誰にも真似できないように - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


誰にも真似できないように    

一、念仏坂で振り返ると、―― ――、君の名は。で句読点が打たれて、、、 そこで終わる映像―― 、、――、、 これが神対応――、―― 、――、、、―――、――、、漣、 流れるスタッフロールに巻かれるようにして 僕らは炎上する! 氵、、――ラ、ラ、ラ、ラブソングが流れ、 辶、、、――ない、――だ、――ない、、 車、、――くるまる、――車麩―― 、車輪の、ような――文字へ、―― ――彼女は左足、――に爆弾を抱えていた、 さんま、君の名は――を見ていた、すると、 燃え尽きることが、――できたのか、と、 ――ラブソ、ング、――速報―― ―――――、―――浅田真央、――、引退、 す、――るの、か ――と、言葉よ、虎よ、虎よ――、 そして、氷上に、――落ちてくる、 プーさん、それ羽生やん、、――、 ――トゥーサン、 僕はほのを――、を表現、――しない ――ラスト、ラスト、ラブ、―― そういう、――lostが、――last、――rust ――、するスケート⛸靴 、、、――、、―― もはや大空襲さえ逃さない眼光が スリラー、、――のように昇天する、世界。


作成日時 2017-04-10
コメント日時 2017-05-07

誰にも真似できないように ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 11
P V 数 : 247.4
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/03/31現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:247.4
2020/03/31 04時40分16秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

誰にも真似できないように コメントセクション


コメント数(11)
花緒 (2017-04-11):

なにこれ・・・。色々な意味で誰にも真似できない。よくわからんが、初読の段階でコメント入れたくなった。トゥーサン?ジャン=フィリップ=トゥーサン?ふざけ方が似ているような似てないような。

0
みうら (2017-04-11):

嗤っていいのでしょう。スケート靴を履いた少女が氷上をバックステップする。そのことがそもそもおかしなこと。そもそも嗤っていいのでしょう。昇天とは笑点。ダザイの人間失格。あれを読んで笑ってしまう。そのどこがおかしいのでしょう。ダザイはそれを望んでいたというのに。誰にも真似できないような演技。誰にも真似できないような曲芸。涙の秘話は無用。体を張った芸人なのだから。 これは返詩になっているでしょうか。。 毎度、投稿ありがとうございます。

0
もとこ (2017-04-11):

次も絵文字入りだったら、いい加減ちょっと食傷気味かなーと思っていたたのですが、そんなことはまったくの杞憂でありました。すでにkaz. さん独自のスタイルを築きつつあるように思います。そう、これを意図的にやるのは意外と難しいのです。ただ、浅田真央はどうでしょう。「時事ネタはすぐ風化するぞ!」と鳥坂先輩も言っていたし。個人的には「虎よ、虎よ」がいちばんのツボでした。

0
渡辺八畳 (2017-04-11):

こういう特殊な形式の詩は往々にして読みにくくなりがち(正直これまでビーレビに投稿されたkaz.さんの詩はそうだった)だが、この詩は読みにそういったストレスを感じることなく最後までいけた。

0
kaz. (2017-04-12):

皆さま、コメントありがとうございます。 花緒様 「何これ…」これ、いい感触です。「なんじゃこりゃ」までくると、感激なのですが。 三浦様 返詩というよりは解釈に近いかもしれませんね。かなり当たっている気がします。 もとこ様 「君の名は。」も、「浅田真央」も、「羽生くん」も、みんな時事ネタでございます。逆に時事ネタだからこそ投稿したのです。これが三年後に発掘されようものなら何を言っているのかわからなくなってしまうでしょう。私の詩は料理と言いましたが、一番旬のものを調理するのが肝心なのです。 祝儀敷様 まさに、そのことが喜びでございます。 kaz.拝

0
葛西佑也 (2017-04-12):

