作品投稿掲示板 - B-REVIEW
重要事項
お知らせ

陽だまり   

作成日時 2018-02-07
コメント日時 2018-02-21

石が息をしていた たどたどしい手つきで タオルの上に寝かしつけて 娘が小さなふとんをかけてやる 添い寝する娘のかたわらで ゆっくり育っていく河原の石 膨らんでいく石の腹に 記されている火の記憶 幾重にも刻まれた傷痕 内から開かれるにつれ こぼれ落ちていく文字 指先で触れるたびに 私の芯で沸騰するものがある 息でぬくめられた小石 じっとみつめていると しだいに溶けて丸く窓が開いて 引きこまれていく脈動する闇 くらやみの中で星が ひとつまたひとつ 生まれ耀く瞬間を見る 耳の中で息が膨らんでは閉じ 娘の匂いがくびすじをすべり つなぐ手をのばそうとしても 私のからだの見つからぬ安息 カーテンのふくらみから 降りてきた光の中で 娘が静かに目を開き 石をタオルにくるみこんで タンスの引き出しにしまう 眠りから解き放たれた文字が 光の中を浮遊している                ※芦野夕狩さんの「letters」に寄せて


項目全期間(2019/12/12現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:151.9
2019/12/12 08時47分49秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。



コメント数(8)
花緒 (2018-02-18):

なんとなく、造形しようとする力が勝ちすぎている気がする。芦野夕狩さんの作品にあった、文字の柔らかな繋ぎがここにはないような気がしてしまう。わたしの戯言として聞いていただきたく。

まりも (2018-02-19):

叙述性、一義性、散文性を高めていけば、可読性は高まりますが、冗漫さや散漫さが目立ってきますね。そこを補うのが文体のリズムや言葉の調べ、全体の構成や連による場面の切り替え・・・等ではないかと思います。芦野さんの作品は、私には若干、冗漫に過ぎる部分があるようにも感じましたが、全体に非常によく構成されていて、エモーションに訴えてくるものがあったと思います。 短歌的な抒情と俳句的な叙景、という言い方をするなら、私の作は俳句的な要素がより強いかもしれません。 改行や切り替えによる飛躍や、象徴性を意図した多義性、情に流され過ぎないようにあえて切っていく切断など、俳句的な手法を意識してはいますが・・・ 詩集に入れた作品の中では、意味がよくわからない/宇宙的な深度がある、と賛否が別れたものでもあるので、叙述を切り詰めすぎていると感じる方も、たくさんおられると思います。

アラメルモ (2018-02-19):

微睡みの中の幻想。石と文字の関係をどのように捉えるのか。これによって読み手の感想も分かれてくるような気もいたします。 石に刻まれた記憶。絵文字から発展した象形文字も、その単語との結びつきによって表記をも意味してきます。 当然石も時間の経過とともに朽ちてしまう運命にある。それが息をし膨らみ続けている。石に描かれた文字の記憶。私には石が娘の子の姿そのものとして映ってきますね。残像のように。絵文字のように。

藤 一紀 (2018-02-20):

「ひと粒の砂に宇宙を見る」とは誰かが書いた言葉と思いましたが、それを思い出す作品でした。 ただ、読み通して、時間を置いて読み直すと、第一行目の、 《石が息をしていた》 これ、すごいと思います。「石」というものの象徴性の高さ云々もさりながら、それをおいても、《石が息をしていた》という言葉。 この一行を読めただけでいいや、と思えるくらいです。

くつずり ゆう (2018-02-20):

まりもさま 胸の奥底に、やわらかな重石のように優しく残る作品でした。 たとえば、「娘」のところが具体的な名前になっていたら、もっと胸に迫り来るものを感じたかもしれないです。

まりも (2018-02-21):

アラメルモさん 文字、と記したときに、言葉、ではなく、図像、形象としての「文字」を多くの人は連想するようです。 うまく言えないのですが、自然という書物、葉っぱや石という書物に記された、人間には読み取れない、しかし命あるものには、漠然と伝わるメッセージのような暗号のようなもの、音としての言葉ではなく、意味やしるし、兆候としてのなにか、のようなイメージなのですが・・・文字、という言葉の前後関係からそれを伝えられているか?と問われると、かなり不十分だなぁ、という気がします。 これからも挑戦し続けたいと思います。

まりも (2018-02-21):

藤一紀さん 芦野さんの作品へのコメントの中でも書いたのですが、石が生きている❗と、一瞬、息が止まるほど驚いたのですね。何でそう感じたのかと言えば、息をしているように見えた、という単純なことなのですが・・・息をする、体外と体内で空気を交換する、養分を取り込み、不要物を排出する・・・その営みが、命「ある」とされるものと、「ない」とされるものとを分けている。その不思議に思い至ったのでした。 分子物理学のレベルに至れば、電子のやり取りなどあるわけですし・・・運動、を生命力のひとつと見なせば、無機物と有機物の区別すら曖昧になる。命は、どこから始まり、どこで終わるのだろう、と考えながら、火山の胎内で育まれた石の一生に思いを拡大してみました。

まりも (2018-02-21):

くつずり ゆうさん 優しい印象が残ったとのこと、嬉しく拝読しました。 春の日差しのイメージ、春風のイメージ、だんだん暖かくなってきて、体も何となくゆるんでくる頃・・・のイメージで書きました。 娘の実名を出すかどうか、仮名にするかどうか・・・童話など、明らかにフィクションであるものなら、作品総体に意味を持つような象徴的な名付けや、遊び心を入れた名付けをするかもしれません。 詩歌もフィクションですが・・・事実を下敷きにしたものから、完全に空想世界で紡ぐものまで様々ですよね。 今回は、少し私小説的な、事実から得た感動をもとにした部分もあったので、仮名は用いませんでした。

投稿作品数: 1