僕は、不良じゃない - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

僕は、不良じゃない    

僕は、不良じゃない。決して武勇伝なんか、語ることはない。 6歳の時、兄弟と三人で枕投げをして、21時になっても寝ないので、母親が怒って泣き、枕投げが中止になったことに納得出来なくて、お布団に立って、しょんべんをかけて、後でお漏らしだったと嘘をついて、許された。僕は、機械じゃない。人間なんだ。納得出来る答えが得られなかったから、やった。そして、本当のことを言ってもわかってくれないと思ったから、嘘をついた。決して不良の行為じゃない。 小学校5年生の時、新しいクラスに馴染めず、初日の日に一所懸命馴染もうとして誤魔化そうとしたら、弱味をつかれて、嫌味なことを言われた。どうすればいいか分からず、そうすることしか手段が見つからなかった。気に入られなくていいと思えたら、合わせようとしなかっただろう。それで、学校生活やっていけると思ったら、そうした。それは出来ないと少なくとも、その時は計算したんだ。キチンと合理的な選択を取れる。僕は、不良じゃない。 高いところに登れずに『弱虫』と言われた。高いところに登れると思ったら、そうしただろう。僕は、高いところに登らなきゃいけない理由が見つからなかったし、高いところに登らないことを、自分で決断した。僕は、弱虫でもない。 下衆な下ネタを一緒に大声で叫ぶように、呼びかけられた。それをやることが、面白いことだと思わなかったから、拒否した。僕は、お笑いじゃない。 「学校に来るな!」 と言われたから、その通りにした。僕は、道場破りじゃない。 長男父に暴力を振るわれたから、反撃出来ずに、パソコンを壊し、警察を呼ばれて保護室に入れられ、罪に問えなかったので、おかしな人間だということにでっち上げられて、精神病院に入れられた。僕は、精神病者じゃない。 好きなファンクラブに入会して、会長に3度目の手紙を書く前に、イモ焼酎を酔っ払って、生まれて初めて幻覚が見え、そこで手紙の内容が悪くなって、送った相手に怒られ、ショックを受けて、誰にも相談出来ず、どんどん素行が悪くなっていった。イモ焼酎を飲んだのは、薬を飲まなくても、眠れない時に、眠れそうだったから。その時の手紙の内容全般については、今も申し訳なく思ってる。僕は、外に助けを求めていて、そこで音楽記事を書いて、ライターとして認められる計画を練ってたんだ。でも、その時日常生活で内心友達だと思ってなかった同級生と表向き仲良く付き合い始めていて、ヒョンなことから、彼が辛辣な態度を取り始めて、心が乱れていたんだ。長兄のことを猪突猛進の猪だと言ったら、長兄が泣いて、罪悪感も感じていた。凄く自虐的な気持ちを抱えていて、自分に否定的になっていた。だから、酷い内容になってしまった。そのことを10数年後に詫びたら、形だけでも許してくれたよ。本当にごめん、申し訳なかった。だけど僕は、病気でもないのに、病院に入られれ、飲みたくないと言っても、無理矢理家族と養護学校の先生に強制され、副反応で独特の圧迫感を感じて、苦しかったんだ。そうなることを回避する手段として、イモ焼酎に手を出した。誰もその言い分はわかってくれなかったけど、他にどうすればいいか、その時は、分からなかったんだ。僕は、不良じゃない。 他にも色々嫌な思い、迷惑をかけた人が沢山いるのは、分かってるけど、それをいちいち書いて謝ったら、恥ずかしいし、なにか訴えが来たら、ちゃんと謝る。訴えがないのに、自分から罪を自白し続けたら、字数を超えて、見苦しいだろう。僕は、悪い人間じゃない。 20歳の女の子に『友達になって』と言われ、メールをやりたいと言われたから、乗り気じゃないと返事したら、素っ気無い返事をされて、自分に落ち度があると錯覚し、後ろめたく感じて、謝ったら許されて、そのままメールをやるようになったけど、本当はどっかでずっと納得出来なくて、ずっと好意的な内容を送ってたけど、その不満がある日出て、ギネスブックに載ってる、ゴキブリが男の顔にうじゃうじゃ乗ってる顔を撮って送ったら、もうメールを止めようと言われた。僕が色々不満を抱えてることを話しても、楽しい話だけを求め続ける。それに応えても、自分の話は一切しない。好きで気になる男が出来たと言い出した日から、無視され始めた。そのあとは、面倒臭い男だと邪険にされたから、こっちも無視したら、今度はそれも気に入らなかったみたい。不満があるなら、何故言わない? 僕に直接言わず、周りに相談する。久しぶりに会うと、ケロッとした顔で笑顔で挨拶してきた。今まで不満があった人間が何故、久しぶりに会うと、笑顔で挨拶が出来るんだ。指摘しても、指摘しても、明快な反論から逃げ、ただたまに会うと、嬉しそうな顔をするだけ。最後には怒って、永遠の別れを告げたよ。もう連絡してくんなよ。僕は、女たらしじゃない。 スーパーで働く前は、事業所で作業をして、ずっと働く能力がないから、訓練が必要だと言われ続けた。スーパーでは、2年近く働いた。 「思ったよりやる」 と言われたことだって、ある。コロナで人混みで働いてる人は、ワクチンを打つ必要があるという報道に脅えて、周りに相談しても、スナックだから、関係ないと言われた。スナックよりスーパーの方が安全だという根拠を納得いく説明をしてくれる人が見つからなかったのと、ネットでワクチンで人が死んでいると紹介している情報を見て、充分な反論意見を唱える人が見つからなかったので、報道への不信とそれに同調する世の中への不振が強まり、スーパーも辞めた。労働内容は、18の時の僕の力で充分にこたえられるないようだった。本当さ。自分でその道を直ぐ見つけられなかったことは、おかしいと思う人も多いだろう。僕は、納得出来なくても、他にどうすればいいか分からないから、後でおかしかったと指摘されても仕方なかったと思うことはあるかも知れない。文句があるなら、何故直ぐに言わなかったと言われたこともある。門の中のルールは、門の城主たちのもの。客がズケズケと入ってきて、文句を言うまではいいけど、自分を無理やり押し通すのは、掟破り。僕はダメだと言われる限り、たまに文句は言っても、常に引き下がってきた。風俗だって、AVだって、常に法律の許される範囲で訪問したり、鑑賞してきたんだ。僕は、女の処女幕を無理矢理突き破って、無理矢理門を開けるような野蛮な男じゃないよ。生活保護を受けて一人で安アパートで、暮らしてるのだって、それなりに理由があるんだ。僕を資本主義社会が受け入れないと公言するまでは、僕はその門を叩き続ける。男は60過ぎまで、生涯現役なんだ。選手生命を放棄するよう、国から宣告されるまで、何度だって立ち上がってやるさ。エッヘン!


