五感 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

五感    

詩はやってくる 耳元に微かに囀りながら詠う 詩はやってくる 花びらの蜜の間を滴り落ち 詩はやってくる 篭ったシャツのふくらみをくぐって 詩はやってくる 咳込んだ喉の奥から血の塊を伴って 詩はやってくる 凍てつく川面に浸した指の先から 連れてきた 出逢うべくして落ちた故意の欠片


作成日時 2017-11-28
コメント日時 2018-01-01

五感 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 20
P V 数 : 341.7
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/09/19現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:341.7
2020/09/19 15時54分58秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

五感 コメントセクション


コメント数(20)
ふじりゅう (2017-11-29):

すごい纏まりのある詩だと思います。 まずタイトルの五感、そして「詩はやってくる」も五つというこの結びつきを無視するわけにはいきません。 普通に見たら、自らの詩の生まれようを書いたものだと思いますが、 そうだとしても文面に潜む血や肉体の描写が引っかかります。 詩が生まれることの、全身全霊を込めたような描写とも取れますし、詩を何かの比喩とすればもっと多彩な表現になりそうです。 奥深い詩だと思いました。

0
李沙英 (2017-11-29):

ふじりゅう 様 コメントいただきありがとうございます ある詩人さんの「詩が書けない」というスランプ状態を垣間見、 「自分は詩を書くときどのような面持ち向かうのか」という気持ち生まれ お察しいただきました通り全身の神経「五感」を隅々まで行き渡らせるように研ぎ澄ませ 詩はその先に自ずとやってくるという感覚が生まれこの詩に至りました。

0
花緒 (2017-11-29):

初めまして。詩形が整っていて、何をやろうとしているのか、コンセプトが非常にわかりやすい。であるがゆえに、誰でもそれなりに楽しめる一作に仕上がっていると思うのですが、形に依拠している程度が強い分、強いインパクトを残すのはかえって難しい、そんな印象を受けました。

0
エイクピア (2017-11-30):

詩はやってくるのリフレーン、その後の詩行が印象的です。最後だけ前行が「遅れてきた」となる。ここが転調かなと思えるところも、演奏巧者かと思いました。ジャズの演奏と言うよりはむしろ、ショパンの小曲、シューマンの異常に細かく、たくさん分割された曲集、アルバムブレッターなどの一部分を抜き出してを巧みに弾いているようなそんな印象も受けました。

0
李沙英 (2017-11-30):

花緒様 コメントいただきありがとうございます 目的を明確にすることによって本来持たせたかった詩の意味を確りとさせることができましたが それゆえデメリットも生じます、ご意見大変参考になります。

0
李沙英 (2017-11-30):

エイクピア様 コメントいただきありがとうございます クラッシック音楽を彷彿とされましたか? 自身無学ではありますが長年クラッシック通でありまして日常から聴いております ですからその節が出たのでしょうか。

0
みうら (2017-12-01):

「故意」にいろんな意味が含まれてるのでしょう。望んだらいつでも詩がやって来てくれるとよいのに、詩は、そんな気持ちとは裏腹に、欠片のような現れ方をいつもしますよね。リズムが整っていて読んで心地よかったです。

0
李沙英 (2017-12-01):

三浦果実様: コメントいただきありがとうございます 「故意」を「恋」とも考えました 言葉の美しさとの出会いはまるで衝動的に落ちるような恋にも思えましだが 実際は自ら赴き一枚一枚ひらった言の葉であり 自分の意思で動いたことによるから 「故意」に、しかし恋愛感も少々匂わせつつ 自らの意思で恋に落ちるような この読みにしました。

0
森田拓也 (2017-12-02):

おはようございます。 研ぎ澄まされた感覚が魅力のある詩ですね。 「五感」を集中して書かれたような、 あるいは何かに追い詰められて書かれたような緊張感もありますね。 「詩はやってくる」という言葉が繰り返されていて、 題名の「五感」を「語感」とも感じ取らせていただけた詩です。 最終連の詩の終結のご表現も、美しい着地だと感じました。

