新年のお慶び* - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

新年のお慶び*    

新年のお慶び。 お慶びはむにゅむにゅと不定形で ある。 一月一日、僕の生の軌跡を後からつけて くる。 お慶び申し上げます、と。 元朝、僕は小便器に向かってしょぼしょぼ 薄明るい尿を放ち その覚束ない軌道に切なく泣いて いた。 何が慶ばしいというのか不思議だが お慶びは慶ぶことが商売で セブンイレブンの配送車に乗って 僕の跡を夢の中までつけて きた。 これから僕はコンクリートの慶ばしい 溝蓋を音を立てて踏んで 慶ばしい道を歩き 一袋の胡桃パンとドリップコーヒーを買いに いく。 頭頂の旋毛に垂線を立てて先を辿ると 目には見えないけれど朝の星が動いて 僕と世界の運命をギリギリ引っ掻き 修復不可能な深い傷を付けて いる。 そんなはずはないがそうな のだ。 言葉は事態を離れ別室のソファで休んでいる 大股を開いて自慰に励んでいるのは 自己言及によってしか言語というシステムの 骨組みを維持できないからだ もはや僕たちとお前の関係は断たれた 詩人と 言葉の 契約は解除されたから言葉は動か ない。


作成日時 2019-03-10
コメント日時 2019-03-13

新年のお慶び* ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 7
P V 数 : 390.9
お気に入り数: 0
ポイント数 : 5
#酷評OK #ビーレビ杯不参加
項目全期間(2020/09/24現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性20
可読性00
エンタメ11
技巧00
音韻00
構成11
総合ポイント53
 平均値  中央値 
叙情性0.50.5
前衛性11
可読性00
 エンタメ0.50.5
技巧00
音韻00
構成0.50.5
総合2.52.5
閲覧指数:390.9
2020/09/24 20時26分58秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

新年のお慶び* コメントセクション


コメント数(7)
右肩ヒサシ (2019-03-10):

*ビーレビ杯不参加作品です。 今年、一月一日の日に書きました。 セブンイレブンにはよく行きます。よく言われるように食品に添加物が多いのと、働いているひとやフランチャイズのオーナーに負担が大きいということ、見えないところで個人情報を収集することなど問題点は多いですね。 でも、便利で生活には欠かせないものです。せめて店員さんには礼儀正しく振る舞うように心がけています。 もっとも詩のない場所が、夢の中にまで登場するというのがこの作品のキモかもしれません。 この作品の登場人物とは別に僕自身に関していえば、最初から僕は詩人ではないと思います。

0
ふじりゅう (2019-03-10):

拝見しました。  面白い点として、「お慶び」を題材とした着眼点にあると思います。お慶びが一般的には定型文かつ堅苦しい表現ながら、 >むにゅむにゅと不定形 と「お慶び」を組み合わせることによって、響きの面白さと「不定形」の違和感に目を奪われます。 また、小便の表現から >何が慶ばしいというのか不思議 と返すこ気味良さにクスリと笑いがこみ上げつつ、 同文がセブンイレブンの描写へ続いています。 後半は詩人を題材に、主人公が考えにふけっています。 後半の内容から主人公の姿がくっきり映るようになっている構成が見事であり、 前半の本文へ惹きつける技術が素晴らしいです。

0
右肩ヒサシ (2019-03-10):

ふじりゅうさん、コメントありがとうございます。 構成に一貫性がないですね。「お慶び」は最後どこにいっちゃったんだろう? それはつまり、書き手が言葉と喧嘩別れをしているからなんですが、そこをうまくくみ取って下さったようです。ありがとうございます。 う~ん、でも「僕たち」って「僕」と誰なんだろう?読み手かな?割とささっと書いたものなので、細かいところは書いた本人にもわからなくなっています。

0
みうら (2019-03-11):