((((你好 kaz.~~~~~~~~~~~、 極上の手料理を太谢谢你了!!!! zzzzzzzzZ ぼくは食べた、三浦さんの育てた果実をデザートにね。 Zzzzzz 「浅田、フィギュアやめるってよ」 「君の名は、ジョンナム」 「それっておいしいの?」 劇薬注意の張り紙よう/要チェックしときぃぃぃぃ TVショーのはじまりさ あdfj;あj;d:ああ;jdか:gかkdh;いうおjがflkvkん・:あhkfgk さjふぁ;j:ぱjkgらkV_lf]@pg:skdljoiaidfjmralk:p あ;djんgヵじgじゃえじゃkrt;rlyprjkmgvlmghps「速報しゅーりょー そうだ、今度TELで話そう。きっと君とは仲良くなれる。 そんな気がする。 空前絶後のぉー。

0
まりも (2017-04-12):

映画のエンディングのクレジット(でいいんですよね、呼び名は)、昔はこんなに名前があったか?と思うのだけれど、CGが入るようになってから、なのか、関わったスタッフすべての名前を出すぞ、という意識的なことなのか、とにかく、ズラッと、物凄い数が並びますよね。しかも、すごいスピードで(可読の域を越えているのではないか、という速さで)スクロールされていく。固有名が(情報過多によって)海の波音とか風の音とか、そういった環境音のようなものに後退して、私たちを「包む」感覚になってとりまいている、そんな現代の(情報過多時代の)空間感覚・・・映画のクレジットに限らず、ツイッターでもなんでも・・・そうした現代の空間感覚の中に、なまで浸っているような印象がありました。スクリーンとか、液晶画面のこちら側で、情報空間を眺めている、ような詩は沢山あるように思うのだけれど。 空中を飛び交っている言葉を、ガーッと網を振って掴まえた、みたいな、臨場感。自分にとって意味があったり、気になったりする言葉だけが(あるいは言葉尻だけが)文字、という形を与えられ、それ以外の言葉は景観音楽に後退して背後を(地を)支えている、ような・・・空間を地とモチーフとで可視化した、というのかな、それも立体で、固定化されたもの、としてではなく・・・という印象。これを、どう呼べばよいのか、よくわからん、わからないながら・・・絵文字とかだと、読者の再現環境によって表示が変わってしまうという問題があるな、と思っていたので、これなら、そこはクリアできる、面白い試みだと思いました。 感じを分解して並べるって、形成途中の文字みたいです。イメージの生成過程の可視化、とも言えそう。こんなこと思いつくやついるか?(ここにいるか。)

0
まりも (2017-04-12):

感じを分解して→漢字。 勢いで打ち込んでいるので、訂正が多い、です、すみません。

0
kaz. (2017-04-12):

葛西様、是非電話しましょう! その、言語外のようなもので語り合えたらいいですね。そんなことを思いました。 まりも様。 漢字を分解して並べること自体、すでに色々な人がやっておりますが、例えばアルファベットを分解して並べるというようなことはカミングスがやっていますし、それの系列と捉えてもらえたらと思っています。ちなみに、君の名は。の最後は、念仏坂ではなく(さんまは念仏坂と間違えて覚えていたのですが)、四ツ谷の須賀神社前階段です。東京に行かれる方がいたら、是非とも行ってみましょう。詩の聖地巡礼ができたら嬉しいですね。

0
百均@B-REVIEW ON/ (2017-05-04):

 面白いなぁ、時事ネタ綺麗にぶっこんで成立させてるという点で面白い。  「ー」がアイススケートの軌跡ようでもあるし、途切れとぎれに聞こえる音声のラグそのものでもあるようだし、砂嵐っぽい感じもしますね。「漣」がいい味を出してるし、その前の神対応なんか、割とギャグとして面白い飛躍とブッコミ感があり、けっこう受けるんじゃないかみたいな事を感じます。

0
kaz. (2017-05-07):

百均様、どうもありがとうございます。羽生君にしても浅田真央ちゃんにしても、誰にも真似できないスタイルを確立しているように思います。そこが、非常に優れているように思います。果たして、私の詩はどこまで行けるでしょうかね。誰にも真似できないスタイルを、どこまでつらぬけるでしょう。それは、ある種の自分への挑戦でもあります。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1