グリコのおまけ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

グリコのおまけ    

わしは実は ふたごだったと聞かされた日 そして わしのふたごの兄貴だった人は生後まもなく死んだのだと聞かされた日 ねぇちゃんと グリコを分けて食べるように わたされた ねぇちゃんに 言うた 「わしは、グリコのおまけのほうじゃあ 思う そんで 生後まもなく死んだという わしに たぶん そっくりな わしの兄貴は グリコじゃと思う。」 ねぇちゃんは 喧嘩になると いつも わしの頭を おさえて  遠慮なく キックするような そもそも碌な ねぇちゃんじゃないけど、 あんときは なにか火がついたみたいに 真っ赤になって 怒った 「なんでね あんたが グリコで、その死んだ子が おまけ なんじゃけぇね」 「なに言うとるんじゃ グリコキャラメルいうもんは おまけが欲しぅて みんなが買うんじゃ」グリコきゃらめるの きゃらめると おまけのどっちが価値あるかについて 力説して、ねえちゃんは真っ赤になったまま言うた  「ばか。  あんたは、おまけなんかじゃないんじゃけぇね」 ねぇちゃんは怒鳴って背中向けた あれは 泣いとったんかの 有る時、隣に住んどった女が  わしが ふたごじゃて しらんはずの女が 隣の家の壁を わしと そっくりな人が すりぬけて ねぇちゃんの部屋に 入っていった言うたことがあった ただ わしに そっくりな人は わしの服じゃない服を着とったらしい 母さんが まっさおになって それは わしが物心つかんころのお気に入りの服じゃ いうた わしは 本当は ふたごで ひとりは死んでいる話が本当で わしのふたごの子が わしの家に来たのなら なんで ねぇちゃんに 逢おうと するんじゃ わしには もうひとりの自分に似たヤツに どれだけ合ってみたいかわからなのに わしに そっくりな そいつ そいつ 泣いとったんかの それが知りたかった 隣に住んどった女は わしのことを幽霊じゃの 好きなことを言いよる へんな読経が すごい熱になるし さすがに わしの心も折れそうじゃった そんで わしら家族は 引越しすることにした 父さんが 突然、「家を買うた」って言って わしらは 下見にも行かんで 引越しした はじめて行った場所のはずなのに ねぇちゃんは 夢で  わしに似た もうひとりの子に  どんなところに引っ越すかおしえてもろうたとか言って 普段は方向音痴のクセに 引越しの道順をつぎつぎ喋った そんで わしに 「あんたはあの子に守られとるんじゃけぇね」って何回も言うた わしは もうひとりのわしとは違って ちゃんと成人した けど 結局 ねぇちゃんほどには 長生きせんかった 小学生のころ ねえちゃんに「いちどしか言わん よう聞け。わしは 早死にぢゃと思う」と確かに言うた。言うた理由は、死んでも言わん。 実際に わしは 今、死んどる。ねぇちゃんは 夏が近づくたびに泣く 「あんたは おまけなんかじゃ ない」言うて わしのために泣く 別に泣いても かまわんが、 わしが言いたいのは、生きとらん人間は 泣けん。 死んでも星になんかならんて わしは生きているころに よう言うた じゃけぇ わしは星なんかじゃない。 星じゃないし わしは 泣いたりもせん。 だいだい、うまれつき ふたごの人間だけが ふたごじゃ 思う考えは 気のせいかもしれんぞ わしに言わせりゃ だれもが みんな ふたご みたいなもんじゃ  だって、みんな光と影のセットで息をしとるんじゃろ だれもが生の自分と 死の自分が 背中合わせの ふたごみたいなもんじゃと わしは思う 生きとるとき、死のことを 遠く離れていると思っていても 距離的にはそんなに離れてなかったり 死のことばっかし 考えとるやつの 死は、あんがい次世紀の遙か先かもしれん とにかくな  負けるな わしは いつも傍におる ねえちゃんが わしのことを忘れない限り わしは おる そばにいて まもりたいと 思おとる ねぇちやんが なにか 今日も わしに手紙を書いている 相変わらず支離熱烈な手紙なんで 気の毒だ。悲しまんでほしい。 考えてみてほしい。ねえちゃん、あんたが もしワシで 姉のあんたが 弟より先に死んでいるとする。 そんで、姉のこと思って 泣いて、きちがいじみた詩とかいうもの 書き続けているとする。あんたは それで 嬉しいか? な それは つまらんじゃろ 遠慮のう楽しいこと いっぱいしてほしい いっぱい笑ろうてくれ 綺麗に生きてくれ  ときには  泣いて ええけ 


