貧乳が添えられている * - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

貧乳が添えられている *    

あんなにかなしく寝たあとに 薄暗がった気持ちで瞼をあけると あばら浮く貧乳の女がベッド脇に添えられていて 触りもせずに 泣きたくなった あまりに幼い見た目だが 幼形成熟 これで成人なのだ もう育つことはない 姿はまんま子供でしかないのに 恥ずかしさだけは大人になって 口を固く閉めながら僕のために添えられている 直立不動で 少ししかない陰毛がなびくことなく生え下がっている しゃぶりつきたい 水が流れるよう 無限への真理を秘めている乳房から 白銀の孤を描く腰を巡って かわいらしく膨らんだ臀部まで そうしてこの女に声をあげさせたい 僕によって嬌声をあげさせたい だけど届かない 僕は首だけでころりとベッドにころがっている そして君には胸が無い いや小さくてもあるにはある、そうあるんだ だけど殆どの人にとってそれは無いに等しく そして僕には手も無く足も無く性器もなにも無く 有るのは弱弱しくふるえる眼ぐらいだ 欠け者同士がひとつ部屋の中 視姦されていると思っているのだろう 女の顔はみるみる赤くなっていくが それは視線を送る僕の気持ちが こんなにぐちゃぐちゃなのを知らないからだ 襲ってくださいと言わされているかのように なにも纏わない女を 押し倒して 吸って貪って 好きなようにして 孕ませる そんなこともできないまま 窓も無いこの部屋の空気は淀むばかりだ 目の前の貧乳は遥かすぎるほど遠くにあって 女の子宮はいつまでも空なまま 母となりお乳が張れば 部屋の外へと出られるのだろうに この僕への供物である限り それは叶わぬまま ベッド脇へ添えられる呪縛が 永遠に続く 一本だけの蛍光灯が青白い光を発して 貧乳のアンダーにとても僅かな影をつくる それがあまりに美しくて かなしさがぶりかえしてくる 女は羞恥のあまり失禁してしまった アンモニア臭が窮屈なこの部屋に充ちる 星の宿る瞳が 涙を噛み殺している 隅に埃が溜まる部屋で ピンクの乳首だけがまぶしい あまりにもかなしくて また眠ることもできずに 僕は貧乳を見つめるしかない


作成日時 2018-12-17
コメント日時 2019-01-04

貧乳が添えられている * ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 8
P V 数 : 544.9
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
#酷評OK
項目全期間(2021/04/17現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:544.9
2021/04/17 22時52分19秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

貧乳が添えられている * コメントセクション

コメント数(8)
渡辺八畳
(2018-12-17)

酷評受付中です。 詳しくはこちら ↓ https://www.breview.org/keijiban/?id=2761

0
maru
(2018-12-17)

猟奇的な悲しみとエロスが 失意と寂しさの表現から織られているような 女の性への在り方の虚しさの心に共感していながら ベッドの側に置いたり犯したいという、男性の自らの欲望への恥という自覚という感受性でもって 性の欲望の現場にあるかなしい自己矛盾を訴えているとも、欲望への自己弁護的欲求のシーンとも 色々、感じました。

0
渡辺八畳
(2018-12-18)

maruさん 「オナニーはファンタジー、童貞は文学」と、これは常々私が冗談半分で言っていることだが、つまり半分は本気なのです。肥大化する一方の性衝動とそれが叶えられぬことによる辛さ悲しさ。否、性行為だけが童貞にまつわる事象ではない。童貞の辛さとはつまり共鳴することのできる相手がいない孤独の辛さ。どこまでも仮想でしかない相手に対しどこまでも大きく強く思わざるを得ない辛さ。 なので童貞とは肉体の条件よりも精神的な観点にこそ判別の由来があるべきなのです。

0
maru
(2018-12-18)

異性がどこまでも脳内的な存在で、現実的な経験に根差した人間的関係ではないから ファンタジー的な存在になっているから 大きくなったり魅力的になったりあれこれ、どこまでいっても妄想であり妄想だとわかっていながら現実性へとジャンプできない無念と開き直れない精神薄弱 それを言えば「キモーイ」と言われるかもしれない...などという被害妄想。まず自らを性的弱者だと自己規定しているところから始まっている時点で紛れもなく童貞は文学、文学故に基本的に妄想 文章のなかの存在ならいいけど自分がまさにそうなってしまったら、自分は漫画のキャラじゃないのに、漫画の中の童貞みたいに童貞というピエロを演じはじめるわけです。まあ、俺は童貞だぞ!と開き直って自己嫌悪してもない人は童貞だとしても、童貞臭くはないわけで 女性はそういう、精神的に余裕があるかないかできっぱりと男性を判断してノーかイエスかやるわけでね それはもう理屈以前の感覚だから容赦ないわけでそういうものに抗おうとして 強く思わざるをえないとなるという 大きく強く出る対象も結局は自分の脳内の女性像に対してだから倒せないし満足しないし勝てないし負けない虚無 だって、童貞なんてただの無意味な悪口だもの。僕も、童貞は精神的な観点だと思います。強く生きてほしい。

0
渡辺八畳
(2018-12-18)

一応肉体的には童貞じゃないからね。でもそれを書いてしまう時点で精神的に童貞なんよね。

0
オオサカダニケ
(2019-01-03)

なぜ11月分の選評を出さなかった? 出せなかったな。自分に嘘はつけない、けど俺の「目的地」を選びたくはない。ドンマイだな。毎月オレは投稿して永遠に選評出せなくしたるわ。悔しいよなあw

0
渡辺八畳
(2019-01-04)

自意識過剰だなぁ。あんたが投稿始める前から俺はキュレーションはあまりやってねぇんだ。忙しいしのよ。3月には人生初の引越ししなきゃいけないし、そうでなくても選評はほかの人に任せて俺はビーレビの管理や改良に力を注ぎたい。

0
渡辺八畳
(2019-01-04)

あと俺がキュレーションした作者はビーレビからいなくなりがちだから、なんか躊躇われる

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1