虚像への愛を語る。 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

虚像への愛を語る。    

タイピングはいつも通り遅くて。 僕らの会話の始まり方は、 いっつも定型文じみていた。 ・ その日僕はヤク厨の友人とチャットしていた。 日本語を喋ってはいるけど、会話が成立しているか怪しい。 あいつの会話ログの一言目は大体、 「気持ちよくなれるから一緒にやろうよ」だ。 丁重にお断りさせていただきます。 これは僕の二言目。 まあそんなことは日常だったのだけれども、 今日はなんだかあまりにも鬱陶しかったから、 そのまま流れに乗って絶交を宣言してしまった。 あいつはなんか言っていたが、 特に読まずにそのままチャット画面を閉じて、 スカイプの連絡帳からあいつの名前を消した。 後になって、惜しい友達を失くしたことに後悔した。 少しだけ。 本当に、少しだけ。 しばらく、チャットには潜らなかった。 する意味はほとんど失っていたし、 しようものならあいつの垢を思い出すから。 我ながら子供みたいな考えだと評価した。 ちっぽけな理由を思い出して、会社で思い出し笑いをした。 部長には精神科を勧められた。 あいつに勧めてやってほしい。 僕自身チャット中毒者だと思っていたのだけど、 というのも、チャットルームには基本ログインしていたのだ。 しかし喉元過ぎれば、というやつだろうか、 一週間もすれば特に何も思わなくなっていた。 むしろ、仕事の効率が良くなった。 あんなに輝かしく、楽しい毎日だったのに、 昔の自分が阿呆に見えてしまった。 部長には「精神科の効果が出たな」と言われた。 すみません。部長が紙に書いてくれたおススメの住所、 はい、だいぶ前だったと思います。チリ紙交換に出しました。 特に抑揚のない日々が続く。 クッション。 二か月ほど経って、 知らない垢からスカイプメッセージが来た。 思わず顔をしかめて、垢名を確認したら、 思い出した。絶交した筈のあいつだった。 「三日後の日曜日、都内のバーで待ってる」 そのあとURLを貼って直ぐにログアウトしたらしい。 返信を送っても反応がなかった。 リンクへ飛ぶと、そこは知らない店の紹介ページ。 オシャンティーな外装を紹介している。 とりあえず僕は、Googleマップを開いた。 時間いつだよ。 三日後。つまり今日。 結局時間が分からなかったから、とりあえず十八時に向かった。 店に入るとそこは安心できる薄暗さで、 パソコンやってる時の部屋の明るさと似ていた。 席に着いたら、カウンターの奥から一人やってきた。 「どうも、初めましてですね」 あいつ、らしい。そして、ここの店員らしい。 薬をキメている本人とは思えないほどの淑女だった。 「……そのことなんですけど」 言及しようとしたら遮られて 「ごめんなさい、薬なんてそもそもやってないんです」 僕は目と耳と口を疑った。 ・ 「丁重にお断りさせていただきます」 これは僕の二言目。 またチャットを一緒にしよう。 そんな言葉への返答はこれで十分だった。 あれから説明とか理由とか聞かされたけど、 割かし僕にはどうでもよかった。 というか、元々中身のある会話なんてしてなかったじゃないか。 あいつのことなんて知ったこちゃない。 僕はその店員に飲み物を頼む。 XYZ。 カクテルを飲んで、バーを後にした。


作成日時 2019-12-02
コメント日時 2019-12-10

虚像への愛を語る。 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 836.1
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 2
#テキスト
項目全期間(2021/02/25現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ22
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント22
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ22
技巧00
音韻00
構成00
総合22
閲覧指数:836.1
2021/02/25 22時20分42秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

虚像への愛を語る。 コメントセクション

コメント数(6)
/舜舜
/舜舜
(2019-12-02)

作者さんだったら申し訳無いけど、作中の主人公がとっても可愛くて、俺のタイプ。バーのあいつもヤク中でないにしろ、変わってるよね。面白い二人。

0
絡刻
(2019-12-02)

/舜舜様 コメントありがとうございます。 登場人物達は私ではないです。ただ、こんな経験は是非してみたいですね。全部私の妄想です。

0
IHクッキングヒーター(2.5kW)
(2019-12-08)

面白くて好きです。頓珍漢な部長への淡々とした返しとか。コントじみているのが良いと思いました。

0
藤 一紀
(2019-12-08)

個人的にはオチは、ブラッディマリーを選ぶとかがよかったかなあ。XYZは意味を割りと知られているから意味通りの結末になって、全体的に安定した着地になっちゃう気がする。

0
絡刻
(2019-12-10)

IHクッキングヒーター(2.5kW)様 コメントありがとうございます。 まあ部長目線だとおかしくなってるように見えたんでしょう。別に何の異常はないのですけれど。もしかしたら部長が薬厨の可能性が。薬はそうですね、ロコイド軟膏とかじゃないですかね。

0
絡刻
(2019-12-10)

藤 一紀様 コメントありがとうございます。 私自身カクテルにはあまり詳しくないのでブラッティマリーの名も初めて知りました。私が知ってる物なんてニコラシカとXYZしかありません。情弱。 終わり方に関しては正直何も考えてませんでした。この終わり方だとどうとでも捉えられるんですよね。この後のキャラクターの行動なんて私には全く分からないのです。 ただ、安定した着地、文章としては良いですが、詩となると微妙に感じますね。そういう観点はありませんでした。ありがとうございます。参考にさせていただきます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1