作成日時 2019-03-06
コメント日時 2019-03-27

グリコのおまけ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 1806.6
お気に入り数: 0
ポイント数 : 66
#酷評OK #ビーレビ杯不参加
項目全期間(2020/09/22現在)投稿後10日間
叙情性3333
前衛性11
可読性1515
エンタメ22
技巧66
音韻44
構成55
総合ポイント6666
 平均値  中央値 
叙情性3.73
前衛性0.10
可読性1.71
 エンタメ0.20
技巧0.70
音韻0.40
構成0.60
総合7.35
閲覧指数:1806.6
2020/09/22 13時52分28秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

グリコのおまけ コメントセクション


コメント数(12)
真清水るる (2019-03-06):

この詩のような文章は、過去にかいたものです。話者に 、「きちがいじみた詩とかいうもの、」と、わたしは言わせましたが、詩への昇華活動は けして きちがいじみたことであるとは、現在のわたしは思ってないことを、追記させていただいておきます。

0
AB (2019-03-06):

すごく好みな作品です。 なぜならとか、説明するのも評するのも苦手なもので、もし、「確かに共鳴しましたボタン」みたいなものがあれば、何度もクリックしてます。 そのうえでですが、語りてが後半、向こうの人になってるのが判らないままで終えたらどうだろうか、ともうひとつの世界も想像してみました。

0
石村利勝 (2019-03-07):

しみるのう。 広島弁じゃけ、こうなるんじゃろうね。標準語ゆうんは、どこにもないうその言葉じゃけ。 標準語じゃあねえ、こがあなこたあ言えんよ。言うたらものすごい嘘くさいじゃろうね。 じゃけんまあ、標準語ゆうんはほんまの人間の言葉じゃないんかもしれん。 そうゆう言葉ぁ使うてほんまのこと書かにゃいかんのじゃけ、詩人ゆうんはやねこいよね(笑)* *作者には翻訳不要と思われますので、標準語訳は付記しません。あしからず。

0
黒髪 (2019-03-07):

随分と前ですね、この詩を初めて拝読させていただいたのも。とても、言い尽くせぬことが頭の中を 行き過ぎていきます。石のような強さを感じたものですが、それは、詩情が強く結実しているから、 その完成しているさまを、美しい声で聴くことだからだと思います。ついでですが、動画を付随させて いただきます。 No woman no cry ネーネーズ https://www.youtube.com/watch?v=VDi3zIujubk

0
真清水るる (2019-03-14):

★仲程さまへ すごく好みな作品です。と、言っていただけて 嬉しいです。ありがとうございます。 「確かに共鳴しましたボタン」みたいなものを何度も激押しまくっている光景を妄想して 楽しくなってしまいました。ありがとうございます。 語りてが後半、向こうの人になってるのが判らないままで終えたらどうだろうなんでしょうね。グリコのおまけというのは、たしか 即興詩サイト ゴルコンダ仮でだされたお題だったのです。出題されて何分もしないうちに、ものすごいスピード感で書き上げたのです。そういえば。中盤ぐらいまではそういえば書いているつもりはなかったのです。だから最後まで、死者であるかどうかが判然としない描き方もあったのかもしれません。ただ わたしには それは難しい書き方です。そっかあ もうひとつの世界かあ。それも ありですねぇ。 ★ishimuratoshi58さまへ しみたんかね。ほうね。そりあぁ えかった。ありがとう。 広島弁は 私がネイティブで喋れるから書いたんかもしれん。 標準語ゆうんは、どこにもない うその言葉なんじゃろうか。生と死のきわにある言葉って ある気がする。宮澤賢治も 「あめゆとてきて 」とか 書いて、もっとも大事な部分は、標準語では 書いてんなかったね。 詩人ゆうんは いなげな生き物で、ほんまのところで息だか粋だか生きだかしてて ほんま やねこいよね。方言といえば、東京で 電車にのっとったら 「いなげ」って大きな看板が でとった。いなげ屋さんという店があるから東京の人には普通なのに、広島人だけは笑う。すくなくとも わたしは、笑ろうた。  方言で かくことで 現れる 沁みる感じもある反面。なんもかんも書いても その方言以外の人には どうもこうも通じないこともある。 言葉って、やねこいね。どうも言葉 ひとつひとつに、謎の射程ってもんがあるみたい。 ほんまの詩は、謎の射程を 超越するかもしれなんね。あ 旧かなづかいって、超えるヒントがありそうじゃね。石村ワールド たのしみにしてます。ぺこりん。 ★ 黒髪さまへ はい。随分と前のこととなりました。よくわかんないのですが、バカなのか 自分で読むと、なんだか 泣ける。文章中に、「泣く」という言葉の頻度が 醜いほどなんですが、わたしは それでも、私自身が読むと 泣けてしまうのでした。 その完成しているさまを、美しい声で聴く。をお なんいう 麗しい表現でしようか。 今、我が家のちかくで 「ほうほけきょ」と鳥が鳴いているのですが、昔の人は 鳥の鳴き声も 法と華を聞いたらしいです。完成しているさまを、美しい声で聴く。とは、まさしく そんな感じをイメージしました。ありがとうございます。 動画の添付も ありがとうございます。いいですねえ。

