作品投稿掲示板 - B-REVIEW
重要事項
お知らせ

揉む   

作成日時 2019-04-04
コメント日時 2019-04-17

包丁を揉む 利き手で柄を持ち もう片方の手で刃を揉む 切っ先が皮膚を裁って 痛みが体全体を痺れさせる それでも 血を零して震える指に構わず 包丁を揉み続ける 目の前が暗くなって手を放す 屠畜場のように赤く滴った 傷だらけの手のひらを見つめて 利き手でないほうの手の呼び名が 日本語にないことに驚く 乳房を揉む 脂肪と乳腺が滑らかな肌で覆われ 揉むたび指にぴったりとして 掌の湾曲へと懐かしさが伝わる きっと人間の手は 乳房を揉むために この形になったのではないかと そんな風にさえ思う しかし刹那の後 人類はこれでいいのか このままでいいのかと 首をかしげてしまい それに気づいた乳首がこちらを睨む ぐたひ、を揉む ぐたひ、というものは 検索しても出てこないが いま確かにこの両手の中にある 定かではない形を探るように 優しく、時に強く揉み続けていると 光が体の中心をすり抜け 視野が背中のほうまで広がる 街ゆく人々が ぐたひ、を揉む私の後ろ姿を 指さして訝しんでいるのが分かる 太陽のほうを向いても 背中に陰ができているのが分かる 名前の無い手で名もなき物を これこそはと思って注意深く近づき 力任せにつかみたくなる衝動を抑え 許しを請うように柔らかく触れ 少しずつそれの核心に近づくように ゆっくり壊さぬように指を深く入れ 揉む 私は今日も色々なものを揉んでいる 貴方を揉んでもいいかもしれない 日頃揉むたび指の間をすり抜ける 私の揉みたい物たちも 貴方の肌を揉んだなら しっかりこの指に残るかもしれない


項目全期間(2019/12/16現在)投稿後10日間
叙情性2015
前衛性84
可読性2115
エンタメ33
技巧66
音韻33
構成1414
総合ポイント7560
 平均値  中央値 
叙情性21
前衛性0.80
可読性2.11
 エンタメ0.30
技巧0.60
音韻0.30
構成1.40.5
総合7.54
閲覧指数:1612.7
2019/12/16 10時00分24秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。



コメント数(12)
南雲 安晴 (2019-04-04):

良い詩ですね。久々にしっかりした日本語と構成で書かれた詩を読みました。想像力もすごい。 『日本語にないことに驚く』『人類はこれでいいのか』というような疑いも私は大好きです。

小林素顔 (2019-04-05):

南雲安晴さま コメントありがとうございます。しっかりした日本語と構成、と言われると、書いた本人のしっかりして無さに思い至り、正直照れます。お褒めいただいた想像力ですが、今回の詩作は、生活における実感よりも想像力を優先したのは確かです。その思考実験の中で抱いた疑問を素直に書いたことが、良い効果として表れているのかなと思います。 改めて、講評ありがとうございます。

taishi ohira (2019-04-05):

揉むという単語を目にしたとたん、おっぱいが出てくる予感がしますね。

小林素顔 (2019-04-05):

taishi ohiraさま コメントありがとうございます。 今回、このタイトルの詩作では避けられないモチーフだと思って、陳腐かもしれないと思いつつあえて「乳房」も採り上げました。 改めて、講評ありがとうございます。

花緒 (2019-04-07):

包丁、から始めるあたりに、読者の興を引くことに長けた手際の良さを感じる。 とはいえ、同じ程度の長さの蓮を繰り返すことを優先するあまり、やや冗長さが目立つようにも思った。 例を上げれば、<ぐたひ、というものは、検索しても出てこないが>などは無くても、意味が通じるのではないだろうか。

小林素顔 (2019-04-09):

花緒さま コメントありがとうございます。 B-REVIEWがサムネイル表示になったことを受けて、冒頭で読者の興味を引く表現には注力しました。そのせいか、おっしゃるような作品の冗長さへの注意力は、少し欠けていたのかもしれません。「ぐたひ」ですが、正直これも悩みました。「『ぐたひ』って何ですか?」という質問が来ることを恐れるあまり、つい説明を書いてしまいました。読者を信頼していないことの表れかもしれません。 改めて、講評ありがとうございます。

小寄道小寄道 (2019-04-09):

「包丁を揉む」というフレーズに驚き、読んだ。乳房が出てこなければいいな、と思っていたら案の定・・。 欲望を昇華しなければ、詩の女神は降りない、と私は思っています。「ぐたひ」とは何か、それを暗示するあるいは示唆する詩行があってもいいのでは。私には意味が通じなかったし、言葉は万人に開かれているものだと思います。

ふじりゅう (2019-04-09):

