余呉 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

眠い人

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

余呉    

 僕は何か不吉なものに身体の奥を揺さぶられたと思った。が、そうではない。湖畔の草むらから大きな鴉が飛び立った、ただその音を聞いたのだ。  吉村の前世は鴉だ。正確に言えば、そういう確信に満ちた自己認識が、彼という人間の中心を形作っている。彼は何も語らない。しかし、僕は偶々そのことを知っている。  だから、吉村が鴉の飛び立った草むらの方へ、不意にほっそりとした首を曲げ、食い散らかされた生き物の死骸を探そうとした、その衝動をよく理解することができた。  水面に落とした墨汁の一滴が、雫の形から解放されて水に広がっていこうとする衝動。リボンがほどけるような穏やかな拡散。その様態こそが、殊に明るい死への誘惑である。存在しない、という意味において、前世は来世と同じだ。吉村が過去を確認することは、未来に爪を立てることである。柔らかい爪、色を失う直前の薄い薔薇色。人は必ず死ぬ。死んでみたいと思う。  余呉の湖は、鴉の翼から散らばって落ちる夜の羽根で、水面にうねる小波の隙間を埋めようとする、徐々に。  「だが、そうなる前に」と吉村は言って僕を見つめた。「一日の昂ぶりはまだ当分消えることはない。余呉の水は光の粉末を溶かし込んでいるから。末期の暗さがよほど祓われている。」嘘ではない。湖の周りの稲田も、葦の群生も、自ら輝いて明るい。  彼は短い驟雨を何度か潜り抜け、賤ヶ岳の起伏を越えてここまで来た。自分の魂を肉体に運ばせる作業に伴う快楽。吉村の前髪は濡れていた。額から鼻先へ雫がこぼれている。  土地への愛情ではない。刹那的な快感原則が、彼の肉と魂に羽根を与え、ここまで羽ばたかせたのだった。  湖面から、この日の最後へ迫る輝き。静かに迫る。束の間、舌が痺れるほど甘い。彼に、吉村に舌を吸われる女性が、口中に感じるであろうものが、それだ。紫がかった叢の包む、赤い腐肉が醸し出す甘みにも等しい。かつて生きて目を見開いていたものの、それ。眩しい甘さ。  湖岸の道は草を分けて伸び、歩けば先々を精霊飛蝗が跳ぶ。ためらいなく飛ぶ。僕らの前を過ぎり、足下から逃げるように跳ね、逆にこちらへ向かってくるものもある。薄暮に透き通る緑の個体。腹に消化官が透け、食われた草の色がだんだん研ぎ澄まされてくるのも見える。  湖畔の、実りかかった稲田と、続く畦の茅の群生が、跳ねるもの、飛ぶものたちを抱えている。この時、この場所の金色。交じる緑。  さらに、その全体を法則性が抱えている。  「すべての法則は脆弱だ。脆く、とてもはかない。」吉村、お前はそういうが、吉村、それは主観だよ。脆いのはお前で、はかないというのはお前の感傷だ。  存在は法則に先行して少しも揺るがない、すべての法則は存在の様態の一面に過ぎないから。余呉も。  そう答えかけると、白い風が湖から渦を巻く。吹き出した風に巻かれ、幾重も巻かれ、吉村の身体が細かく震えだし、やがてスニーカーの足が地上を離れ始めた。  吉村は、このまま高い場所、遠い場所へと飛ぶ。飛ぶのかどうか。いや、飛ぶだろう。  俯瞰するなら、家々の屋根。西岸の田畑。その畦道に僕がいる。さらに上って低層の層雲、高層の巻雲、余呉の湖は一枚の短冊、南方へ展く古戦場。北国街道、琵琶湖北岸塩津の街道、下って長浜、彦根に草津。大津辺りの八景、水の近江。  地球という球体。描かれた地理も地質の造型も、やがて遠く青く潤み、研ぎ澄まされ、刺すような輝きに。  だが、吉村は実際まだ眼前にわずかに浮くままだ。余呉の地誌の圏内に一メートルほど浮遊したまま、僕を見下ろしている。  大きな黒目。冷然と見下ろしている、と僕の主観は彼を描写する。  暗い浮草が水面でびるびると小さな葉を震わせた。震わせる。  吉村、吉村。ここは何処だ。今世は何処にあるのか。


作成日時 2018-11-18
コメント日時 2018-12-31

余呉 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 5
P V 数 : 351.9
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/06/02現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:351.9
2020/06/02 07時49分45秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

余呉 コメントセクション


コメント数(5)
右肩ヒサシ (2018-11-18):

*「B-REVIEW杯」不参加作品 いつもお世話になっています。あまり他の方にコメントができなくてすみません。 今回から「B-REVIEW杯」は不参加という形にさせて下さい。長くやっているというだけのことで、一部の方に気を使わせてしまっているような気がして申し訳ないからです。 頑張って書いたつもりですし、書いているときはとても楽しかったのですが、まったくダメな気もします。自分の書くものは自分にはわからないですね。

0
渡辺八畳 (2018-11-18):

どうもです。 次回からは題名に「※」や「杯不参加」など目印を入れてもらえると助かります。 というのはアーカイブ編集の際に題名からすぐ不参加作品とわかるようにする為です。基本本文は開かずに編集をするので、今回のようコメントにしか不参加の目印がないと抜けてしまう可能性が高いからです。よろしくお願いします。

0
まりも (2018-12-14):

余呉の湖、芭蕉、蕪村・・・過ぎ去った者たちへの感傷に誘われつつ、水墨画のような背景の中で、「吉村」と「僕」は、腐肉を漁る鴉=死神(的な存在)に魂を吸い取られるような官能の(タナトスを充たされるような)口づけを交わしている、という情景が展開されているように思いましたが・・・エロスとタナトスの溶融、というような方向性というか意図は、あまり感じられず。滅びへの志向が強いのか。 後半、情より理が勝った会話に移行するのは、精神が肉体から離れかけているようなイメージなのか・・・。肉体からの分離を暗示するような飛翔体験への夢想シーンが、唐突に現れる印象も受けました。前段が丁寧に助走を持つような描写であるので、なおさらそう感じたのかもしれません。

0
AB (2018-12-25):

いいですね、うまいなぁ と 堪能しました。

0
右肩ヒサシ (2018-12-31):

返信、遅くなり申し訳ありません。 渡辺さん、ご迷惑をお掛けしました。次から気をつけます。 まりもさん、いつもご丁寧にありがとうございます。僕は自分のいない場所が死後だと思います。主体がある限り死というものはありません。生きている人が「死ぬ」とは生の最後の営みの一部なので、生者の語る「死」は生々しいものにならざるを得ないようです。生きる者の見る死は、過去の投影としての未来に過ぎない、ということを他人になった自分を通して自分に語ったのがこの作品だと僕は思っています。違うかもしれませんが。 中程さん。ありがとうございます。奇特な方ですねw

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1