僕は、不良じゃない ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 2
P V 数 : 443.2
お気に入り数: 0
投票数   : 1
ポイント数 : 0

作成日時 2023-08-04
コメント日時 2023-08-06
#現代詩
項目全期間(2024/02/27現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:443.2
2024/02/27 00時23分54秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

僕は、不良じゃない コメントセクション

コメント数(2)
田中恭平 new
田中恭平 new
作品へ
(2023-08-04)

私も最近ね、小説を、ビーレビューに投稿しつつね、この作品をビューしたときは、うわ、長いな、と思いました。さいしょはねぇ、文体によるのかなぁ、服薬もされている方だと思うんですけれど、独特な印象で、しかし、正直、だりいな、って思いました。それがなぜかね、読みすすめてゆく内に、その全然共感とかもしなくて、もっと若かったら、共感してたかも知れないな、と思って、中盤から後半っていうのは俄然、面白く読みました。なんで最後、こんなに明るいんだろうなとか思いつつね。まあ系統としては、太宰治さんなんですけれど、その悩んでいる内容っていうのが、現代を舞台にしつつね、その太宰治さんの時代の、太宰治さんの悩みとそう変わらないのかな、と学んだんですけれどね。ですから、この作品を分析して、まあ、罪と、恋愛と、酒とか、テーマを振ってテキストにしてゆけば、私も太宰治さんチックなテキストが書けるんじゃないかな、と思いましたけれど、これはもうこの作品が成立、しちゃったんでねぇ、さて、私はどうしようかな、と。いや、ほんとう、面白かったです。

1
三浦果実
作品へ
(2023-08-06)

投稿1作品目はとてもよかったんですが、本作は冗長過ぎて最後まで、読めないですし、書いてる内容が、あーなんだ自己満かってなってしまいました。期待しすぎでしたね。もう少し他人の作品を読まれて、コメント書きで、他人に読まれる文を勉強されるといいです。読んだ労力が無駄になってしまい読まなきゃよかったです。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1