0
沙一 (2019-03-18):

あれは 泣いとったんかの までの冒頭が、胸に迫ってきました。グリコキャラメルのやりとりに、笑ったらいいのやら哀しんだらいいのやら、複雑な気持ちになりました(甘さと苦さがまじりあったキャラメルみたいに)。 詩としては、そこでもう完成でいいんじゃないかと思うほどです。それ以降は、ドラマ性が前面に出てしまったようで。それでも、 うまれつき ふたごの人間だけが ふたごじゃ 思う考えは 気のせいかもしれんぞ からのくだりには、胸を打たれました。 方言で書かれていることもまた、情感を醸し出していると思います。

0
AB (2019-03-18):

お、ボタンみたいなもんができとった。押してまうな。

0
左部右人 (2019-03-20):

タイトルが、効いていますね。 とても好きな詩です。構造についても語れるところの多そうな詩ですが、考える、という行為以前の段階で、涙を誘う詩ですね。この詩に対して批評なり意見なりを述べることの出来ないのは情けない限りですが、本当に、ただただ抒情的な詩だと思いました。    >ねぇちやんが なにか 今日も わしに手紙を書いている 相変わらず支離熱烈な手紙なんで 気の毒だ。悲しまんでほしい。 個人的には、この箇所が好きです。ありがとうございました。

0
右肩ヒサシ (2019-03-21):

るるりらさん、こんにちは。 心に沁みる詩でした。語り手の死者だけでなく、死んだ兄や姉、父母の情の太い綱が錯綜している様が見えました。でも実はそれは一本に繋がっていて、端が死の深い闇に消えていくのです。 皆さんが御指摘になっていることですが、広島がいいですね。作品にかけがえのないリアリティを与えているように思います。

0
田中修子 (2019-03-24):

生と死をあつかった詩はたくさんあるけど、読んでいて気力を奪われる、というものが多いです。 (と、人のことは言えるけど、きっと私の詩もそうなんだろうなあ) るるりらさんの作品は、奪われることがないんですよね。 与えてくれる。 それはなぜなんだろうと、るるりらさんの多くの作品を読みながらいつもおもうのです。

0
穴秋一 (2019-03-24):

こんばんは。とても読みやすくて味のある文章ですね。

0
るるりら (2019-03-27):

●沙一 様 あれは 泣いとったんかの までの冒頭だけでもよかったのかもしれまんね。 ただ この作品は、わたしにとって 過去作でして すっかり ひとかたまりな作品として存在していて、いまでは  動かせない作品なのですが、 詩作していたときには、確かに そこで手が止まったのは、事実です。 >うまれつき ふたごの人間だけが ふたごじゃ 思う考えは 気のせいかもしれんぞ 人間には だれしも多面性があるものですよねぇ。 情感を醸し出していると言っていただけて嬉しいです。ありがとうございます・ ●仲程 様 >お、ボタンみたいなもんができとった。押してまうな。 まじっすか。まだ その機能が機動してないときに 噂で、パラメーターになると聞いたときは、えー戸惑うすけどお。って 思ってました。わたしも 試してみよっと、おもしろいんかなあ。あたらしい機能て どきどきですねぇ。 ●左部右人 様    >ねぇちやんが なにか 今日も わしに手紙を書いている 相変わらず支離熱烈な手紙なんで 気の毒だ。悲しまんでほしい。 まあ そこに 注目してくださいましたか。 この詩を書いて以来 ある種の詩を書かなくなったという事実もあるにはありますです。 だから、その箇所は わたしには大切な文言なのでした。ありがとうございます。 ●右肩ヒサシ 様 わあ おひさしぶりです。お名前に 興奮してしまいました。しかも、とても好意的に感じてくださっていて この喜びの表現が私には見つかりません。 語り手の死者だけでなく、死んだ兄や姉、父母の情の太い綱が錯綜している様が見えました。でも実はそれは一本に繋がっていて、端が死の深い闇に消えていく……。というように 書けていたのですか?どうしよう私ったら 感動しました。広島弁にもお礼を言いたいです。広島弁、ありがとう。素晴らしいです。 ●田中修子様 私の作品は、なぜだか気力を奪うんじゃなくて 与えていることがあるんですかね。 それは、嬉しいです。ですが、 読者の方に 気色が悪すぎる。気分が悪くなった。と言われてた作品は、あるにはあるんですよ。 醜いという評のついた私の作品を もし修子さんが お読みになった場合は どのような感想をお持ちだろうかと、いじわるをしたい欲望が沸いてしまいました。ですが、花を失いたくないので 我慢します。過分なお言葉をありがとうございます。 ●穴秋一様 読みやすかったですか?味ありましたか?よかったあ。ありがとうございます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2