優しい震え - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

優しい震え    

思い出しつつあった いつか 枯葉のような午睡の中で 目を細めると 姿を得た彼女、が 光の粒に包まれて 拝啓 あなたのあなたがわたしでないことへ 孤独になりたくて、たくさんご飯を食べる 老いた人の耳が行く、場所のことを 思いながら、 何億もの枯れ葉が、空から落ちてくる それらがわたしたちの食卓に降り積もった それからは何もかもが 眩しい 冬の始まり、には 夜空に難破船を隠して 笑っていて 撫でていて 輪郭がゆらゆら揺れていて 次の日の午後、荒れ野で傘を燃やした そうして、わたしも彼女も、ふたたび姿を得た あなたはまた去った それは眩しさの続き 頭の中にあるものをぜんぶ捨てた その空白にも、何億もの枯れ葉が落ちてきて その中を、ふさふさとした犬が駆けている うれしかった 何か、欠けていて 愛することの寂しさとか すこし寒くて、 震える


作成日時 2019-11-21
コメント日時 2019-11-24

優しい震え ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 14
P V 数 : 1043.3
お気に入り数: 0
ポイント数 : 13
#テキスト #アドバイス募集
項目全期間(2020/07/13現在)投稿後10日間
叙情性32
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧87
音韻11
構成11
総合ポイント1311
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧2.71
音韻0.30
構成0.30
総合4.34
閲覧指数:1043.3
2020/07/13 19時02分47秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

優しい震え コメントセクション


コメント数(14)
絡刻 (2019-11-21):

バランスのいい詩だなと、個人的に思いました。 私自身理解できていない部分はあるのですが、それでも綺麗な世界観は伝わってきました。率直に世界観が好きです。

0
五十嵐燈 (2019-11-22):

ひらがなと漢字のバランスが心地よく使われていて読みたいなと思わせる詩でした。

0
/舜舜/舜舜(2019-11-22):

二度使われている何億もの枯れ葉、これが効いてない。タイトルの優しい震えや作中の眩しさという言葉のイメージとは逆の印象を抱かせるため、俺は読みながらこの言葉に会う度に躓いた。

0
yamabito (2019-11-22):

流し読みしました。いい意味で要チェックだったんで。 あとでまたしっかり読んでレスします。 っていうか、誰も読解しないんですね。 勝手に読解してみようかな。

0
星空そとば (2019-11-22):

>>絡刻さん 提示した世界観は自分でも気に入ってるですが、世界観重視で意味の繋がりが希薄になってしまい、散漫な気がしていまい、ウーンという感じです。正直に言うともっと上手くできなかったかな〜と思ってしまう作品ですね……

0
星空そとば (2019-11-22):

>>五十嵐燈さん 漢字とひらがなのバランスはいい感じですね。パラパラしてて、世界観とマッチしてる

0
星空そとば (2019-11-22):

>>/舜舜さん 枯れ葉が木から落ちると日が差し込んで明るくなるイメージで書いたんですけど、効いてないですか……まぁ確かに枯れ葉という言葉自体の色は暗いかもしれないですね 優しい枯れ葉 厳しい枯れ葉 と並べると私としては前者の方が自然な繋がりに感じるので、枯れ葉が優しいイメージだというのは自分の中では結構自信があったのですが、思いのほか普遍的な感覚ではないのかもしれないと思い知らされました。今後の参考にします

0
星空そとば (2019-11-22):

>>yamabito ありがとうございます。待ってます

0
/舜舜/舜舜(2019-11-22):

そとばさん、 枯葉は優しい、寂しい、もの悲しい、震えてる、揺れてる。俺もそう思ってるけど。 何億もの枯葉、 何億もの、が付くだけで俺の中で枯葉に持っていたイメージ、印象が逆転したということを言ってるんです。

0
yamabito (2019-11-22):

>>あなたのあなたがわたしでないことへ この部分がすごく効いてますよね。 一時的な別れにという場面で現れる失意のようなものが、ある意味立体的で美しくもある。 その中で、未来へ向けての決意みたいなものが感じられ、それがささやかに目の前に繰り広げられているといったイメージを抱きました。  たいへん技巧的な作品だとおもいましたので、ポイント付けました。 ところどころ真意をカムフラージュするために、言葉をやや無理やり押し込めました的な感じがする個所もところどころ見られましたが、良い作品だと思います。 

0
星空そとば (2019-11-22):

>>/舜舜さん なるほど、理解しました

0
星空そとば (2019-11-23):

>>yamabitoさん >拝啓 > >あなたのあなたがわたしでないことへ は確かにとても上手くいってますよね。 もともと入れたい語句がいくつか先にあって、それに合わせて無理やり周りを構築したので、押し込めた感じがあるんだと思います。そういうのに振り回されず、もっとちょっとした修飾とかにも気を使えたら良かったなと思ってます

0
帆場 蔵人@⚰ (2019-11-23):

老いた人の耳が行く、場所、という言葉がとてもイメージを刺激する。それは何億もの枯れ葉も同様に。 遠い何処かそれでいて私もあなたも 懐かしいその場所の空を背に枯れ葉を 振り払った裸木が凛と立っている 肉体は老いても精神は別だ。ひとつの生きる意味が枯葉に覆い隠されても目線を上げれば、また違う景色が、意味が生まれる。そして枯れ葉は腐葉土にもなり、新たな芽吹きも想像される。世界は欠損だらけだからこそ、 私は私でありあなたはあなたである 傘を空に返して晴れやかに欠けたまま 生きていけるのではないだろうか 空白をどんなもので埋めてみよう、かとこの作品を読みながら僕の妄想は激しく加速しました。

0
星空そとば (2019-11-24):

>>帆場蔵人 的確な読みだと思います。余白が多すぎて読んでもらえないタイプの駄作なのではという不安が強かったので、読んでくれる人がいて嬉しいですね

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2