ラグ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ラグ    

散らかった 白い部屋 毛足の長いラグに へたりこむ わたし 視神経に異常はないけれど 何も視ない わたし いきることを ひとときの間 やめている わたし 何気なくおかれた 指先から 流れ出してゆく わたし 髪ばかりがつやつやと ひかる ねう とぶち猫が一鳴き 聴こえているのに 聞こえているのに なにもしない わたし ぱちりと 電気灯を点ける 私の神経に走る しびれ わたしが 起動する にこにこと わらう わたし いつも通りの やさしげな わたし。


作成日時 2017-06-10
コメント日時 2017-06-20

ラグ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 715.4
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2022/09/28現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:715.4
2022/09/28 11時21分46秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ラグ コメントセクション

コメント数(4)
渡辺八畳
(2017-06-13)

電機灯をつけてからの表現は良いが、対称的に初めの方が典型的で相殺してしまっている

0
クヮン・アイ・ユウ
(2017-06-14)

普遍的と言っても良い感覚を見事に表しておられるなと思いました。それは「一時小さく死ぬ」ということかも知れません。実は僕も以前、深夜に絨毯の上に起きるでもなく寝るでもなく動けないでいて、糸くずが鼻の穴に入っているのに抗いもせず、ただただそうしているという主旨の詩を書きました。 再び立ち上がるまでに必要な時間が、どなたにも等しくあるのかも知れないと、本作を受けて自らのあの時詩にした感覚を認めてもらえたようで、どこか勇気づけられました。 あと、最後の >>「にこにこと わらう わたし いつも通りの やさしげな わたし。」 ここに少しの狂気性と、「わたし」に強がりを見ている筆者の視点をも感じました。いい詩をありがとうございます。

0
まりも
(2017-06-15)

何気なくおかれた 指先から 流れ出してゆく わたし 髪ばかりがつやつやと ひかる この一節にとりわけ深く引き付けられました。 自分、を包んでいる皮膚という入れ物。白い毛皮のラグに触れている、その境界線のあたりに意識が集中していく。じっと沈黙する体、置かれた指先の血流がすうっと引いて・・・ああ、私、というものが、ここにあった、と、再び捕まえるような、捕まえたことにしておこう、というような感覚。 懐かしさを感じました。電灯の使い方がいいですね。

0
百均
(2017-06-20)

 ラグというのは 【カーペット】 屋内の床に敷くための織物や敷物の総称 【ラグ】 小型の敷物 (一畳から三畳未満) 【マット】 小型の敷物 (一畳未満) カーペット > ラグ > マット  らしいそうですね。知恵袋にありました。(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1032548485)つまり、ラグというのは自分自身を程よく包み込む、ちょっとだけ大きな柔かいものであるのではないかとおもいます。そのサイズ感としての「ラグ」という大きさの選択がある。  「わたし」がなんどもリフレインする事によって、白い部屋の中にいるわたしという物の存在がどのように停止しているのか、つぶさに重ねられるように描かれていきます。 ==========引用=========== 毛足の長いラグに へたりこむ わたし 視神経に異常はないけれど 何も視ない わたし ========================   毛先の長いようすから、僕はもふもふなラグマットを想像し、それに身を委ねる事によって間接的に「床」に接触すると同時に、まるで長いまつ毛を閉じるような感覚で、毛先の長いラグによって視神経に蓋をする事によってシャットアウトする感じ(ここら辺パソコン用語で用いられるラグのイメージも重なってくるのかもしれないのですが、)、それが =========引用========= いきることを ひとときの間 やめている わたし ===================  ここまである意味極端なフレーズにつながっていく。目を閉じる事が、なぜいきることをやめる、という強い言葉まで繋がるのか、それは目からもたらされる情報量が凄まじいからです。目を通して僕らはいろいろな情報を得る事ができると同時に、目は日に日に酷使されていきます。目を閉じるという事は、つまり、部屋の外で生きる為に必要な大事な道具なんですよね。それがもしなくなった状態で明日投げ出されたらそれこそ生きるハードルは高くなっていくでしょう。  だからこそ、一番最初に外界との接触を立つ為に、語り手は部屋に入った途端目を閉じ、いきることをやめるのです。 =========引用=========== 何気なくおかれた 指先から 流れ出してゆく わたし 髪ばかりがつやつやと ひかる ===============  ここはまりもさんの読みが素晴らしい。僕から加えるとしたら、多分指先を置いたのは「ラグ」があることからフローリングの床なのかなと思っています。自分の体温、生きている感覚を気が付く為には、床を触るという行為をするのがてっとりばやいのかなとおもいます。  そして電気を付けた途端に「わたし。」というものの意味合いが急激にかわってしまう。それは、今まで積み上げてきた「わたし」があるからこそ成立する「わたし」なんですね。   電気を付けるっていう事は、スイッチを入れるという意味合いもそうだし、僕らが社会的な生活を営む為に必要なインフラとしての側面、そのインフラを使う為に社会に対して奉仕せねばならない外的な物とのコミニケーション。そういう物の果てに、金銭を稼ぎ電気を付ける事ができるという意味を、ちょっと深読み過ぎかなともおもうんですが、そういう事を感じました。  なぜこういう事を考えるのかというと、それは僕がバイトに行く時に、絶対にやる事があるんですね。僕の場合は決まった自動販売機でコーヒーを飲む事で、気合を入れます。そしてスイッチを切るために、決まった定食屋で漫画を読みながらご飯を食べる。んで、なんでバイトするのかというと、生きるためですね。自分がこうしてネットとか使ったり電気や水道を使うためにバイトするんです。その為に部屋にいる自分を切り替える必要があるし、切り替える為のきっかけがないとやってけないんですね。  そういう背景から読んでいくと、この詩は働いている人で、毎日クタクタになっている人を描いているともいえるし、部屋を心の象徴のように捉えるのであれば、表の顔と裏の顔みたいな心の二面性を歌っている詩であるともいえる。更に突っ込んで言ってしまえば、人間という社会的な動物の様態を描いているという事も感じます。  それをシンプルに上手くまとめた作品、且つ見所もある作品で、上手いと思いました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1