開拓村 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

開拓村    

 父は十代後半にO地に入植。昭和二十年前半だったと思われる。 三十三年に私が生まれ、開拓村で生まれたので隣人が拓也と名づけたと聞く。 妹は五年後、自宅で産婆のもと生まれたのを記憶している。  あまり幼いころは記憶に無いが、四歳くらいの頃私はマムシに噛まれたようだ。体が浮腫んでいる中、母の背中で祭りに連れて行ってもらった記憶がある。その後、その毒が原因なのかどうかわからないが半年の入院となった。病院は薄暗く、ただただ広く、いつまでも悪夢の中に出てきた負のイメージである。  小学校は開拓村から四㌔下方にあり、朝六時半に開拓村の子供たち数人で出発し一時間掛けて歩いて通った。 文字通り、子供らばかりの通学は道草を食いながらであり、春にはスカンポ・ツツジの花・ウラジロウヨウラクの花弁などを食した。 当然帰りも歩くわけで、少しでも歩きの負担を減らそうと砕石工場のダンプカーの後ろを追いかけ、つかまって飛び乗ったりした。当時はすべて砂利道で急坂が多く、走るとダンプに乗れた。  初夏には、おいしい果実が豊富だった。クワイチゴが一番糖度があったが、紫色の果汁で衣服を汚し、母に怒られていた。クワイチゴ>クマイチゴ>ナワシロイチゴ>イワナシと糖度が落ち、代わりに酸味が増した。  今では考えられないが、昔は土木工事も盛んに行われ、女性も働き背中に大きな石を背負い働いたものである。安全管理もずさんで、土木工事のみならず林業の伐採でも多くの人が事故死したり重傷をうけた人もいたのである。 ひとりで帰り道を歩いていると、突然河原から発破が鳴り響き、私の周辺にリンゴ大の岩石がバラバラと降ってきたことがあった。運良く当たることがなかったからこうして生きている。  冬はきちがいのように雪が降り、五~六メートルはあたりまえに降った。そして今より寒かった。十二月初旬からすでに根雪となるため、私たち開拓部落の子供五人は小学校の近くの幼稚園と集会所と僻地診療所が兼用されている施設の二部屋を寮として提供されていた。そこに私達O地区とG地区の子供たちがそれぞれ一部屋づつに別れ入寮していた。  夜中の尿意が嫌だった。トイレは一階にあり、昔墓だったとされたところで、下はコンクリの冷ややかな場所だった。薄暗い白熱電球をそそくさと点け、パンツに残った尿を気にもせずダッシュで二階に駆け上がった。  土曜の午後になると開拓村の父たちが迎えに来る。父達の踏み跡は広く、カンジキの無い私たちはそこを踏み抜くと深い深雪に潜ってしまう。長靴の中には幾度となく雪が入り、泣きながら家にたどり着いたのである。 たらいに湯を入れたものを母が準備し、そこに足を入れるのだが軽い凍傷で足が痛んだ。痛みが引くと父の獲ってきた兎汁を食らう。特によく煮込んだ頭部は美味で、頬肉や歯茎の肉、最後に食べるのが脳みそであった。 一週間に一度だけ、家族で過ごし、日曜日の午後には再び寮に戻った。天気が悪くなければ子供たちだけで雪道のトレースを辿り下山するのである。私たちが見えなくなるまで母は外に立っていた。  クリスマスごろになると学校の先生がささやかなケーキなどを持ってきてくれた。初めてシュークリームを食べた時、こんなに美味いものがこの世にあったんだと思った。  開拓村は山地であり、孤立していたので子供の数は五人ほどだった。 父親がアル中で働けない家庭や、若くして一家の大黒柱が林業で大木の下敷きになった家庭もあった。 若かりし頃、夢を追い、頓挫し、まだその魂に熱を取り去ることもできなかった大人たちの夢の滓。それが私たちだった。  初雪が降ると、飼っていた家畜があたりまえに殺された。豚の頭をハンマーでかち割り、昏倒させ、頭を鉞で□ぐと血液が沸騰するように純白の雪の上にぶちまけられ、それを煮た。 寒い、凍るような雪の日に、山羊は断末魔の声を開拓村中響かせながら殺されていった。 傍若無人な荒ぶる父たちの悪魔のような所業、そして沸点を超え父たちは狂い水を飲んだ。  良という三学年上の友達が居て、危険を栄養にするような子だった。橋の欄干わたり・砂防ダムの袖登り・急峻なゴルジュを登り八〇〇㍍の狭い水路トンネルを通ったこともあった。冬は屋根からバック中をしたりと、デンジャラスな少年期を過ごしていた。 私は良という不思議な年上の少年に常に魅せられていた。 良は父を林業で亡くし、おそらくであろう、生保を受けていた家庭だったのかもしれない。 母が初老の男と交わる様を、冷酷な目で冷笑していた時があった。 まるで良は、感情を失い、冷徹な機械のようでもあり、いつも機械油のようなにおいをばらまいていた。 良の目は美しかった。遠くというよりも魔界を見つめるような獅子の目をしていた。彼は野生から生まれた生き物ではないか、とさえ思った。 良は、いつもいなかった。良の母が投げつけるように「婆サん方へ行ったろヤ!」そういうと、私は山道を駆け抜けるように進み、しかし、やはり良はいなかった。 今現在、やはり良はこの世にはいない。それが当たり前すぎて笑えるほどの生き様ですらあった。 昭和47年にかつての開拓村はスキー場として生まれ変わった。 いくつかの経営者を経、一時は市営となり、今は再び得体のしれない民間業者が経営している。 寂れた、人影もまばらな山村奥のスキー場に、私は今日も従業員としてリフトの業務に出かける。 第二リフト乗り場付近に目をやると、杖を片手に持った父が、すでに物置と化した古い家屋に向かうところであった。                     * 開拓村には鶏のおびただしい糞があった すべての日々が敗戦の跡のように、打ちひしがれていた 父はただ力を鼓舞し、母は鬱積の言葉を濾過するでもなく呪文のようにいたるところにぶちまけ そこから芽吹いたアレチノギクは重々しく繁殖した 学校帰りの薄暗くなった杉林の鬱蒼と茂る首吊りの木、きちがい鳥が夜をけたたましく鳴き飛ぶ オイルの臭いから生まれたリョウは月の光に青白く頬をそめ薄ら笑いをしている 白く浮く肌、実母の肢体を蔑むでもなく冷たく笑う リョウは婆サァん方へ行った・・・ いつもリョウは忽然と消え、ふいに冷淡な含み笑いをして現れる 頑なだったリョウ、そしてリョウは死んだ 夢と希望の排泄物がいたるところに散乱し、その鬱積を埋めるように男たちはただ刻んだ そう、私たちは枯れた夢の子供 一夜の雨が多くの雪量を減らし、ムクドリが穏やかな春を舞う 空気は満たされ、新しい季節が来るのだと微動する 普通であること、それは日常の波がひとつひとつ静かにうねること それに乗ってほしいと願う 血は切られなければならない 私達の滅びが、新しい血の道へ向けてのおくりものとなる


