中宮寺 弥勒菩薩あるいは如意輪観音 様 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

中宮寺 弥勒菩薩あるいは如意輪観音 様    

謹啓 お元気でしょうか 先日少し思い詰めまして いっそ手を切り落としてなどと思ってみたりしました さあやるぞと心に決めましたら 病院でなんと言い訳しようかなあなどと思いながら 全身の毛が逆立ちまして なんだかしゅんとしてしまいました あなたは相変わらずでしょうか 常套句のように聞いた後 私は私の話をします 最近何故だかとっても原理的という意味にラディカルで 辻説法みたいに世の仕組みに関する寝言をのたまって 語彙力が足りずに周囲を辟易させています 世間的に目印にするべき星が見つからず往左している世の中です とりあえずそろそろ合理主義は限界そうなので その前に世を席捲していた宗教にでも縋ってみたくなるのでしょう 自分を信じろ 人間の力はすごいのだ と教わって来た身にはつらいことですが 神様なんてものや仏様を考えることで 自信の持てない自分にすがるより 少しは強くなれそうな気がします とりあえずは先祖みんなを内包したようなあなたの姿 今にも壊れてなくなってしまいそうな場所にいながら そのものが時間を超越 堪らなく力強くもありながら 着実にひなびて 雄々しくそこにある あなたのその姿を見に 私はいつかあなたのいる町に伺おうと思います あなたのいらっしゃるあの場所こそが好きなのです 今も初めてお会いした日に見た あなただけがそこにいて あなたの背後にある風景まで全部が見通せるような あの佇まいと 私自身に芽生えた畏敬の念が忘れられません そんなこととは全く関係なく どうかいつまでもお元気で  謹白

scroll


作成日時 2022-07-01
コメント日時 2022-07-18

中宮寺 弥勒菩薩あるいは如意輪観音 様 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 26
P V 数 : 1507.4
お気に入り数: 0
投票数   : 3
ポイント数 : 0
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2022/09/28現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:1507.4
2022/09/28 12時07分02秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

中宮寺 弥勒菩薩あるいは如意輪観音 様 コメントセクション

コメント数(26)
よんじゅう
よんじゅう
作品へ
(2022-07-02)

どなたの作品だったかタイトルはなんだったのか忘れてしまいましたが何年も前に現代詩フォーラムにて友だちに後光が差してるみたいな作品があったのを思い出しました。帰宅した際に鍵穴が見えずらいからちょっと後光貸してという感じの作品だった気がします。とりあえずは先祖みんなを内包したようなあなたの姿、この言葉もなんだか忘れづらい言葉になりそうです。

1
紅茶猫
作品へ
(2022-07-02)

落ち着く詩ですね。 宗教に支配されていた時代にまで後退すれば、それはそれでまた大変そうですが。 それにしても世界はこの袋小路をいつ抜けられるのでしょう。

1
かずや
かずや
紅茶猫さんへ
(2022-07-04)

私にとって過分なお言葉ありがとうございます。 詩と呼んでいただけるのかも難しい文章ですが嬉しいです。 個人的に宗教いわゆる神秘主義や合理主義などは、タカ派とハト派と同じく振り子のように行ったり来たりしながら、らせん状に高次に移っていくような印象を持っています。 時間が経てば必ず「次元が高くなるわけではない」というのがまたつらい所ですが、そうは思わないと人間もたまったもんではないという笑うしかない状態とでも言うのでしょうか。 色々なことを身に着けて世の禍福を軽やかに乗り越えたいなあといつも思います。

0
かずや
かずや
よんじゅうさんへ
(2022-07-04)

コメントいただきありがとうございます。 いわゆる「日本人」は種々の信仰を先祖につなげているのではないかなあというのが私の持論です。 なんとなくマリア様もお母さん、神様もお父さん、おじいちゃんと同じ天国に行けなければ嫌だなあというような。 そう考えたり説明すると諸々スッキリする気がするから不思議です。 中宮寺の弥勒菩薩が安置されている本堂は3面が外に向かって開いており、初めて見た時に何故か後の壁の存在もそれ以外の事物も全て消し飛んで、広い野原が見えた気がしたのです。

0
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2022-07-04)

あなたのその姿を見に 私はいつかあなたのいる町に伺おうと思います あなたのいらっしゃるあの場所こそが好きなのです ぼくもその場所に行ってみたい。

1
かずや
かずや
田中宏輔さんへ
(2022-07-05)

