作品投稿掲示板 - B-REVIEW
お知らせ

選評 詩についての詩は、一生に一つ書けば良いじゃないか   

作成日時 2018-10-08
コメント日時 2018-10-14

9月投稿の全作品、拝読しました。 大賞への推挙 声 黒髪 「家」とどちらを推すか迷いました。 本作品は、一つの精神が世界と繋がりを持つためには、最初にどうしても愛がなければない 、という事実を愚直なまでに水平の視線で見つめている。 詩作において一つの視線を獲得することは、1人の詩人の誕生に等しく、それをやり抜くことは詩人としていきることそのものに等しい。 そうした書き方で書かれた言葉が、破綻を伴うレトリックを纏うときの輝きが私は好きです。破滅に向かう美、と観賞する私には見える。だが作者は生きようと進む。 この作品がそうだと思う。 優良 家 湯煙り 冒頭の「確かに」が複雑に精妙に作用してゆく。どこまでが確かなのか?だが最終行の扉が締まる音は確かに現実のものとして私の耳に響く。 殺させてくれたのに 渡辺八畳 本当は作者は殺人犯であり、証拠がないというのは幻覚で、まだ逮捕されてないだけ。と解釈して読みました。 そう読むと作者が怖い。また作者の幻覚が怖い。その怖さはよく感受され、その点で高品質だと思う。ただ動機は共有されない。その点でスッキリしない。 動物図鑑 穴秋一 言葉の展開が大変面白く、よく出来ていると思う。 ただ、記憶してしまうほどは流れよく来ない。 推薦 母よ 向日葵 立ち止まらせる強さがあると思いました。 印象に残ります。核になるオリジナルなフレーズがあると、この強さは壊れるかもしれないが、私はそこが欲しく感じました。 友達  闇と雨を友達とする感覚。 それはもしかしたら、死を友達とすることなのかもしれません。 一つの詩的証言として、貴重だと思いました。 銀河鉄道バステト号の夜 植草四郎 ちくわが良いです。 言葉もイメージも綺麗に流れ、楽しんで拝読しました。これは何も欠けていないと思う。 一年たったら、逆にこれしか覚えていないのかも。 しかし今は、私のココロへの響きの重さで、推薦に評価しました。 以上です。



コメント数(6)
蛾兆ボルカ (2018-10-08):

訂正します。 黒髪作品へ × がなければない ○が無ければならない 友達 作者名 羽田恭 が抜けました。 失礼しました。 

羽田恭 (2018-10-09):

推薦に自分の作品が! ありがとうございます! 大雨の一昼夜、山道を延々と歩き続けてた経験を詩にしました。 限界を普通に超えていたので、死を友達にしていたと言われたらそうかもしれません。 他にこういう詩を書く人は見たことがないので、確かに貴重かも。

う ら み (2018-10-09):

ボルカさんの選評を読みたかったのは私だけではないと思う。ボルカさんは選評という言葉が嫌いな人だと思う。誰も信じてくれないだろうけれど三浦も選評が嫌いなんだ。本当は。だからわかる。選評が嫌いだという人は少なくない。でもビーレビには選評がある。たくさんの人たちが喜んだりなんちゃら談義をしている。じっとボルカさんはそれをみていた。嫌いなのになぜ三浦は大賞取るだのなんだのとお祭りの神輿に乗っかってやんややんや騒いだのか。みんなはそれをわかってくれたと思う。ボルカさんは最初からわかってたと思う。詩を選評する全ての仕組みを無意味にしてしまいたかったということを。 この詩が好きだということ。誰が何と言おうと私はこの詩が好きですと不器用だけど言いたい気持ち。一生のうち一回、詩が好きの気持ちを上手に説明出来ればそれで良しとしよう。 とりとめのない散文コメントになってしまいましたが、ボルカさんありがとうございます。

蛾兆ボルカ (2018-10-10):

羽田さん、三浦さん、こちらこそ作品を読ませて頂き、また交流の場をご提供頂きありがとうございました。 三浦さん 誤解があるようですから、以下で少し、それを解こうと私なりに務めてみます。

蛾兆ボルカ (2018-10-10):

三浦さん 私はこの場で最も有益な文芸理論は、「限界芸術論」だと思っています。 その帰着する方法論は、ラスチ人協会、農民芸術要綱概論、ブレーメンの音楽隊等で賢治が示した理想的な合評であり、なるほど選考ではありません。 また、限界芸術論がこれまでの歴史的史な成果としたのは、農民の鼻歌の中に現れる、無名の天才の作歌を、作者不詳の民謡にまで高めたことであり、今後見込まれる成果は千年に1人の天才を召還する、千年の宴の実践です。 それも選評によってはなされません。 伝わったかどうかは知らないけど、私はあなたに繰り返しそう語りました。 しかしそれは私の勝手な考えですし、選評を嫌いだとか思ってないですよ。 選評は選評で、するのもされるのも全然嫌ではないです。 むしろどうして嫌なのか理解できません。 そういう私をあなたがどう理解するかはあなたの自由です。 でも私の気持ちはそうです。

渡辺八畳@祝儀敷 (2018-10-14):

ビーレビでこの類の詩はウケないだろうなと思っていたが意外にも優良までいただけてありがたい

投稿作品数: 1