室内 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

室内    

 低気圧が近付いてゐる午後。  少年が鉛筆を削つてゐる。  室内に、新しい芯の匂ひが満ちる。  「隆、下りてらつしやい」  と、羊羹を切り終へた母の声が階下から聞こえる。  隆が階段を下りて行く音が段々と遠くなる。  亡くなつた姉が部屋の奥から出てきて、机に無造作に置かれた隆のランドセルを開け、物差しを引つ張り出して二、三度、刀を振るやうに物差しを上下させてから、物差しを机の上に置き、かへつて行つた。  芯の匂ひが、室内にうつすらと残つてゐる。


作成日時 2019-03-05
コメント日時 2019-03-21

室内 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 13
P V 数 : 1187.9
お気に入り数: 1
投票数   : 0
ポイント数 : 30
#酷評OK
項目全期間(2022/07/07現在)投稿後10日間
叙情性1111
前衛性11
可読性66
エンタメ22
技巧33
音韻11
構成66
総合ポイント3030
 平均値  中央値 
叙情性1.81
前衛性0.20
可読性10.5
 エンタメ0.30
技巧0.50.5
音韻0.20
構成10.5
総合53.5
閲覧指数:1187.9
2022/07/07 19時30分44秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

室内 コメントセクション

コメント数(13)
石村利勝
(2019-03-05)

二カ月ぶりに作品がかけたので人前に曝してみることにしました。 出来栄えを云々するレベルにはありませんので、忌憚なきご批評を頂けると有難いです。

0
真清水るる
(2019-03-06)

作者名を読まずに一行目から 読んで、嗚呼 良いなあと 思っていたら石村さんでした。全体の詩文への感想としては、絶句でした。 わたしは 弟を亡くしている ひとりの姉なのですが……。 弟の名前が たまたま「隆」なのですわ。絶句は、しょうがないです。いたこだと感じてしまったら感想なんてかけません。でも、わたしだけは この詩を忘れないことでしょう。

0
田中修子
(2019-03-06)

あ、イシムラさん発見。こんばんは。 「詩と散文詩と小説の違いが分からない」のですが、ショート・ストーリー風でなんかいいなあ、と思いました。これだけ短い中で情景や登場人物の背景を思い浮かべることが出来るのは、情報が圧縮されているからだろうか、とか。詩は情報を究極まで圧縮して、小説はわりと全体的にさらさらしているのかな、なんて考えさせられました。 イシムラさんの作品は、ロマンチックに見えて意外とホラーな要素がありますよね。 削りたての鉛筆のにおいが香ってくるようです。 小さいころ、いろいろ不思議なことがありました。このようなことが私にもあったのかなと、ふと、懐かしいように思います。

0
石村利勝
(2019-03-08)

るる姐さん 何で「隆」なのか、自分でも全然わからないのですが、お母さんがそう呼んでいるのが「隆」という文字込みで聞こえたので、そう書いただけなのです。 この作品世界では弟が生きていて、姉さんがあちらにいますが、視点を変えれば姉さんがこっちにいて、あっちにいる隆に会いに行ったのかもしれません。 勝手に妄想が膨らみ、るる姐さんが室内で物差しを振り下ろしているイメージが脳裏を離れません。どういうわけか、非常にしっくりと来るイメージです。

0
石村利勝
(2019-03-08)

修子さん、発見されました。こんにちは。 ご感想有難うございます。小生の作品にコメント貰ったのは随分久しぶりのような気がしますので、嬉しかったです。 「ふしぎなこと」は、我々が日々気付かない振りをしているだけで、いつでも起きていると思います。 そういうものを詩で突き付けるのが好きです。人生は書割一枚剥がせば底知れぬホラーですから(笑)

0
右肩ヒサシ
(2019-03-10)

ishimuratoshi58 さん、初めまして。こんにちは。 静かでいい詩ですね。 >人生は書割一枚剥がせば底知れぬホラーですから(笑) 僕も全くその通りだと思います。 書割一枚でかろうじて成り立っているのが「この世のかたち」というものですが、ときには書割に隠された部分を覗いて帰ってくる冒険が必要なのですね。  いい詩ですから、遠慮なく気になった点をいくつか。 >物差しを上下させてから、物差しを机の上に置き、 「物差し」は1回でよくないですか? >芯の匂ひが、室内にうつすらと残つてゐる。 「うつすらと」という散文的な定型が全体の美質を損なっていると思います。 それから、作者のコメントは現代仮名遣いですから、作品をあえて歴史的仮名遣いにするのはあざといかな、と思いました。でも、この詩の歴史的仮名遣いは正確なものでした(上から目線のようですが、よくみる不正確な仮名遣いには引っかかりを感じていましたので)。

0
石村利勝
(2019-03-11)

