海と自画像 「No.X」 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


海と自画像 「No.X」    

私が泣いておりました。 愛詠色(あかねいろ)の波を憎んでおりました ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ せっせとよいうたを歌うために 海のそばに言葉の工場をつくりました 効率的で、壊れにくい言葉をつくります 「もっと便利に、もっと豊かに」 従業員たちは笑顔とちょっぴり顔に疲労 でも工場から海に毒が流れていることなんて 誰も気づいていないのでありました 海は、赤に染まっていったのです。 幾人か、同じ顔した工場長が変わったあとに 昼休みの休憩時間にみんなで外に出ました 老人の私が若者の私に支えられていました。 歯が腐り、黄色い目をした私 電柱に頭をぶつけ続ける私 足をひきづっているボロボロ服の私 みんな仕事に夢中でお互いの姿に驚きました! 硫酸の海からはとても強い刺激臭が流れてきて、目にしみます 私たちは疲労感に襲われ、その場に座り込みました。 ある時、私のひとりが文句を言いました。 誰かが怒りました。 みんな真っ赤な目をしています。 それから、お互いにののしりあうようになり、大勢の取っ組み合いの喧嘩がはじまりました。 私のひとりは泣いていました。 みんな工場にいるのが怖くなって、 海の向こうにいる。 海の向こうにいる、届けたい言葉を握りしめ 次々、海に飛び込みました。 今、泣いている私が大勢の私をみおくっています。


作成日時 2017-02-12
コメント日時 2017-02-26

海と自画像 「No.X」 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 15
P V 数 : 224.9
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/03/31現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:224.9
2020/03/31 03時30分43秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

海と自画像 「No.X」 コメントセクション


コメント数(15)
三浦果実 (2017-02-12):

『海と自画像「No.X」』・・。カテゴライズして申し訳ないのですが、「物語詩」については好みが別れると思う。その、嫌いな読者をも引き込めるか。成功させるには、あたり前な話ですが、イントロ部が重要。先端の2行については、私が観落としている何かがあるのか、不要なのではないかと感じられましたが、『せっせとよいうたを歌うため~』の始まりはワクワク感をおぼえました。エクスクラメーションマークが一つ使用されておりますが、何か、意図されての使用でしょうか? これは、私の勝手な印象ですが、少し流れから浮いているような感じがします。 私は物語が感じられる作品は大好きです。

0
花緒 (2017-02-12):

面白かった。寓話的な詩でわかりやすく読めますが、その中で、わたしが大勢いる、という設定、わたしが分裂しているという設定のセンスが抜群に光ります。わたしはフェルナンド・ペソアがすごく好きなので、私好みの設定でもあります。ここまで書けているなら、ど直球で評をつけさせていただくと、ところどころ、言葉のチョイスが軽すぎる気がします。若い書き手だと推測します。とくに、三浦氏の指摘のとおり、冒頭部分もそうですし、言葉の工場という設定は分かり易すぎる気もします。何を作っているか意味不明な工場の方が面白かった気がしますし、オチの届けたい言葉を握りしめ、もちょっと軽い感じがします。センス抜群と思うので、もっと本格的なものを作って、B-REVIEW杯の優勝を目指してください。引き続き投稿して頂けることを発起人として強く希望します。

0
鈴木 海飛 (2017-02-12):

三浦様へ。こういう詩が嫌いな人にも読ませるように取り組む努力というものが私にはまるっきりかけていたなぁと、頭を掻きながら返信しております。簡単に読ませるように、分かりやすく書こうというくらいのものは、たぶんあったのでしょう。 いい年してエクスクラメーションマークもネットで意味を今調べました。 作業に集中し、没頭しすぎた結果。 周囲の確認の怠りから、ミスを起こすことはよくあることです。作業計画に突然の狂いやミスを起こしたことに気づかずにあとになって事故や怪我の発生したときに我々は「!」と、よく見に覚えがあるのです。 最初の二行に関しては、たぶん私にしか必要ないものです。そんな書き方したら「んな、アホな」でしょうが。アホがのこのこ楽しそうな雰囲気に誘われて投稿してしまった次第です。「X」はだいたい10個目という意味で、赤く染まった毒の海ですが、それでもけして消えぬ愛を詠む色の波がそこにはあったのでしょうね。怒る私ばかり硫酸の海に身を投げる。残った私にはやはり愛憎があったのかも。 私の稚拙な作品にサービス満点の評をいただきましてありがとうございました。 オープンスタッフはどんな職場でも大変でしょう。評者様達のご負担にすこし心配をおぼえますが、心身ともに健やかにお過ごしすることをお祈り申し上げます。 では、また縁があったらお会いしましょー。ありがとうございました。ペコリ。

0
鈴木 海飛 (2017-02-12):