ありがとうございます。 奈良の斑鳩。 別にそこに行かなくてもいいと思うのです。 でもそこに行かなくてはならないのです。 建物は1968年の現代建築。 本尊はかつて打ち捨てられかけていたそうです。 そんなことを思いながら目にした途端の衝撃が今も忘れられません。

0
てんま鱗子(揶白)
作品へ
(2022-07-08)

今、伊勢に一人でいるんですけど気持ち良いですよ。綺麗な詩ですね。

1
てんま鱗子(揶白)
作品へ
(2022-07-08)

ここで言いたいのは、文章を得る時、ノリがまおしてしまうが、 あ〜お。 まで五字書くのに、私はノート半ページくらい何かを書いている。 こんな文章が書けたら良いですね。こう続いて純粋な心について語れる女の人がいたんですが、 要は、あれが嫌、これが嫌、段差がある。だから対峙するのをやめる。 「要は、気の持ちようで何だってなれるの。」 自分が何かしていて自分が足りないものを持った人に抜かれる気持ちなんて、何度でも感じて良いものなのですよ。

1
かずや
かずや
てんま鱗子(揶白)さんへ
(2022-07-09)

コメントありがとうございます。 何と言うのでしょうね。 誰か精神的にでも傍にいてくれる人がいればそれが幻想でも一時、人は救われるのかも知れません。 早い話が誰かに好かれていると勘違いできれば、まあ悩みなんかどうでもよくなるのですよね。 言葉の流れ、結構大事にしておるという自負があったりいたします。 しかし、みなさんきっとそうして書かれている。 ということは私にとって心地いい流れが、心地よくないという人もいるのだろうなと。 面白い。 そして伊勢はよい。 初夏に車で海岸線をぐるっとまわった記憶があります。 気持ちよかったなあと。

0
室町礼
室町礼
作品へ
(2022-07-09)

作者は宗教などという言葉を持ち出しているようですが 信仰とか仏像とか仏教とかちゃんと思想や哲学として自覚されているのでしょうか? 弥勒菩薩や如意輪観世音菩薩などというものは当時としては権力者の富と権威の象徴であり 迷信と呪術の具現化したものであったわけです。 もちろんそんなものは大衆庶民に拝めるはずもなく、宗教思想としては蒙昧の極地にあった。 ただしそのようなものでも時がたてば美術的価値をもつにいたる。権力者に命令されて仏像を彫った 仏師に信仰があったかというとそれは眉唾であってむしろ美的な感性を追求したのだろうとおもわれる。 要するに仏像なるものに親和性を抱くのはそれがもつ権力と絶対性への無意識なるあこがれであり、 大衆がそのような荘厳さにある種の畏れを抱くのも権力者が仏像に意図したものであった。 要するに仏像と仏教思想には直接的な関連性など皆無である。だからこそ大乗仏教の最後の体現者であった 親鸞は仏像や寺院を否定して念仏を声明することだけに仏教思想の極限を見出した。 とまあ、こんなことはどうでもいいのですが、 この詩の書き手は冒頭、手を切り落とすと語っている。 要するにこんな精神状態は「きちがい」なわけでしょ。尋常な話ではない。ところが語りては突然、 なぜか宗教に縋ってみたくなると方向転換する。それも突然明るく。 要するに「手を切り落とす」という前段は、ある種の知的な雰囲気つくりのための道具立てであったということが なにか白々しく明らかになる。 冒頭に書いたように如意輪観世音菩薩も弥勒菩薩も          とりあえずは先祖みんなを内包したようなあなたの姿 なんかじゃないのです。冗談じゃないですよ。権力者の意図を体現してつくられた呪術的仏像に わたしたちの先祖が内包されてたまるものですか。笑 仏教思想的にいえばまったくそんなことはありえない。仏教が比叡の山頂から大衆のもとへ降りてきたのは 法然以後です。その弟子で本願思想を敷衍した親鸞をもってはじめてわたしたちの先祖が内包される仏教が生まれた。 まことに申し訳ないですが、かずやさまに特徴的な衒学趣味と知的趣味が冒頭の道具立てとともに 混ぜてつくりだされた、なんとも妙なる自分語りであると受け取りました。

1
てんま鱗子(揶白)
作品へ
(2022-07-09)

