お知らせ

静かな時に   

作成日時 2018-01-13
コメント日時 2018-01-31

連なった夜を過ごした 永遠の中の少しだけを味わったのだ 心の中は光にあふれているので 怒りを自分に課したときだって 決してごまかしたりはできなかったのだ 誰にとっても同じことだ 脳裏に焼き付いた景色の中からそう思う 極限まで高められたような時刻を発見した それは夜の手前の時間 鐘のように呼びかけている この景色は 吹きすさぶ風 白色に 立ち向かう 深い感情に囚われているばかりではない 時がやけに静かになってきている 寂こそが接点である 私と人と自然とを区別しない それが純粋な感情に思える 明日への願いを呼びかける 心の感情が湧き出る いつも湧き出る そのとき 飛来した 夢のようにもやもやとした茶色い枯葉


項目全期間(2019/09/16現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:78.4
2019/09/16 05時33分30秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(5)
み う ら (2018-01-16):

怒りを自分に課すというフレーズが少しびっくりしました。自虐的ではあるのですが、作中にもある通り、純粋な感情にも思えました。なんか、黒髪さんらしい作品、というか、今作は極私的なコンセプトがある詩に思えました。

まりも (2018-01-18):

極限まで高められたような時刻を発見した それは夜の手前の時間 鐘のように呼びかけている この景色は 吹きすさぶ風 白色に 立ち向かう このフレーズが、とても良かったです。 この瞬間、を思い出して、そのプロローグとエピローグも連結させて、一つの作品にしたような印象でした。 三連に分けてみる、と、どうなるだろう。そんなことも思います。

くろかみ (2018-01-19):

三浦果実さん 返信遅くなりすみません。コメントありがとうございます。 とても好意的に受け止め、発信してくださって嬉しいです。 僕らしいといわれるのが、一番安心します。僕らしくない作品を作ったとき、それが意味のない詩になって しまっているかもしれない、というのが怖いので。でも、もしかしたら、自分の外にも広い世界があるのかも しれませんが。 怒りとの付き合い方は難しく、神と対峙しているような気持ちになります。 もっと意味が面白い詩を作っていきたいと思っています。ありがとうございました。 まりもさん 返事が遅くなり申し訳ありません。コメントありがとうございます。 現実の景色と言うものが、どういう意味を自分にもたらしているのか、こんな少ない景色の体験でも、 一体、人にも伝わるような一般性のようなものはあるのかどうか、そんなことを思ってこの詩を書きました。 七行のフレーズに注目していただき、嬉しいです。 どうも、なかなか評価されるような詩がかけず、自分でもどかしいです、少しずつ上達していければ いいのですが。 三連に分けるのは、たしかにそうしたほうがいいですね。 ありがとうございました。

百均@B-REVIEW ON/ (2018-01-31):

うーん、中々鋭い詩編で、且つ詩行だなぁ。 >心の中は光にあふれているので >怒りを自分に課したときだって >決してごまかしたりはできなかったのだ 心の中が真っ黒だとかだとあるような気がします。心の闇とは結構あると思います。でも心の中に光があって、そこに怒りを課すという展開が面白いです。自分の中の良心の方が自分の心をきつく縛っている感じですよね。良心がなければ、光がなければちゃんと怒れたのに、という感じが。 >それは夜の手前の時間 >鐘のように呼びかけている >この景色は >吹きすさぶ風 >白色に >立ち向かう >深い感情に囚われているばかりではない >時がやけに静かになってきている >寂こそが接点である ものすごく難しい。寂こそが接点である。という所ですが、どう解釈すべきだろうか。という所で僕はまだ答えが出ていません。多分波立たない水面のイメージなのかなぁと思います。でもそれは永遠ではなくて、枯葉によって、いとも簡単に崩れてしまう均衡であるのかなと思います。寂は接点なのですが、同時に永遠ではなく、揺らいでしまう接点なのだと。見つめている分にはいいのですが、それを手の内に収めようとした瞬間に崩れてしまうというような。その契機として末尾に置かれた枯葉なのかなぁと思いました。

くろかみ (2018-01-31):

百均さん 読んでいただき、コメントもありがとうございます。 心の闇と光、夜と昼、これらは、個人の意識の中で色々にかわるものでしょう。 それがなぜ普遍的なのかと言えば、視界の構造がそうだからでしょうし、人間の神経も、電気のメッセージ によって、働くからでしょう。 感情には、光と闇がない気がします。だから、怒りにも、イメージがない。 言っておられる、良心ということは、正負の両面を持っていますね。どんな心の気持ちにも、両面があります。 それを、知っていきたいとは思います。 寂っていうのは、怒りではないものです。だから、怒りの音によって、物事を変えようとしてみることと、 寂の接点を持って、人に触れることは、二つのそれぞれのやり方だと思います。 後付けを色々と作者の僕自身も考えてしまうのですが、枯葉については、俳句的な発想で何かしようと、 せねばならないと考えて、書きました。 永遠への希求のようなものは、恐れという扱いづらいものと、一体となっているのでしょう。

投稿作品数: 1