拝見しました。 素晴らしい作品だと思いました。構成が極めて良いです。まず小さい構成から行くと、 目を引く文を最初にバンと置く ↓ そこに映像を加える ↓ そこに動きを加える。読者はここで映像と動きがはっきり分かるようになる。 ↓ 動きの経過を加える。 ↓ 想像性の高い文をバンと置いて次へ 上記のように、映像や動きがパッと浮かびつつ、詩情を含ませることに成功しています。 全体的には、揉む対象が 包丁→乳房→ぐたひの順に変化します。 まず上手いのは、最初に包丁を持ってきたところ。揉む=乳房という、読者が想像しやすそうな言わば「お決まり」を破る。で乳房を持ってきて、ぐたひ という最大の見せ場へ繋げています。 ぐたひ への持っていき方も上手いです。いきなり 「ぐたひを揉む」 としても訳が分からない。しかし、 > 利き手でないほうの手の呼び名が >日本語にないことに驚く この伏線で 「ぐたひ」 へとバトンタッチが出来ています。この気遣いが素晴らしいのですが、さらに >日本語にないことに驚く 日本語「で」でなく「に」であることが非常に良いです。これは、 > 検索しても出てこないが >いま確かにこの両手の中にある へのバトンでありますが、ここで「で」とした場合は 「日本語ではない外国語の言葉」のニュアンスも含まれるかと。しかし「に」とすることで、 「一般的な日本語の中では言われないが、日本語の造語もしくはそれに近いもの」 となり、綺麗にバトンを渡すことが出来ます。 ぐたひ の項ですが、 ある→広がる→分かる→分かる のリレーも効果的に働いています。 最後の連、貴方を揉みたいけど、指をすり抜けるような様子を表しています。最後の連は今までと違い、パワーのある言葉を選びとっていてそこがまた後味の良さを出しています。 貴方に触れたいという、言わばそれだけの内容をここまで深く掘り下げる事が出来ている本作には、素晴らしいという言葉以外見当たりません。

小林素顔 (2019-04-11):

小寄道さま コメントありがとうございます。 >乳房が出てこなければいいな、と思っていたら案の定・・。 >欲望を昇華しなければ、詩の女神は降りない、と私は思っています。 そうなんです、案の定なんです。乳房に関する連は凡庸な欲望について書いた連なので、昇華してはいないのです。そのかわり、詩の女神は降りてこなかったのかもしれません。 >「ぐたひ」とは何か、それを暗示するあるいは示唆する詩行があってもいいのでは。私には意味が通じなかったし、言葉は万人に開かれているものだと思います。 「ぐたひ」について示唆しなかったのは、「万人それぞれに『ぐたひ』は異なるものだ」という形での万人に対する語の開放です。 改めて、講評ありがとうございます。

小林素顔 (2019-04-11):

ふじりゅうさま コメントありがとうございます。 精密に読み解いていただいて恐縮です。私の解説したいことをほぼふじりゅうさんに書いて頂けたので、有難い限りです。ただこの作品を書いた本人、そこまで意図的ではなく、半分勘で書いてます。ですが、もう半分は、やはり、推敲を重ねて書いた、伝えたい思いにあふれた詩でありますので、気に入っていただけたようで幸いです。 改めて、講評ありがとうございます。

なゆた創a.k.a.NORANEKO (2019-04-16):

作品全体を通して、世界を素手で捉え直すための丁寧な手つきが見えて、こういう系統の作品としてはよいと思います。 とくに一連の ”利き手でないほうの手の呼び名が 日本語にないことに驚く” という、素手で世界を捉え直す手つきは、「誰もがはっとする感覚」を提示していて、おそらく小林さんが志向するこの詩のテーマを最も直接的に実現した言葉のふるまい方だと思います。 以降の連も、乳房を揉むうえでの丁寧な描写や”ぐたひ“、”名もなき物“といった抽象的存在を、概念ではなく直接的に触れようとする手探り感は一貫していて面白いのですが、徐々に観念的な叙述が顔を覗かせ、一連で見せた鮮やかさからは一段曇りのある感じがします。あと、 “私の揉みたい物たちも 貴方の肌を揉んだなら しっかりこの指に残るかもしれない” という下ネタでウケを取りつつお茶を濁すオチは、おそらく小林さんが目指す大衆志向としては間違っていないものの、やはりテーマから考えると精彩を欠く印象があります。 大まかに読んだうえでの雑感でした。ありがとうございます。

小林素顔 (2019-04-17):

なゆた創さま コメントありがとうございます。 >作品全体を通して、世界を素手で捉え直すための丁寧な手つきが見えて、こういう系統の作品としてはよいと思います。 お褒めいただき光栄です。 >素手で世界を捉え直す手つきは、「誰もがはっとする感覚」を提示していて、おそらく小林さんが志向するこの詩のテーマを最も直接的に実現した言葉のふるまい方だと思います。 おっしゃるように、「事物を手でとらえる、触ることの新鮮さ」ということにこだわってみた作品なので、その点をくみ取っていただけたことはありがたいです。 >徐々に観念的な叙述が顔を覗かせ、一連で見せた鮮やかさからは一段曇りのある感じがします。 すこし一連以降の気配りが足りませんでしたかね。精進します。 >下ネタでウケを取りつつお茶を濁すオチは、おそらく小林さんが目指す大衆志向としては間違っていないものの、やはりテーマから考えると精彩を欠く印象があります。 下ネタのつもりはなかったのですが、そう取られてしまうような作品としての雑さがあったのかもしれません。注意します。 改めて、講評ありがとうございます。

投稿作品数: 1