思春期、すべてオレンジ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

思春期、すべてオレンジ    

終わらないような気がした夏休みの間に大学の傍の商店街にはまたタピオカ屋ができていて、目を見開いてわらう女の子たちの手の中にあるタピオカひとつにもなれないのだと思った。完璧な一人ぼっち。一人ぼっちは完成されて、工場から出荷したものの誰にも買い取ってもらえずに夕暮れの隙間を歩いている。背中を焦がされながら、夕陽の色は血の色をやけくそに薄めたみたいにまばら。気づかない振りをしていたけど、影が細長く図形的に伸びてここではないどこかの世界の誰か。 やあ、随分と手足が長いね。そして必要があるんだか無いんだか分からない膨らみが随所随所に見られる。性別じゃなくて、必要性の問題。思考も空まで伸ばしてみるのなら、やたらでたらめな夕焼けとその上を気ままに泳ぐうろこ雲は夏の終わりの情緒に連れ去られたあの子が踏み潰してぐちゃぐちゃにかき混ぜたんだろう。いいよ、探してあげる。さ迷いの中に飛び込んでいくのは初めてだけど。 全く、何てSF的展開。まるでどこかの予備校生の頭の中の爆発を繋ぎ合わせたみたい。 おい君、"気配を呑み込んでくれるひと"が居ることに気づいているのか。つまりね、血だらけの君の血が誰かに降り掛かっているのかってこと。自分に視点をさだめてくれる人は意外と居ないもんさ。俺だって46億年の時間の積み重なりの末に存在しているというのに、考えられないほど昔から朝や昼を振り撒いている頭上の熱塊を見て、取り残される寂しさを思う人の少なさよ。皆他人なんてどうでもいいのさ。 「いつまでも思春期なんだね」 傷付いた中学生の閉じこもり気味の感傷と思ってもらっちゃ困るよ。自分から寂しさをおびき寄せるような時代はもう終わったさ。ただね、君の言いたいことも分かるよ。勝手に愛を囁きあって産んだくせに自立を呟かれて、それに文句を言えば反抗期だとまとめられるのが気に入らないんだろ。人はみんな、生まれた時点で思い通りにならないようにロープでぐるぐるに縛られているものさ。神様のサディズム。 太陽は赤黒さを増してゆくかと思われたのに、最近はすっかりきっちりオレンジジュースに染まっている。理科で習ったことが合っているとすれば、太陽の黒点は他の部分よりも温度が高いから黒くなったのだそうで。ほくろに触れた手がみるみるとオレンジジュースに浸かってゆく過程を万華鏡で覗いてみるところを思い浮かべる。その曖昧な透明は視界に絡まって、ほどけることなく火傷の生活を伝えてくれるのである。 火傷といえば、小学生のとき僕の妹はバレンタインデーに友達に贈る用の友チョコと呼ばれるものを大量に作っていて、太ももにチョコレートを溶かすための湯煎のお湯を身体にぶちまけたことがある。太ももを溶かして骨を剥き出しにしてゆくあちちは、チョコレートの海に不安定に浮かぶ友情なるものを一刻も早く沈没させるための警告であった。


作成日時 2019-10-11
コメント日時 2019-11-05

思春期、すべてオレンジ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 8
P V 数 : 1299.2
お気に入り数: 0
ポイント数 : 20
#テキスト #アドバイス募集
項目全期間(2020/07/02現在)投稿後10日間
叙情性44
前衛性10
可読性43
エンタメ66
技巧21
音韻10
構成22
総合ポイント2016
 平均値  中央値 
叙情性10.5
前衛性0.30
可読性10.5
 エンタメ1.50.5
技巧0.50.5
音韻0.30
構成0.50.5
総合53
閲覧指数:1299.2
2020/07/02 18時53分18秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

思春期、すべてオレンジ コメントセクション


コメント数(8)
夏野ほたる (2019-10-11):

「重力をミルクに漬けて」の続きです。登場人物は僕 あの子 太陽 の3つです。

0
沙一 (2019-10-13):

前作は浮遊感を覚えましたが、今作は影を曳いている印象を受けました。青春のころを日盛りに譬えるなら、その太陽に灼かれている、心の陰影に焦点があてられていると感じます。甘酸っぱいオレンジは、太陽のアナロジーであるとともに若さも連想させられ、そうした象徴性が中心になって文章を牽引していると思いました。 友人関係やその疎外を、タピオカやチョコレートといった甘ったるいものの比喩を通して表現しているところも、わかりやすいです。 作品単体でも独立して愉しめる気はしますが、続編ということで前作と比べて読んでみると、ミルクとオレンジ、それぞれの味わいに深みが増すようです。

0
夢うつつ (2019-10-13):