もう一度コメント失礼します。 縄文時代の方が、 同じ傷をもつのだよ。と教えて頂きました。 私たちは多い人の中、 相手の仕草の形を見分けて、心を開いている感じだ。つまり私は、心を開きたい。 やっぱり納得なんかいかないのです。 とても好きな人がいて、それがどんな好きの形か、あなたは凡そ検討が付いているのでしょうか。 もちもちの傷なのです。

1
自由美学
自由美学
作品へ
(2022-07-09)

>辻説法みたいに世の仕組みに関する寝言をのたまって >語彙力が足りずに周囲を辟易させています ここ良いですね。何の告白やねん!と思わず突っ込みたくなる。 世の中には仏像といわず、ペットやフィギュアにまで語りかけちゃう人達なんかもいますが、彼らも合理主義の限界にきてるんでしょうか。 手首落としても、千手観音だったら腕の一本ぐらいもらえたかもですね。笑

1
エイクピア
作品へ
(2022-07-10)

手紙と言う体裁、清新だと思いました。「あなた」とはだれなのか、そんな謎もこの詩を緊迫感有るものにしているのかもしれません。

1
かずや
かずや
室町礼さんへ
(2022-07-11)

室町さんのコメントはいつも面白いです。 何か自分自身や世の中と対峙して、これが真実なのだというものを確立しようと、ただ毅然としてそこにありたいと、そうされていらっしゃる様子を想像しています。 いわゆる「作家さん」の評価が世相によって、世代によって大きく変わるように時代や宗教もその把握のされ方は変わるわけです。 確かに火の鳥に出てくる盧舎那仏が悲しそうに、ある種邪悪に書かれました。 私はそれでもあの廬舎那仏が案外嫌いではありません。 茜丸さんが個人的に女性を掘った場面や我王の作が表現された場面にももちろん震えました。 権力者の我欲によって建立されたものであっても、それを見る人が何をどう感じるかは誰にも規定はできないのだろうなと思います。 京都の平等院鳳凰堂に入った際にかなりなひなび方に、「日本一の権力者が『天国』を志して作ったものがこれでは案外この世で幸せになろうとしてもそんなものというか、切りがないというか限界があるなあ。」などと勝手に思いましたし、そうした意味での切なさが込められていて私は案外好きです。 東北の方でお化けのことを「ゴンゴジ」と言ったりしますがこれはきっと「元興寺」から来ているのではないかなと思っています。 室町さんが書かれたように大衆を離れた何か知らないけれど恐ろしいものとして、そうしたものがお化けも含めて「がんごうじ」と呼ばれ、「ゴンゴジ」に変化したのではないかなあと。 私は親鸞さん嫌いじゃあないです。むしろ好きです。 法然さんもいい。思想的にはカトリック的なキリスト教に依存しています。 偶像崇拝するなとあれほど皆が言っているのにこぞって仏像を欲しがる人間も、自分も愚かでかわいいなあと思う。 中宮寺の半跏思唯像について考えていたら、どうしても小さなレプリカが欲しくなってインターネットを彷徨った結果、我が家に届いたのはみうらじゅんさんのベアブリックとテングーという天狗の顔をしたピングーに似たペンギンのソフトビニール人形でした。 私は潜水艦も好きです。 あんなもの戦いが無くては生み出されるはずがないもので、その愚かな姿をたまらなく愛おしく思います。 人は沼です。 時に狂います。 まあ、それでも生きざるをえない。 だからこそいいのではないでしょうか。

0
かずや
かずや
てんま鱗子(揶白)さんへ
(2022-07-11)

書かれていることを少し真剣に考えてみています。 縄文時代の方が同じ傷を持つ というのはコミュニケーションを取る相手が同じ共同体にいるから互いの前提条件が近い ということでしょうか。 心を開きたい というのは分かってもらえる人が欲しいということ 生の前提条件が大きく異なる中で分かり合えることなど少ないよ そういうことでしょうか。 まあできれば好きな方とは球体になりたいです。 ベターハーフなんて幻想で、ダイバーシティなんて世迷言。 自分が全く及びもつかない人とどうしても一緒にいたい。 そんなこともあるでしょう。 ただ、人に優しくありたいなあと思います。 ちょっと反省。

0
かずや
かずや
自由美学さんへ
(2022-07-11)

