今月のおしらせ(おもにキュレーションに関して)※必読 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

今月のおしらせ(おもにキュレーションに関して)※必読    

どうもどうも祝儀敷です。新運営にたぶんなります。今色々引継ぎやっています。 いままで花緒さんが月初めに書いていた「今月のおしらせ」をとりあえず8月は私がやります。遅くなってしまったことでキュレーションに支障がでてしまうかもしれませんがご了承ください。それに対し何らかの対応はするかもしれませんが未定。    ------以下先月からのコピペ、でも必読------ ◯前月に引き続き、今月も全員キュレーター制を継続致します。システムは前月から変わってはおりません。キュレーションに参加してくださる方は、下記の2パターンの参加からお好きな形態を選択して下さい。多数の皆様の参加により、選評・選考が盛り上がることを願っております。是非、ご参加下さい。 ①ワンポイント・キュレーション  月間1作分に限り、「選評」を書き、掲示板に投稿出来る。選ばれた作品は自動的に「推薦作」に認定される。 ②フル・キュレーション  大賞候補作1作、優良作3作、推薦作4作を目処として、「選評」を書き、掲示板に投稿できる。「選評」は前月分の投稿作品に対して、15日までに投稿すること。選ばれた作品は、自動的に「優良作」または「推薦作」に選ばれる。「選評」は推挙作品全てを揃えて、一括して投じること。フル・キュレーションに参加するためには、全作に目を通すことが必要条件。実力、実績、詩歴、スタイルは不問。 【共通キュレーションルール】 ①、②、ともに下記のルールが適用される。 ーー 「選評」は前月分の投稿作品に対して、15日までに投稿すること。遅延した場合は無効。 ーー 字数は3,000字を超過しても良い。 ーー 「選評」を掲示板に投稿する場合、選評は月間2作の投稿作数に、「含めない」。 ーー 作品名のみを書いて投じる行為は不可。 ーー 投稿時、タイトルに<選評>などと記入することで、選評投稿であることが一目瞭然であるようにすること。 ----------------------------- 上記に加え2点 ① ワンポイント・キュレーションでありながら優良や大賞へ推薦しても、それは強制的に推薦作へのキュレーションとみなされます。注意されたし。 ② 選評を書く際にその対象の作品が何月何日に投稿されたものかも記してもらえると、アーカイブ編集をする際にとても助かるので協力してほしい。 それでは今後とも熱い選評をお待ちしております。


作成日時 2018-08-07
コメント日時 2018-08-15

今月のおしらせ(おもにキュレーションに関して)※必読 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 8
P V 数 : 213.1
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/07/09現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:213.1
2020/07/09 21時20分51秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

今月のおしらせ(おもにキュレーションに関して)※必読 コメントセクション


コメント数(8)
渡辺八畳 (2018-08-07):

ビーレビDJ age太郎

0
渡辺八畳 (2018-08-07):

nice age (YMO)

0
渡辺八畳 (2018-08-08):

揚げ

0
澤あづさ (2018-08-09):

