作品投稿掲示板 - B-REVIEW
重要事項
お知らせ

黎明   

作成日時 2019-05-02
コメント日時 2019-05-15

長く眠ることができず、日の出の時刻には起きている僕、 朝日を浴びるのが好きな僕は、 ニュースも見ないで外の光を頼りに家を出る。 春になり、この時間、冬には闇に埋もれていたものが、早くから姿形を鮮やかにあらわすようになった。 ゴトンと、缶コーヒーが静寂を破って落ちる。 中央分離帯のツツジの花や、高い街路樹のすでに重たげな葉の茂みが、やさしげに揺れている。 冬の間いつもすれ違っていたランナーが、どこから走り出していたのかも分かった。 乗用車よりはトラックが多く走る道路に沿って、歩いて駅に向かう途次、押し黙った工場跡地の彼方に、駐車場に一台の車もないセブンイレブンが見える。 まだ冷たい踏切を渡り、動き始めている昇りエスカレーターに乗って改札階に上がる。 始発まであと十五分。ホームにはぽつりぽつりと人が来る。 日の出が早くなったからといって、時計の針が速く進むわけではない。僕はいったいどこへ行くのだろうと、いつものように思うが、たいてい時間の潰し方は決まってきた。 僕は電車に乗って、とにかく街に向かう。 二十四時間営業の店は少なくなっているようだから、僕は長い黎明の時間を彷徨うことになる。 目的の駅より二駅前で、電車を降りてみる。 松屋は営業していて、僕は入る。 丼を食べながら、早くスマホを見たいという気持ちが起こる。 倫理。僕はこの言葉を思い出す。 丼を食べ終わった僕は、ポケットからスマホを取り出して、ロック画面を眺める。 その画面の向こう側に、昨日受け取ったSMSの短いメッセージがある。 やはり再び見る気になれない。 「奈津子さんに連絡してあげてください」 こんなメッセージであった。これで二度目。 僕はロック画面のままスマホを置き、仕事に使っている手帳を取り出して、五分間ほど見直しと書き足しをした。それから松屋を出て、徒歩で会社のある街へ向かうことにした。そうすれば、ちょうど会社の近くのファミレスも開く時間になるだろう。 時間は着実に経つ。人の心も過ぎ去ってくれるばかりのものだと僕は思っていた。そこへ昨日のSMSだ。 奈津子という人妻と知り合ったのは半年ほど前のこと。互いに好きになり、連絡し合っていたが、昼間にあまりにも多くのラインが来るのに僕は困り、一か月足らずでもうこんな縁は切ろうと決めた。だが、その意思を打ち明けたのではなく、ラインをブロックすることと電話を着信拒否に設定することで済ませたのだった。 すると、奈津子の知り合いの女性からSMSでメッセージが来たのはすぐであった。 「奈津子さんに連絡してあげてください」 奈津子が苦しんでいるのは分かった。 僕はこのSMSに返信したのだった。 「ふうむ、分かりました」 しかし実際には奈津子には連絡しなかった。 ラインのブロックも電話の着信拒否も解かなかった。 いずれ自然に僕のことなど忘れてくれるだろうと思った。 奈津子は人妻で、主婦で、夫と子がある。 未婚者の僕はそういう境涯を知らない。 男女の恋愛なら体験した限り分かる。 そして奈津子の行動から、夫や子があっても恋愛はあり得るのだということが分かっている。 半年経っても僕のことを忘れなかった奈津子。 この半年、どうやって過ごしていたのだろう。 僕のことを忘れていた時間もあったと考えなければ、この半年という僕たちにとって空白というべき長い時間のことを説明できない気がする。 何が奈津子をして、今頃再び僕と連絡したいと思わせたのだろう。 分からない。 この横浜港辺りの風景のように、どこかそわそわしている日常の中で、 ふと風が吹くように寂しさがよぎったのか。 いやそれともほのかな怒りか。 僕は奈津子に連絡しないだろう、確実に。 この行為を、無視すると呼ぶのは分かっている。 僕は恐れているのだ、 なぜラインをブロックしたり着信拒否にしたりしたのかを説明させられることを。 ただあまりに多い連絡を遮断しただけ、それを言うのも嫌だ。 それから好きだという気持ちはどうなのかと言えば、 実のところ、もうない。 だけどあの始まりのときの気持ちに偽りはなかった。 恋愛に真も偽もあるものか。 すべて真だ。 しかしそれを伝えようとしても伝わらなくて果てがなく空しいのが恋愛だ。 衷心の恋であったと伝えたいのに、 もうそれができない。 機会というものが過ぎ去るのだ。 僕は橋を渡る。 大岡川の河口に係留された小船たち、 解かれるにはまだ早いこの朝の時間に、 夜の闇のうちで見た夢をかえりみているような小船たち。 男が一人、それらのうちの一艘に、ホースから出る真水をかけて、 洗っている。 皆銘々の一日を予定して、予定した活動の準備をする時間。 あともう少しで、本当の日の出となる。 長い黎明の時間が倫理という星のまたたきをかき消してゆき、 何も解決しないまま、一日が、また始まる。