花緒様へ。 平易ながらも意味の広がりをもつ言葉を探してみますね。 確かに、この作品は若い頃に作りました。 今もあまり重たい言葉を持ち合わせているほど教養もないので、また、この詩を書き直す日のために、花緒様や三浦様の言葉をこの詩に結びつけておこうと思います。 ギミックがたくさん隠された工場でワクワクドキドキ感を出せたらきっと楽しい工場に、読ませる工場になるかもしれませんね。さて、言葉の工場ですからね。重厚で、怪しいものがあっても不思議じゃないでしょうからね。 いつか本格的なものができそうになったらまた、遊びに参ります。その時はまたお手間をかけさせると思いますが、是非よろしくお願いします。本日はありがとうございました。 では、さようならー♪(^Φ言Φ^)ノシ

0
三浦果実 (2017-02-12):

鈴木海飛さん 次回の投稿を楽しみにお待ちしております。また、『海と自画像「No.X」』は当サイトのオープニング杯の対象作品でもありまして。その審査は公開(審議の音声録音の公開)で実施致しますので、是非、今後とも当サイトを宜しくお願い申し上げます。

0
kaz. (2017-02-13):

これを読んで思い浮かべたのが水俣病についての記述だけど、一つ残念なのが、水俣病というのはその原因がはっきりするまでは多くの人が水俣病患者やその家族に対して差別意識を持っていたということだと思う。その点がもっと深く描けていればまた違った印象を与えられたと思う。環境詩というか、公害詩というか、そういうものを書くのなら、もっと取材が必要だろうかなあ。

0
鈴木 海飛 (2017-02-13):

B-Review びーれびゅー ブレイブ?なぁんてね。 。 Kaz.様の評にどうやら軽口をはさめないような気がします。私が臆病だからでしょうか。多少の勇気がいる。 貴方がその記事を読んで、貴方がもった印象通りに、私の詩を当てはめれば私は取材不足だったのでしょう。記者が発表したものが取材不足だったとしたら、記事にするべきものではなかったのかもしれません。原因の究明に力を注ぎ、不明のものを明らかにし、不安感から解放させるべきだったのかもしれません。 この記事(詩)の過去を振り返ったとき。 確かに存在する、原因のひとつである「貴方」や「君」という言葉を使いたくなかった。詩にあてはめて額に飾っておくなんてことは「君」にしたくなかった。 そんなような淡く、若いころの作品でしたが、もっともっと、詩に「君」を混ぜることなく、浮き彫りにする努力が、私が執着したものからの解放が足りなかったなとあのとき思ったように、今もKaz.様の言葉をいただき再び新しい検討が私の中にできたと思います。 どうもありがとうございました。 私信ですが、剛毅と調和をもつ知り合いに貴方の語る死すを読めと、感想つけろと首根っこ捕まれて、脅されたことがあります。(おっかねえよ、あの女。) ここで語るような具を兼ね備えた感想ではないので、書きませんが、 最近、読みました貴方の詩に、語る死すが裏返る、ひっくり返るような題名を見て、覚えています。教養がない私は知り合いの解説を待ってから感想をつけたいと思っていますが、裏返すための努力と忍耐力を解放を、私もいつか得れたらと、詩を書くものとして尊敬の念を抱いております。

0
もとこ (2017-02-13):

言葉の工場という発想は面白いと思いました。効率的で壊れにくい言葉。おそらくは聞く人の耳に心地よいであろう言葉を作ると、その副産物として毒にまみれた言葉の残渣が生まれてそのまま海に垂れ流される。寓話的な物語展開は読みやすくて最後まで飽きずに読むことができました。 工場で働いていたのは実は全員が「私」であり、語り手以外の全員が硫酸の海に飛び込んでしまう。もちろん彼らが海の向こうにたどり着くことはない。視覚的には実にグロテスクかつ悲しい光景だろうと思います。最後の一行は私もよく使う落とし方なんですが、ちょっと意外性には欠けるかなと思いました。

0
鈴木 海飛 (2017-02-13):

もとこ様へ グロテスク!! そうなんです。実はグロテスク。 「~~~」の水平線の波を構成する成分は、けしてこの世から、なくならぬ、から形を変えるために怒りにとけていった私たちを、眺めている泣いているわたしなのでした。分かりにくい!! とけてゆくことを、みおくる、放っておくことしかできぬ、おくりびとの私の光景なのでした。伝えにくい!! 今、私が興奮のままに書き、電池がないのを理由に投稿することをお許しください。 夜にちゃんと、書き直させていただきます。

0
鈴木 海飛 (2017-02-13):

怒りにとけていった × とけていった怒る○

0
鈴木 海飛 (2017-02-13):