 右肩ヒサシ様、ご高覧並びに懇切な批評を有難うございます。  また、精確なご指摘を頂いたことにも感謝致します。 >「物差し」は1回でよくないですか?  仰る通りです。投稿後に気付き、手稿は既に修正しました。 >「うつすらと」という散文的な定型が全体の美質を損なっている  これも全くその通り。拙いの一言です。  省ければよいのでしょうが、「うつすらと」がないと作品の完結感がない。ではその言葉の代わりに何を置こうかと考え始めれば詩が理屈に堕し、作品そのものが詩として死にます。この行よりもずっと前のどこかで、言葉の行く先の選び方を間違えていたのだと思います。推敲、書き直しは失敗作の上に死物を重ねるだけですから、これはこのまま失敗作として受け容れるのみです。  仮名遣いへのご感想について。そういう印象を持たれることは無理からぬことと思いますが、私にとってはコメントで現代仮名遣いを使う方が実は不自然で「あざとい」行為です。詳しくは、以前にも同様のご質問を受けてお答えしていますので、もしご関心があればそちらをご一読頂ければと思います。(拙作 https://www.breview.org/keijiban/?id=2783 のコメント欄に、該当する記述があります。)

0
ほば
(2019-03-11)

>低気圧が近付いてゐる午後。  少年が鉛筆を削つてゐる。  室内に、新しい芯の匂ひが満ちる。 この三行は説明でもなく事実の描写でもなく、書き手のイメージを言葉で世界をつくるように記されてみえます。ここにこれから起きることの予感を感じて、また最初に戻り読み返して次を読みました。 亡くなった姉があらわれ、その挙動がかかれますがそれが具体的に弟に何か影響を与えるようなことが書かれているわけではないのに、ぼくたちが認識していないだけで日常にはそんなことが起きている。芯の匂ひ、が細くでも確かにそれらを繋いでいると感じいりました。色々と書きましたが、詩がここにあると数日間、初めて読んでから悶々としながら、ようやく拙いですがコメントが書けました。

0
石村利勝
(2019-03-12)

 帆場さん、コメント有難うございます。  私もよくやるんで自戒を籠めて言うのですが、読んだはじからペロペロっと書かれた感想や批評や解説というのは、褒め言葉であっても書き手にはあんまり嬉しいもんじゃないですよね。  一読して言葉にし難い何かを覚え、それでも何か言葉にせずにはいられず――という自問の末に書かれた感想を貰うというのは、書き手にとっては最高の栄誉でしょう。自分の作品が自分ではない誰かの人生の時間の中に間違いなく存在した、という証ですから。  今回はそのようなご感想を拙作に頂いたものと勝手に受け取らせて頂き(笑)重ねて感謝申し上げます。励みに致します。

0
右肩ヒサシ
(2019-03-12)

ishimuratoshi58さん、また失礼します。 リンク先、拝読致しました。あのようにきちんとした考えを持たれて書かれているのならば、皮肉でも何でもなく僕が申し上げるようなことはありません。歴史的仮名遣いそのもの成り立ちが非常に曖昧なこと。語義や文法が後付けの便法であること。にも関わらず、それらが動かしがたい正しさとして振る舞うことへの疑問は、僕も同じように感じています。 ただちょっと考えが違うところは、個人の着想やフィーリングがそれらへ同等に対置されうるかというと、それもなんだかなぁ、と思ってしまっている点です。言葉は借り物。自分の癖のついた刀を持って戦うより、そこらに落ちている棒きれや鉄パイプみたいな言葉をひっつかんで飛び出していく、そんなのが僕の好むスタイルのようです。 見当違いのことを申し上げているようなら、失礼しました。

0
石村利勝
(2019-03-13)

 右肩さん、わざわざリンク先まできちんと目を通して下さり有難うございます。  文藝の世界はフリースタイル、フリールールの競技場。それぞれが己の信じるスタイルと磨き抜いた技で作品を世に問えばいいわけですから、お互いこれと決めた道を行きましょう。結果として面白い作品が出来上がれば、何だっていいんです(笑)

0
蔀 県
(2019-03-21)

直接に詩の感想ではなくて恐縮ですが、石村さんの詩文から醸しだされる抒情というのか雰囲気というのかが本当に好きで、今回もとっぷり浸りながら読ませていただきました。恥ずかしげもなく言わせていただくと、ファンです笑

0
石村利勝
(2019-03-21)

 蔀 県様、ご高覧並びに過分のお言葉、有難うございます。  こういうお言葉を頂戴すると天高く舞い上がってしまう単細胞なので、天高く舞い上がることにします(笑)  評価や選考の対象としてではなく、純粋に読むために読んで下さる方がいらっしゃるというのは何よりの励みになります。お言葉に重ねて感謝致します。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1