一人称で「僕」を使うリアリティについてコメントを書こうと打ち始めたら、右肩さんが既にコメント欄で誰なんだろう?と自問されていることに気がつきました。こんにちは右肩さん、相変わらず文章が下手なみうらです。僕と称して書き始めることにためらいが出てきてるみうらなんですが、俺というのも自意識過剰なみうらはガサツに受けとられるのが嫌だなあってなりますし私と称するには照れがあります。本作にある「慶び」が皮肉な響き、あるいは自嘲する響きとして作品を覆っていて、「僕」がする小便の様や溝蓋を踏む様が徒労感というか、生を引きずっているように思えました。その引きずっている生の徒労感は「俺」でもなく「私」でもなく「僕」の称し方でしか発せれないことに思えるのです。そう言ったところで、右肩さんが、その通りだよみうらくんと、お答えされないだろうなあとも想像します。それは作品の後書きとして残されてる「最初から僕は詩人ではないと思います」という断りの文言から思うのです。自己言及によってしか得れない言語の感触、それはある、でもそのようなことはどうでもいいのだという、言ってもいない言葉を想像してしまいました。勝手ながら。おそらくそれはみうらが持つ希望の反映なんです。契約の解除の言が明るい解放として伝わってきました。

0
まりも (2019-03-11):

なにやら猛烈に多忙(というか気忙しい お腹コワシマクッタ)2月、あんまりこちらに来られませんでした。 来てみたら、右肩さんが投稿されていて。 ・・・私のパソコンの調子のせいなのか、右肩さんが意図された「エフェクト」なのか、 「言葉の  契約は解除されたから言葉は動か  ない。」この部分が、フェイドアウトするみたいに薄れていって、最後はほとんど見えない、状態になっているんですよね・・・これは、機器の方の問題なのかもしれませんが。 疑問点は、「ある。」「くる。」「いた。」などの改行の仕方。ある、とか、いる、くる、は、二重の意味性が生まれるので(意識しすぎ、という感じにもなるけれど)面白い効果が出ると思いますが、「のだ。」は、音感やリズム感で区切った、ということでしょうか。 「しょぼしょぼ  薄明るい尿を放ち」 薄明るい、という感覚と、しょぼん、とうなだれている感じと、排せつ物(不要物)の方がよほど美しくて元気がよくて、という情けなさ、的な感じなどが、いい感じだな、と思うと同時に、尿が汚く見えない、というところ、諧謔やドギツサ、えげつなさを「ねらっていない」自然な感じ、が良かった、と思いました。 しと、と読みたい感じ。

0
右肩ヒサシ (2019-03-13):

みうらさん、コメントありがとうございます。 僕は日常生活でも自分のことを「ボク」と言っています。小ちゃいから自分のこと「さっちゃん」というくらいに無自覚になっていますが、小学校くらいまでは「オレ」と言っていました。周囲の男はみな「オレ」でしたが、自意識が目覚め始めて自分をフィクショナルな次元で立ち上げたい、と思ったようです。まさしく「厨二」を引きずってるんですね。無自覚に、自然にそこにいることができないのです。 ここで言いたかったのは自分の呼称ではなくて、無意識に選択した一人称複数のことなんですが、責任逃れの甘えかもしれないし、僕ではないあなたたちへの逆説的な挑発かもしれません。 まあ、いずれにせよ、大人として成熟し損なった僕が、そのまま老人になってあたふたとしているわけです。「お慶び」という言葉は現代社会の陋屋に届きはしないのに、嫌味のように執拗に正月に君臨しています。作中の「僕」はそれに突っつき回されています。

0
右肩ヒサシ (2019-03-13):

まりもさん、コメントありがとうございます。 エフェクトできるほどの技術はありません!僕がやったとしたら、無意識に使った呪術かな?でもまりもさんを呪う理由はまったくありませんねw パソコン、お大事に……。 「ある」「くる」「いた」「のだ」は、仰る通り繰り返しのリズムの生成と、その破調を狙っています。例えば「ある」「くる」「いる」「みる」だと当たり前に退屈で、作者の詩的怠慢になるとしか思えません。また強いて言えば、リズムがぐだぐだに破綻していく方が無いように相応しいのです。 「しょぼしょぼ/薄明るい尿を放ち」に注目して下さったのは嬉しいですね。きちんと書けたと自負している部分です。まりもさんの読まれた通りのことを作者も表現しようとしていました。言葉で書かれているけど観念的ではなく、押しつけがましい生々しさも持たないように、と考えて書いています。 「しと」でもいいいですが、人の寝ている枕もとにするつもりはありませんw「いばり」「ゆばり」「ゆまり」などありますが「しと」はあの句のイメージがあまりに強いですねw こちらへの投稿はいつもなぜか下ネタばかりで……。すみません。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2