0
李沙英 (2017-12-02):

森田卓也様 コメントいただきありがとうございます この作品はスランプに嘆く詩人さんを見て 私ならという思いで綴った一遍です 聴覚、視覚、嗅覚、味覚、触覚 詩篇との運命的な出会いによって形成されるような 五感を研ぎ澄ませて書きました。

0
鶲原ナゴミ (2017-12-17):

今晩は、 感想です。 ひらかれた五感へ「訪れるもの」が詩で、 感覚を捕らえようとすると「故意」になってしまう。面白いと思いました。 五感が閉じてしまったとき、私は何をしたらいいだろう?など考える切っ掛けになりました。

0
鶲原ナゴミ (2017-12-17):

(コメントが分かれてしまい、ごめんなさい。) 安らぎや甘さ、柔らかさ 息が詰まる苦しさ、身を切るような冷たさ も詩ですね(※喉、大丈夫ですか。どうか、お大事になさってくださいね)。 6連目は独立したテーマで何かが生まれそう、と感じました。 では失礼しますm(__)m

0
李沙英 (2017-12-24):

渚鳥 s様 すいません!! せっかくコメントいただけたのに今頃になってしまいました 大変失礼しました!! 私自身の思う所の五感であって、五感とは誰にでも起こる生きとし生ける感覚と捕えてます よって閉じられることなく常に泉が如く沸き起こり、それを汲むのが表現であると思いましてしたため多次第です。

0
李沙英 (2017-12-24):

渚鳥 s様 では失礼してわたくしもコメント二手にさせていただきます^^ 感情とは時に身を切る苦しさも伴います それは自然の摂理には抗えぬ人の力の小ささ無力さ儚さも加えました次第です。 わたくしの体まで案じてくださいまして、ありがとうございます 痛み入ります。 わたくし筆はパッとしませんが(笑)体の方は繊細さを意図とする詩人の中において詩人らしからぬ体躯の猛者にございます 日頃より鍛錬に次ぐ鍛錬に勤しんでおりまして、とうとう今季は風邪すら寄り付かぬ有様にございます(痛みを詠う説得力に欠けます) ありがとうございます どうか渚鳥 s様もお体ご自愛くださいませ。

0
鶲原ナゴミ (2017-12-29):

今晩は、 鍛練ですか! すると >詩はやってくる >咳込んだ喉の奥から血の塊を伴って >詩はやってくる >凍てつく川面に浸した指の先から の描写もトレーニングの一環に見えてきました。いい意味でストイックな雰囲気です。 そうか、このような読みもできたんですね……。 お返事くださり有難うございました。

0
うたもち (2017-12-29):

最後の、「出逢うべくして落ちた故意の欠片」というところがとても好きです。 出逢うべくして、出逢えた詩だと思いました。

0
李沙英 (2017-12-31):

渚鳥様 コメントくださりありがとうございます そうですか!そんな取り方もありましたか!! 私もそれは考えもつきませんでしたが 私の詩は渚鳥様にそのようにも届きましたか、 ありがとうございます それも私の一端です。

0
李沙英 (2017-12-31):

うたもち様 コメントくださりありがとうございます。 恋に落ちるような衝動は詩の言葉が訪れるに似ていまして その欠片を並べましてが詩にしました。 お気に召して頂けて光栄です ありがとうございます。

0
エイクピア (2017-12-31):

再レスですが再び読んで見てやはり滋味掬すべきものがあるかと。今回は季語の観点から、囀り、花弁(桜)は春の季語、凍てつく、咳などは冬の季語。と言うように春冬の季語が等分に配されて居る所もバランス感覚がいいと思いました。

0
李沙英 (2018-01-01):

エイクピア様 コメントくださりありがとうございます。 書いた張本人の私ですら気づきもしなかった詩の力を見出だしてくださりありがとうございます ホント、私全然そんな手法とか分からない 超無知無学な人間なんで エイクピア様がそんなふうに感じて下さる事に驚きと感激と 恐縮至極に存じます 詩五感も浮かばれます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1