もとこ様へ。 興奮のままに、書き下したことをお許しください。 意外性にかけたことに対しての弁明は何もありません。 今、毒についてのことを考えています。 先ほど言いかけましたことをまず、書きます。 「~~~~」は最後に泣いている私の景色として使っていました。 水平線に浮かぶ波、目の前にある波として、愛を詠む色をともなって その波には、硫酸でとけていった多くの私と毒が成分として。割かし穏やかな波なのでしょうね。 海のそばの工場をイメージさせたのは、海に流れた毒が従業員をおかすことを我々は過去に知っているからです。 硫酸でとけていった多くの従業員は利便性に長け、丈夫で「効率的で、豊かな」な言葉を持っていました。 毒のまわった工員たちが、怒りでののしりあいをしたときに使ったでしょう。 人を黙らしたり、脅したりすることに効率的な豊かな言葉を、そして丈夫な暴言をお互いに使ったことでしょう。 従業員は怖くなりました。豊かで効率的な言葉が次々に、次第に喧嘩は巧みな言葉で解決がつかないのなら取っ組み合いになるでしょう。 そして、殺しあうのです。 それが怖くなって、硫酸の海に飛び込みました。 怒りを備えた丈夫な毒を中和するものなど、そのときの私にはなかったでしょう。 怒り狂いながら言葉を巧みに使い、豊かなボキャブラリーで 人を黙らそうと、いいや、論破してやろうと躍起になる人間をとめることの難しさも、皆様だいたーい知っているはずです。(ここ笑うところですよ。) 従業員は 毒による怒りならば とめられぬことを 知っていたのでしょう。 己を殺すことで中和する手段を、しかし溶けただけでは、けして毒も怒りもなくならない。 形を変えるだけです。だってみんな私ですからね。 依然として海にある。  もし、この毒を中和することができるなら、泣いている私はそれを選択したでしょう。 宗教画のように「破壊と再生」をこの詩に叩き込んでやったはずです。 ですが、怒り狂った私たちが溶けてゆくことを、泣いている私はほうっておく、つまり、みおくることしかできないのでした。 もちろん、怒りを調和へと方法を探っていくことは正しい道だと思います。 読者への意外性を書くならば、それ(調和)しか私は見つけ出すことはできません。 ですが、まだその選択肢を歩み始めたばかりです。 それは、いつか海をテーマにした自画像を書くときに書けたらいいなぁと切に願います。

0
コーリャ (2017-02-14):

海の近くの言葉の工場では、よい歌をつくっていて、そこから廃棄された「毒」は海を赤く染め、硫酸にかえてしまう。同じ顔をもつ工場長と、従業員は、老人の私と若者の私、電柱に頭をぶつけている私、たくさんの私たちが、いさかい、泣き、恐れ、海のむこうにいる私たちのもとへ行くために、海に飛び込む。そして、私はそれをみて泣く。 言葉は世界を表現するためにある。しかし、それはそのままの世界を切り取るということ以外にも、言葉でもって世界を形作る、律する、欲するということでもある。よい、ということは、倫理の問題であり。個人においてというより、社会においてのよさであり、その他者との関係のなかで、よい、とよばれる歌は、たくさんの内的な言葉を精製することから生まれ、よくない、ものを排除する。しかし排除された言葉も、本当の私の言葉であったのではないか。 綺麗事でできた歌は、私たちのいさかいや涙でできている。それが恐ろしくなれば、耐えられなくなれば、海に飛び込む。海のむこうの私に本当に届けたい言葉があるからだ。

0
鈴木 海飛 (2017-02-17):

Kolya様へ 簡単な言葉というものがいかに伝えるときには慎重にならねばなかったのかと自分の表現力、伝達力の足りなかった部分を猛省しております。読者に自己愛と読ませてしまうのは、すこし社会の「よい」から遠ざかり過ぎていたことが「よくない」ことだっただったのかもしれません。 読者が何を求めているのかなんて聞かれても、依然としてあー、うーとしかこたえられないでしょう。 この詩は確かに「君」よりも「私」に対して執着しすぎて粘り強すぎたなぁと頭を掻いています。 また、もう一度、ゼロからやり直していきたいと思います。 ありがとうございました。

0
るるりら (2017-02-18):

おはようございます。この詩を拝読して私がイメージしたのは、中国です。愛詠色という造語が漢字であることとの連想で、中国の工場から排出された危険物や化学物資で数々のことを思いました。 登場人物たちは 最後に海に 飛び込むのですが、飛び込んだ先の海は 汚染されているという救いのなさも 中国を思いました。 この詩を もし私が この作品を絵本化かアニメ化をして良いなら、登場する工場に 愛詠工場という看板を掲げたいところです。 愛詠色の「愛」という言葉は、普通は良い意味に使われますが、仏教では よからぬ願望という意味あいとして使われると聞いていますので悲哀があって良いのではないでしょうか? 海に落ちつづける大勢の自己が 最後の最後まで つまりXまで、まるで レミングの集団自殺のように つづく。 この詩は、人間の所業にたいする痛烈な批判の詩だと私は思いました。題名が にくいなあと思ったのです。【 海と自画像 「No.X」 】自画像なのです。話者が海に ドボンしている。けして高見から人々を見下している詩ではないところも わたしには魅力的でした。

0
鈴木 海飛 (2017-02-26):

ええっ!アニメ化? 絵本化!? それは、すごいなぁとポカンと口をあけてます。 低俗なものから高級なものを拾いあげてくれたようにすぐ卑下する私は感じますが、 この詩は友達が誉めてくれた詩でした。 ちょっと前に、この詩を書いてすごい誉めてくれたのが嬉しかった。この詩をきっかけにしてその人と友達にもなりました。 気難しい友達なので、なかなか詩に関しては意見も違えるところがありますが、坂道のアポロンのように彼と仲直りできたらなぁとポヤヤンと思っております。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1