます。 無知ト飴、とはうまいことを言います。私には思いつきませんでした。 コメントありがとうございました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1