いや~、手首は落とせないですよ。 あくまで追い込まれた自分や周囲の人に対して、私追い込まれてるから許してねという気持ちの表出です。 実際、やろうと思った瞬間に血の気が引いていきます。 立ち上がってしまったらそれはそれで怖いです。 私としては「●●主義」は「皆でこれを信じて幸せになろう」という時代ごとの思考の枠組みだという認識です。 古代哲学、神秘主義、合理主義ときてまあ近代合理主義は限界に来ているのじゃあないかなと勝手に思っています。 個人は幸せだと思っていてもその幸せに皆が共感するかどうか、そうでなくてはその人からは幸せに見えても周囲からはそうは見えない。 いや、周囲なんかよくはないけれど、どうでもいいだろうと。 結局、認識なんかは空だよと。 まあ皆さん多かれ少なかれ迷っているなあと思います。 そういう時に人間の愚かさと願いの集大成みたいな事物を見るのは、結構考えさせられるものがあって私は好きです。

0
かずや
かずや
エイクピアさんへ
(2022-07-11)

過分なコメント恐縮です。 手紙は少し作為的にやってしまったかも知れません。 でもこうした方が何を言っているかが少しは分かりやすくなるかなと思いました。 仰る通り「あなた」にはいろいろなものを仮託してしまっているなあと思いました。 あらゆる意味での想い人ですかね。 きっと。

0
室町礼
室町礼
かずやさんへ
(2022-07-11)

亀井勝一郎が神社仏閣巡りをしていましたね。 本人はそれをなぜか仏教思想と関係があるように思い込み、また、語ってもいた。 そんなものは遊園地や温泉、ゲームセンターへ行くのと何のかわりもないものなのに、どうして なにか知的なもののように錯覚してしまうのか、 神社仏閣や仏像を見に行くことが仏教思想と関わるとどうして考えるのか、不思議な人だと思っていた。 実際、この方は宗教思想とはまったく真逆の非常に俗世的で、ある意味矮小で、わたしからみれば卑屈で 卑劣な人間として晩年を閉じた。 わたしは文学的人間だからそういう人間が嫌いじゃないし、そういう己の卑しい人間性と格闘してあがいている人は 大好きだが、亀井は残念なことに欺瞞の人だった。仏像ごときを眺めているからといって仏教思想などとは まったく関係がないことを悟っていれば晩年のあんな文学的で人間臭い終わり方はしなかっただろうと思う。 小説家の渡辺淳一は元医者で晩年癌にかかった亀井勝一郎を医局で担当していたころのことを書いている。 あるとき妙な気配を感じて亀井の病室の扉を少し開くと、もうあまり余命のない亀井が老妻を床にひざまずかせ、 頭を垂れた老いて痩せた老妻の頭をこぶして叩いてという。 老妻は抵抗もせず、ただ黙ってうなだれて亀井の殴るにまかせていた。 先に逝くことがどうしても納得出来ないのか、あるいは無念なのか、それは知らない。 しかしさんざん苦労をかけて、背も丸く小さくなってしまった老妻を地べたに座らせてその頭をしつこく叩き続けるなど あってはいけないことだ。 渡辺はみてはいけない夫婦の秘密の営みをみたかのようにあわてて扉をしめてそこから去ったという。 渡辺の記載によれば亀井が死ぬまでこういうことが陰陰滅滅と続けられた。 ある意味、非常に人間的で嫌いじゃない。しかし、わたしなら絶対にあとに残してゆく老いた妻を毎日のように いじめ倒すなどということはしない。 だいたい何が仏像だ、仏教思想だ。ばかばかしい。人生相談を書いたり、仏教思想に精通したような書物を書くのはいい。 しかし本人は死についてつきつめて考えたこともなかったのか。散々遊び歩いて仏像をみているあいだ妻はどれほど 孤独に耐えて働いていたかこの出来事だけで十分わかる。 わたしだって死は怖いし、動転する。しかしもし仮にも宗教文学者みたいなことをいってるのならちたあ精神を洗って おけよといいたい。所詮、仏像がどうのこうのなんていう御仁はこの程度なのかという印象をもった。 ま、あの親鸞ですら臨終の間際には暴れたという記録もあるそうな。東本願寺の僧侶養成学院 大谷専修学院の 竹中智秀先生からそんなことを聞いた。だからべつに死の間際に取り乱してもいいだろう。 しかし老妻をひざまずかせて毎日のようにいじめるなど、仏教思想がまったく身についてなかったのじゃなかろうか。 わたしはそれ以来、仏像なんかを観ることになにか宗教的な意味合いをつけようとする人に用心するようになった。 仏像見物をなにか知的なもののように思いこんでいる人は、もう少し自分に気をつけたほうがいい。そう思っています。