多分、同族嫌悪っぽい何かを勝手に感じています。現役思春期予備校生中学生から言わせていただきますと、「一人ぼっち」「性別」「世間」「思春期である自分への嫌悪」「友情」全部私が今まで頭でぐるぐるに考えてきたことで、本当に予備校生の私の頭の爆発をつなぎ合わせたみたいで腹が立ってきます。まあでも、これは私だけでなく多分これを読んだ人の中で一定数は、私みたいに「これは俺のことだ!!!」と感じるのでしょうし、そういう詩を作れるのはすごいと思います。太宰の「人間失格」みたいな。 私の個人的な立場を無しにして詩として見させていただきますと、少しチープすぎると思います。「タピオカ」「友チョコ」など、世間に媚びすぎな気がします。(わざとやっているのかもしれませんが……)また、そのため、四連、「おい君〜」からが不自然に浮いているように感じます。突然視点が「太陽」という大規模なものに向かっているので、そこは、直接太陽の説明をせず、「オレンジ」とかで比喩をしたらもっとまとまりも出るんじゃないかなあと思いました。 「自分を俯瞰視しているつもりだけれど本当はそれが出来ていないことにすら薄々気付いている自分」を更に詩としてはっきり重ねて目撃してしまって、物凄い自己嫌悪に陥っています。思春期の悩み特盛りかよ。いや、こういう詩が書けるのは凄いです。ヤバいと思いますマジで。現役なので使わせていただきますが、マジでヤバい。ありがとうございました。 長文失礼しました。「重力をミルクにつけて」も、もう一度読み直してみようと思います。

0
survof (2019-10-13):

太宰作品はまずその内容よりも、液体のようにしなやかな文体が一番に魅力的であり、あそこまで魅力的な文体で語られれば、内容が一人の人間の惨めな独白と徹底的な自嘲であっても読者は読まされてしまうのだ。それでもユーモアを失った晩年の太宰を読むのはやはりとてもしんどい。読むのがしんどいのではなく、読んだ後がしんどいのだ。やはり太宰なら中期のユーモアと人間味に溢れる作品群が何よりも好きだ。あ、しまった、夢うつつさんのコメントに太宰がでてきたのでついて太宰について語ってしまいそうになってしまった。 さて話を戻そう、いやこの作品の話をするとすると、やはり太宰作品の一番の魅力が文体であるように(異論は認めます)この作品の魅力もやはり、流れるような文体と新鮮な言葉の選び方であるように思う。文体や言葉の選択があまりに魅力的なので内容がどんなに青臭い内容だろうが、つい読まされ、あまつさえ魅せられてしまうのだ。そこに描かれているのが例えば本当に >「自分を俯瞰視しているつもりだけれど本当はそれが出来ていないことにすら薄々気付いている自分」 であったとしても、「自分を俯瞰視しているつもりだけれど本当はそれが出来ていないことにすら薄々気付いている自分」を読ませてしまうというのはそれだけですごいことなのだと思う。その先の反応はおそらく二種類に別れるであろう。つまり嫌悪か愛好か、であって、夢うつつさんの場合は「凄い」と認めつつもその反応が「嫌悪」であったのだろう。そして私の場合は間違いなくファン的な「愛好」である。こうしてみると、これでは本当にまるで太宰のようではないか。 太宰との重大な違いをひとつ挙げるとするなら(もちろん比較できるようなものではないのであるが)この作品に「血の通った」人間はでてこないということで、それがこの作品の一番の魅力でもあり、現代的なところでもあるのだと思う。

0
夏野ほたる (2019-10-14):

沙一さん、読んでくださってありがとうございます。考えてみれば当たり前とも言えないくらい当たり前なのだけど、沙一さんのコメントで浮遊している下には影が浮かんでいる訳で、実体と影は一体なんだよなと気づきました。その辺も考えてつくればよかった。はい、象徴のかたまりになっています。それが果たして良いのか悪いのかは分かりません。

0
夏野ほたる (2019-10-14):

夢うつつさん、読んでくださってありがとうございます。同族嫌悪!夢うつつさんは中学生のようですし、時期的にも、意志的にも私と全く違った言葉を持っていると感じられました。よ。私は青春を過ぎてしまった身であり、だからこそ意図した訳でなくとも客観視していると思われるような詩を書けるのだと思います。夢うつつさんの「夜景にて」(後日改めてコメントします)のような行き場もなく爆発する言葉、それは紛れもなく自ら孤独をおびき寄せるような時期にしか出せないものです。青っぽいものをなどとわざわざ考えないで、ただひたすら生きた言葉を綴って欲しいです。なんだか上から目線になってしまいましたが、人間という根本的な意味で言えばあなたも私も同じでどちらが偉いなんてないと思っているので、偉ぶりやがって、とこの文章を踏んづけてくれて構わないです。 タピオカや友チョコについて、媚びたつもりはありませんでしたが、精神の奥底にこびり付いたカビのような媚びが広がっているのかもしれませんしそこの所よく考えていこうと思います。

0
夏野ほたる (2019-10-14):

survofさん、読んでくださってありがとうございます。太宰治の作品にはいくつか触れているのですが、作者の時代的経過については知らないので教わっているような気分になってしまいました。そして嬉しい反応をもらってしまってありがたいことこの上ないです。生きている人間はあまりにも広がっていて横にも縦にも底なし感がある訳で、死んでしまうことで限られたものになる=理解しやすいものになるので生き生きとした人間が出てこないのかしらなんてsurvofさんの血の通った人間が出てこないという言葉で思いました。

0
ころねころね(2019-11-05):

世間知らずのため、詩全体で伝えているメッセージはつかめませんでしたが、 >一人ぼっちは完成されて、工場から出荷したものの誰にも買い取ってもらえずに夕暮れの隙間を歩いている。 というフレーズに「うおお!」となりました。巧いとか、オシャレだ!とか、そのくせ心にくるものがある!とか色んな感動で「うおお!」となりました。 「うおお!」となったのは上に挙げたフレーズだけでなく随所にあって、ぐうの音も出ないです。 また時間をおいて読むと新しい「うおお!」が湧いてきそうです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2