音のない町 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

眠い人

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

音のない町    

散髪屋のトリコロールが 無言でまわっている 醒めない夢のように だれかが玄関先の植木鉢で 罪のない愉しみを咲かせようとしている 閉まっている郵便局 投函された手紙が まどろみながら ひとの想いを酵化している 韜晦の 傘 ゆれる金魚の うしろ姿 匿名の レインパーカー ふとうめいな透明人間 烟る 鉄塔 送電線の 往き先があいまい かえれない時間から来る電車を 粗末なベンチに腰かけて待つ 静物画のように くちなしの花はあまい回想 あじさいの花は泪のあつまり カンナの花はなつの出血 霧雨から 踏切の警報音が幽かにきこえ わたしの 無声映画は遮断された


作成日時 2019-10-10
コメント日時 2019-10-14

音のない町 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 1397.9
お気に入り数: 1
ポイント数 : 113
#テキスト
項目全期間(2020/06/03現在)投稿後10日間
叙情性5956
前衛性20
可読性44
エンタメ33
技巧1919
音韻77
構成1919
総合ポイント113108
 平均値  中央値 
叙情性4.55
前衛性0.20
可読性0.30
 エンタメ0.20
技巧1.50
音韻0.50
構成1.50
総合8.75
閲覧指数:1397.9
2020/06/03 16時21分14秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

音のない町 コメントセクション


コメント数(12)
AB (2019-10-10):

一連毎(花のとこは一行毎)に完成したような、夢のような世界。それでいて全体で調和している。説明できないのですか、不思議な感じがいい感じです。特に韜晦の の連、好きです。

0
沙一 (2019-10-10):

仲程さん 詩の心はどこにあるか、思索が止むことはありませんが、本作ではそれぞれの連に喩を託しているので、意味はわからずとも感じるものがあってくれたらうれしいです。 ちいさな町を訪れた梅雨の日、歩きながら心象をかさねていたら、この詩がうまれました。

0
鈴木歯車 (2019-10-10):

都会でも田舎でもないけれど、それでもゆっくりと寂れていくことが必然の駅前とプラットホームの風景がありありと浮かんできました。これ、自分の故郷に似ていて好きなんですよね。

0
沙一 (2019-10-10):

鈴木歯車さん 時が止まっているかのような、ちいさな町の風景のなかにいると、えもいわれぬ情感に苛まれます。 詩は、ある種の記憶装置ではないかと思うことがあります。作者の見た光景とまったく同じであるはずはありませんが、抽象化された言葉を通して読者に情景を想起してもらえるのは、うれしいかぎりです。 コメントありがとうございます。

0
つむぎ (2019-10-12):

モノクロームのようでありながら、主人公たちには色がみえていて、一瞬の音の透き間に色が飛びこんでくるかのような驚きと色彩があります。まさに、キャンバスへとそのままの絵の具を垂らしてできたような、言葉による絵画ですね。一瞬、一瞬の絵に、動きをかんじ、映像としても観るものがあるとかんじます。

0
宝塚橋乃宝塚橋乃(2019-10-12):

Splendid! すべての比喩が的確で 小沢某の昔の歌を思い出した。 なんだったけ?

0
沙一 (2019-10-12):

つむぎさん 言葉による絵画——とてもうれしい感想を、ありがとうございます。 一見すると静止しているものにも過去と未来は在るはずで、暗裏に動きがあると示しているのかもしれません。たとえば植木鉢には、そこに種を植えた過去と、花が咲く未来が。投函された手紙には、それを書いた過去と、届けられて読まれる未来が、内在されていますね。歩きながら詩を思いえがいていたことも、場面の変化につながっていたかもしれません。

0
沙一 (2019-10-12):

宝塚橋乃さん 比喩を読みとっていただき、ありがとうございます。

0
afterglow (2019-10-14):

雨に包まれた町の感じや、駅で待つ間の心許ない感じとか、とても的確な表現だと思います。静かで不思議な夢のような…何度も繰り返して読みたい作品でした。

0
千才森 万葉千才森 万葉(2019-10-14):

 こういう雰囲気大好きですね。  色々なことを想わせてくれる詩だなと感じました。そして、コメント欄を読ませて貰って、更に深みが増した感じです。  最初読んだ時、何故か『現在に居る人』を感じなかったんですよ。景色だけがある町、現実とはちょっとずれた感じの町。眺めながら歩くことは出来るんですけど、そこにいる住人とは同じ存在にはなれないんだろうなと思わせられる町。電車を待っているシーンでは、住人のように町に溶け込もうとしている姿に見えましたね。今回は音が消えてるんですけども、多分人間は、五感を全部使って感じることで、ようやく現実の物なんだなって認識できるのかもしれないなーと。  旅って、その土地の住人ではないんですけど、なった気分で歩くのも面白みがあるかも、と思ったりしました。  コメントの過去と未来の話を読んで、なるほど、と。変化の少ない町だからこそ、どんな景色にも時間が積もり、何気ない場所さえ繰り返し擦られ深みのある艶が生まれる。  一連ごとに、読者それぞれの思い出を呼び起こす。そんな風に感じました。全てが、なぜか懐かしいんですよ。そして、最後の無声映画という言葉でしっかりと締める。  良い詩だなーと思いました。個人的には、レインパーカーのふとうめいな透明人間が気に入りました。

0
沙一 (2019-10-14):

afterglow さん 知らない町を訪れたとき、夢の中に迷い込んだみたいに感じることがあるように思います。 繰り返して読みたいと仰っていただき、ありがとうございます。

0
沙一 (2019-10-14):

千才森さん 現実とはちょっとずれた感じの町——音がない、まったくなかったわけではないのでしょうが、雨に塗り込まれてしまっていたり、ものの動く気配がなかったりして、よけいにそう感じられたのかもしれません。五感をすべて使ってこそ現実だと感じられるという、千才森さんの見解に、私も共感しました。 千才森さんの「部屋に仕掛けた定点カメラ」にコメントしたみたいに、本作の場合は〈無声映画は遮断された〉という語によって、この詩の夢幻的な世界から脱け出せたのかなと思います。 いろいろなことを想ってもらえたり、雰囲気を好きだと仰ってくれて、感謝です。いいなと感じたものを、これからも作品にしていきたいなと思いました。ありがとうございます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1