作成日時 2019-06-06
コメント日時 2019-06-14

開拓村 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 1339.1
お気に入り数: 0
ポイント数 : 41
#テキスト #酷評OK
項目全期間(2020/07/05現在)投稿後10日間
叙情性1515
前衛性00
可読性99
エンタメ11
技巧77
音韻00
構成99
総合ポイント4141
 平均値  中央値 
叙情性3.84
前衛性00
可読性2.32.5
 エンタメ0.30
技巧1.81.5
音韻00
構成2.32
総合10.310.5
閲覧指数:1339.1
2020/07/05 03時19分49秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

開拓村 コメントセクション


コメント数(6)
AB (2019-06-07):

私は、かなり入り込んで堪能して読んでました。いろんな方に読んで欲しいな。それでどう感じるか知りたい。自分もなかなか書けないのですが。 手前味噌ですみません「イジュン(泉)グヮー」という拙作と、内容も手法も違うのですが、共通するものを感じます。

0
yamabito (2019-06-08):

仲程さん、お読みくださりありがとうございます。 ①普通の文体の中に詩情を意識したもの ②直喩主体のもの ③なるべく技巧で装おうことを努力した、いわば暗喩型(萬意も含む)・・など、自分では稚拙ながら意識しておりますが、これは①に当たるかと思っています。 後ほど拝見させていただきます。

0
舞浜舞浜(2019-06-11):

前半は音のないモノクロの世界の中、植物や果実、家畜の血、良の目だけが色を持って鮮明に浮かび上がる、映画のようでした。後半はモノローグや朗唱を思わせられる音の世界に一転して、最後の「願い」につながっていく、という構成の妙に感銘を受けました。閉鎖された中での重苦しい「生」や「血」を感じる反面、良(リョウ)はどこか魅力的で、その存在の意味するところはなんなのか、をこれから考えてみたいと思います。

0
yamabito (2019-06-12):

舞浜さん、おはようございます。 ほぼ実録なのですが、詩文を意識して書き進めてきた経緯があります。 忌まわしい記憶を払拭したいという意を含め、書き留めておきたかったというのが真意です。  文中の良については、今あらためて思い出すことがあるのですが、彼は私のことを友人としては見てくれていなかったのではあるまいか?という気がしています。  お読みくださり、ありがとうございました。

0
夢野メチタ夢野メチタ(2019-06-13):

興味深く拝見しました。入植地・開拓地という物を何かの記述や歴史資料としてしか実感がない私にとって、子供時代の多感な視線を通じた生活描写が強く印象に残りました。ルポルタージュ的詩作品として、もちろんこのままでも優れていますが、何か一つの事象に絞って描写することでさらに凝縮された詩作品が可能かもしれない、という次作品への期待も感じています。

0
yamabito (2019-06-14):

夢野さん、こんにちは。 お読みきださり、ありがとうございました。 ご指摘、痛み入ります。 今後の詩作に生かせればと一考させていただきます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2