郷泥 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

よしっ

るるる

走るるる!

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

郷泥    

川風に乗って町中 泥の臭いがする 川で溺れたときの臭いだ。 はやくそこへ帰りたい きっと 良い場所ではない でもいずれ そこへ帰る 私はこの臭いを知っている 私はそこへかえる 川の底の、泥の中へ。


作成日時 2019-11-07
コメント日時 2019-12-06

郷泥 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 1875.5
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 31
#テキスト
項目全期間(2022/01/17現在)投稿後10日間
叙情性70
前衛性00
可読性70
エンタメ10
技巧60
音韻50
構成50
総合ポイント310
 平均値  中央値 
叙情性2.31
前衛性00
可読性2.31
 エンタメ0.30
技巧21
音韻1.70
構成1.70
総合10.33
閲覧指数:1875.5
2022/01/17 04時56分11秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

郷泥 コメントセクション

コメント数(10)
をりふし水
をりふし水
(2019-11-10)

郷愁感を抱きました。 郷愁感はどこか甘酸っぱいものであると思いますが、「良い場所ではない」という一言がその酸っぱさのようなものを感じさせ、強く胸に刺さりました。

0
ささき
(2019-11-15)

をりふし水様> コメントありがとうございます! 私個人の郷里を思う気持ちでしたためました。伝わったようで、何よりです。 郷里は心の在り処であると同時にしがらみだなあといつも思います。決して良い場所とは言い切れなくても、 私の郷里に変わりは無く、何と表現して良いか分からなくて詩にしました。

0
ベタ
ベタ
(2019-11-15)

個人的な思いというのはとても人に伝えるのが難しいものですが、この作品は少ない文字数で個人的な思いやその場の空気感というものが見事に表現されていて詩のあるべき姿というものを感じました。

0
/舜舜
/舜舜
(2019-11-15)

俺にふるさとは無いわけだが、それでも、この作品を読めば、多少なりとも、そのイメージを共有できる。 >はやくそこへ帰りたい >きっと >良い場所ではない この3行に特に気持ちが乗っているように思った。具体的に書かれるより、このように書かれている方が、作者の心を感じられる。いい作品と思う。作品の1連目も本当に、あの臭いがした。

0
ささき
(2019-12-03)

ベタ様> コメントありがとうございます! 今読み返すと余り…何というか言葉が選べていなくて反省点が出てきています… 水害に遭ったときに考えたので空気感を感じていただけたのであれば本当に嬉しいです…! /舜舜様> /舜舜様にはふるさとが無いのですね…それでももしイメージを共有していただけたのであれば、それは本当に、詩におこして良かったです…言葉の力ですね…。 今回の台風で氾濫した川のおかげで故郷を強く思っておこした詩なので、私の故郷の感覚が少しでも感じていただけてほんとうに嬉しいです。ありがとうございます。

0
ガムのくつべら
ガムのくつべら
(2019-12-04)

はじめまして。 佐々木さんの個人的な思いや、この作品の内的動機は、ご本人が上述しているように郷愁なのかもしれませんが、私の読感では、最後の「川の底の、泥の中へ。」で、郷愁を一つ通り越している気がしました。 この表現自体が過去の辛い思い出やしがらみメタファーと考えることも出来はするのですが、川底と泥中というのは、やはり死と、その後の肉体の行方を暗示させます。 タイトル自体が造語にしてまで「郷泥」なので、泥へのこだわりを感じました。

0
玄関の人
玄関の人
(2019-12-04)

郷愁的にも感じますが、それ以上にある特定の場所の様に思います。そして泥の中と言うのが、民俗的な葬いに思えて良くはないが、懐しさ、気怠な愛しさを感じます。良い詩だと思います。

0
おむすび 健太郎
おむすび 健太郎
(2019-12-04)

ですよね。 いい詩だと思います。

0
ささき
(2019-12-04)

ガムのくつべら様> コメントありがとうございます! 仰るとおり、郷里を想うと同時に、私の中には故郷の野山に分け入って見て嗅いだ、落葉が土に還って行く腐葉土や、何もかも飲み込んで流れる川の泥の臭いが、古い記憶と共に、私自身の郷里の姿であり、帰る場所という認識にあるのだと思います。 自分自身、詩作をする中で、泥や土、地面、地中、地獄、蟲蠢く植木鉢の下の湿った土など、嫌悪の対象であると同時に、憧れて止まない存在だと昨今は自覚するようになりました。 肉体か、精神か、いずれの行方かは私にもまだ分かっていないのですが、 タイトルの郷泥は正しく造語です。おっしゃる通り、私にはこだわりのある言葉なのだと思います。 上手く言葉に出来ず申し訳ありません。私の故郷は泥なのです…柔らかくて脚を取られ、臭いがする。冷たいのに温かいと錯覚する。その泥濘から私はきっと抜け出すことはないのかもしれません。 玄関の人様> コメントありがとうございます! その通り、ほんとうに、私の住むある地域を想った詩です。私の郷里に民族的な風習も何もないようにも感じますが、川というものと常に共にある生活を脈々と続けてきた中で、自己の中に川と共生する民族の景色があるかもしれません。 気怠んですよね、故郷というのは、私はずっと抜け出せない。ただ愛さないことも出来ない。コメントをいただいたことで、より自己の解釈を深めることができました。 ほんとうにありがとうございます。 おむすび 健太郎様> コメントありがとうございます! ご一読いただき光栄です。

0
エイクピア
(2019-12-06)

帰りたい場所が郷なのかもしれません。郷愁、郷の泥、川。私はそのにおいを知っている。自分の出生地にまつわる物語なのかもしれません。川は深く深く心をとらえて離さない。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1