渡辺さんお疲れ様です。すでにツイッターで質問させていただき、ご回答をいただいた選評投稿の形式について、考えが変わり結論を出しましたので、改めてその件を報告させてください。 まず先日の話を詳述します。選評には字数制限が設けられていませんが、あまりに長大な投稿は、掲示板の(特にスマホでの)一覧性や操作性をはなはだ悪くし、迷惑になるとわたしは危惧しています。たとえばいまわたしが執筆に挑戦している7月選評は、大賞候補作の選評だけで1600字を超えます(※ちなみにこのコメントの字数が約1600字です)ので、8作分の選評をまとめれば一万字を超える可能性があります。そんなものがこの掲示板に全文表示されていたら、多くの読者がページ自体の閲覧を放棄することでしょう。 率直に言って、B-REVIEWの掲示板のサイト構築は、わたしの知るウェブの常識に基づくと拙いものです。スマホでは、長文を折りたためず抜粋表示への変更もできず、スクロールが煩雑でスレッドを見逃しやすく、viewport設定がないため横画面での表示が非常に読みにくい。一覧性(ページ内の全容の把握しやすさ)はPCですら芳しくありません。ただでも悪いその一覧性を、長大な記事の投稿が、致命的なものにすると危惧しています。 *** それで先日わたしが考えた「自分の選評投稿を迷惑にしないための対策」が、先日質問させていただいた下記三種でした。 ①選評を分割して投稿する。(選出結果はすべての記事に記載する) ②投稿記事には選出結果と総評等のみを書き、個別作品の選評は、折りたたみの可能なコメント欄に記載する。 ③投稿記事には選出結果と総評等のみを書き、個別作品の選評は外部に用意して、投稿記事内のURLで誘導する。 ①には「多数の投稿が他者の投稿を下げ続ける」という致命的な欠陥があり、「一万字を超えるような長大な記事は、分割したところで結局長大」という根本的な問題もあり、問題をより深刻化させるでしょう。 ③は、書く側としては慣れた環境で好きな形式を使えるので楽ですし、B-REVIEWにもリンクジュースの利益があると思いますが、その外部記事が絶対に消去されないという保証がないため、信用の面で問題があると考えます。 それで②が最も適切な手段であろうと、先日の時点では考えていました。 *** しかし、既存の選評を参照(新運営の尽力によりアーカイブが整備されたので、この参照が可能になりました)すると、どなたの選評も実に簡潔です。キュレーター各位が「すでに当該作品のコメント欄で評価の前提を説明し終えている」ので、それと重複する内容を選評に記載する必要がないのだろうと思います。 選出にも批評にも根拠は必要で、わたしの場合は読解を根拠にすることが多いので、どうしても話が長くなります。その長大な読解は、選評より選出作品そのもののコメント欄に書くほうが、閲覧される蓋然性も上がり、よほど望ましいのではないかと考えはじめました。 8月上旬の投稿が盛んな時期に、7月の作品を選評のためのコメントで上げ続けるのは、現場の投稿意欲を削ぐかもしれないと不安を感じていましたが、現運営の三浦さんから「前月分の投稿作品には、トップページに上げずにコメントすることが可能」とご案内をいただきました。今回はこの手段を試行する所存です。 *** 以上、「わたしの問題は解決したので、わたししか書かない蓋然性の高い長大な選評について、特別のご配慮をいただく必要はない」ということを報告しました。サイト構築に関する私見は、新運営が改造に着手なさる際に、ご検討いただければと思います。 また先述③の外部キュレーションに関しては、先述の通りの利便や利益があることから、選評とは別に催される意義があると感じています。このこともなにかの機会に、新運営にご検討いただければ幸いです。

0
渡辺八畳 (2018-08-09):

澤あづささん 事務的な事柄の手続きもそろそろ完了しつつあり、順次サイトデザインの改変等に移っていくかと思います。サイトの見にくさは重々承知しております。たとえば澤氏のコメントはビーレビの細いコメント画面では全文読むのは辛く、メモ帳にコピペしてそれを読んでいました。 これから大きく変えていきたいなと思っています。そこで、運営に参画せずともサイトデザインに関しては是非澤さんがアドバイザーに立ってほしいなと個人的には思っています。というのは改変案は諸々あるにしてもそれがプログラムをどう書けば成せるかは運営者の誰もが疎いんですね。構築する際はプロのSEに頼むとしても、アイデアそのまま伝えるか一度プログラムへの翻訳をしてから伝えるかでは違うと思います。プログラムでなにができるかの感覚は澤さんが最も持っているでしょう。 ゲームプランナーの宮本茂氏が「ピクミン」というゲームを作る際に「ピクミン(使い魔みたいなもの)はそれぞれ自由に動くようにする」と言うが「そんな難しいことさせるのは無理です」とエンジニアに返されてしまった。しかし少し考えたあとに「マップ上に格子状のとても細かいルートを張り巡らせピクミンはプレイヤーの命令が最も良い形で遂行できるようにそのルール上を移動していく」と言い直したところ「それならできます」となった。っている逸話があります。宮本茂がやったような翻訳を是非澤さんにやってもらいたいなと。

0
澤あづさ (2018-08-10):

ご返信ありがとうございます。私生活の事情で責任ある立場には就けないのですが、技術に限った一時的なお手伝い程度はできると思います。phpどころかJSも書けないので、プログラムは組めませんが。。。 この返信を書く前にサイト内要所のソースとレスポンシブを確認したところ、アーカイブのtableに関するclass設定が、無駄としか言いようもないほど複雑になっており、かつ不適切になっています。なぜこうなっているのか不思議でしかたないので、内部(入力の現場)を見せていただきたい気持ちになりました。入力がどうなされているのかわからないまま、外部CSSがどうこう言っても無益だからです。 9月まで私生活が多忙なのですが、システムのことは現運営からしかお話を伺えないので、お手伝いするなら可能な限り早い時期から内部を見せていただきたいと思います。よろしくご検討くださいませ。

0
藤 一紀 (2018-08-15):

確認ですが、15日までというのは15日も期限内ということでよかったですか?

0
渡辺八畳 (2018-08-15):

そうですね、15日の23:59までが期限です

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1