項目全期間(2019/12/14現在)投稿後10日間
叙情性42
前衛性00
可読性43
エンタメ00
技巧20
音韻00
構成20
総合ポイント125
 平均値  中央値 
叙情性1.32
前衛性00
可読性1.31
 エンタメ00
技巧0.70
音韻00
構成0.70
総合44
閲覧指数:1227.1
2019/12/14 17時53分05秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。



コメント数(5)
taishi ohira (2019-05-02):

知り合いで、不倫ばれた人妻がいて落ち込んでます。

IHクッキングヒーター(2.5kW) (2019-05-03):

この後奈津子ともうひと悶着ありそう。 実はこの半年間で夫と離婚してて、みたいな。 まとめサイトの見過ぎですかね。 でもこの奈津子という人物からはなんとなくそういうヤバさがにじんでます。 だからこそ面倒になって連絡先ブロックのみで無視したのかな、とも思います。

南雲 安晴 (2019-05-04):

 不倫はいけません。  が、この短い物語を楽しんでいただけたようですね。  書くということは、何を書くにしても、誰でも苦労するものです。私もこの短い物語を書くのに、苦労しました。文学らしさを衒うことは、基本的にはしなかったのですが、しっかりした描写をすること、そういう描写に考えや思いを暗示させたり象徴させたりすること、全体に情趣を持たせることは心がけました。また、『倫理』という言葉を登場させることによって、ふだん考えないことに読者がひっかかりを覚えるように、作ったつもりです。  最近は、私は小さな筋を含むものを書く傾向にあるようです。意識してそうなっているわけではありません。でも、そういうのもいいかなと自分では思っています。いつ変わるか分かりませんが。  文学はこれからどういうものになっていくのか、書き手はどうしたらいいのか、いつの時代でも考えられてきました。いつの時点から見ても、過去に偉大な先人たちがいました。そういった先人たちに憧れたり、傾倒したりしながら、私たちは書き続けてきました。  私はと言えば、先人たちがしたことはもうしないということを、いつも考えていますが、今のところ、失敗しているようで、せいぜいここに提出したような個別的な、そして、いつの時代にもあるような作品を書くにとどまっています。

ふじりゅう (2019-05-14):

拝見しました。 物語的な作品は往々にして詩っぽさ、詩ならではの良さが失われる傾向にある気がしておりますが、本作は詩としても非常に上手くまとまっています。 作中の情景が主人公の心情や作品の雰囲気と上手くマッチしており、統一感もありますし極めて読みやすいです。 >ゴトンと、缶コーヒーが静寂を破って落ちる。 こういった細かな表現も素晴らしく、細かく推敲した跡が見えます。 >自販機からゴトンと缶コーヒーが落ちる。静寂を破った。 >静寂を破って、ゴトンと缶コーヒーが落ちる。 >缶コーヒーが落ちる音が、静寂を破った。 こういった選択肢がありますが、あえて「ゴトン」を最初に持ってきて、缶コーヒーというワードを選択し、最後に静寂を破った描写を持ってくる(ゴトン+缶コーヒーのワードがあれば、自販機とわざわざ言う必要が無い)。こういった表現の細かな気配りがとても良いです。 不倫の作品でしたが、昼ドラ的なものとは違った作品として楽しく読ませて頂きました。

南雲 安晴 (2019-05-15):

ふじりゅう様、コメントありがとうございます。  不倫のことを書いて、読者に受け入れられるかどうかかなり不安だったのですが、なんとか文学のレベルで読まれたようで、良かったです。何を文学とするかは、ここでは共通了解があるものとしておきます。日本国民などは、このようなことを書くことが許されているようですが、国民によってはこういうものは危険とされる場合があるので、手に汗です。  好評となった細かな表現ですが、実際頑張ったところです。やはり書くということをするときには、表現やその他いろいろな点で怠慢であってはいけません。それに、自身を客観的に検討することも怠ってはいけませんね。どんなに神経が疲労しようとも。  ところで、このビーレビという媒体が、最近とても元気がよく、盛り上がっているように感じられるのは、私だけの錯覚だろうか……。  これからも頑張って書いていきたいと思います。それから他の方々の書いた作品を読むことも。よろしくお願いいたします。

投稿作品数: 3