2
室町礼
室町礼
かずやさんへ
(2022-07-11)

訂正 上から9行目 もうあまり余命のない亀井が老妻を床にひざまずかせ、 頭を垂れた老いて痩せた老妻の頭をこぶして叩いてという。 ↓ もうあまり余命のない亀井が、老妻を床にひざまずかせ、 頭を垂れた老いて痩せた老妻の頭をこぶして叩いていたという。 失礼致しました。

0
かずや
かずや
室町礼さんへ
(2022-07-11)

難しいですね。 悲しいですね。 私は遠藤周作さんが好きで大学時代かなり読みました。 彼が入院し、痛くて堪らず看護師にそれを訴えたら「先日、〇〇先生が入院されましたが、あなたより酷い病状で一言も痛いとは言わず黙って耐えていらっしゃいましたよ。」と言われ、「〇〇がどうしていたかなんて知るか。痛いものは痛いんだ。」と思ったか、言ったかというエピソードが大好きです。 私は亀井さんというかたの著作を寡聞にして存じませんが、そうした気持ちを奥様が抱いていなかったとも言えません。 日本における初期キリスト教信仰は許しの象徴とも言えるマリア信仰に偏っていたのではないかというのも遠藤周作さんの見解です。 あながち嫌いではありません。

0
室町礼
室町礼
作品へ
(2022-07-12)

まことに申し訳ないです。 えんどう豆なら知っていますが寡聞にして遠藤周作は知りません。 ただ、一作だけ『わたしが・棄てた・女』はめずらしく衒学趣味や知的キリストファッションから 逃れたリアルな真情からでたものだと理解しています。 ほかはだめです。キリスト教徒ならキリストをふりまわしていちいちキリスト教徒を言葉に出しちゃいけないよう な気がします。前にもいいましたよね、断食をするときは断食しているぞというような哀しい顔を してはいけない、という聖書の文言。 知的粉飾が好きな方々にはそういう倫理意識がなさすぎるとおもいますね。 さて、おさわがせしました。これにてわたしのほうは終了します。遠藤周作のような第三の新人と 呼ばれた書き手たちは戦争をくぐり抜けてきているので今のわたしたちが一見、かんたんに理解して しまいがちですが、底にあるものはやくざな感性と超越性への願望との入り交ざった複雑な心境でしょう。 それをいまどきのわたしたちが理解したように錯覚するのもなんだと思いますがね。

1
かずや
かずや
室町礼さんへ
(2022-07-12)

やくざな感性と超越性への願望 良い言葉ですね。 参考にさせていただきます。

0
てんま鱗子(揶白)
作品へ
(2022-07-17)

癒やされるため、歌いながらコメントしますな。 何か精神剥離していていつの間にかそう述べてしまったんですが、例えば自分の祖の方が感性が洗練されている様な感動と、声をひとくくりに書きました。前提条件は全く別で、このことによる納得の出来なさと、 とにかくそういう意味ではないです。 球体とはどのようなものなんですか?朱色をばら撒いてドットマーク弾かせるテントウ虫が、ありゃ、球は、形が先の人のものなのかな。 球かぁ。呪いを行う玉だとしたら、なぜどうしてそんな才能がその我を越えないと自我って言えないのですよ。 あるからって許し間違えてしまう物のひとつ。 ハヤブサ2のように、聞こえなんですが、美しい呪いを考える龍の、覆う、「今日ドロロが来てる、ズック靴をなんばでめちゃくちゃ正しい距離から放り投げ、帰った、の合図」今日ドロロ来てる。 赤は、性の喜びとして、そこの客観性を私は捨てて来たのでした。 自分が全く及びもつかない人とどうしても一緒にいたい。 そんなことは私に有りませんな。一緒にいたいって、人が一人一人でしか一緒って成り立たない。 私も、人に優しくありたいなあと思います。何かそんな公式あるなら教えて頂きたい。

0
かずや
かずや
てんま鱗子(揶白)さんへ
(2022-07-18)

お答えできる範囲で。 球体は限りなく球体です。 直径43mm、誤差1/1,000mmという類の外観。 質感としてはゾル状のものがいいでしょう。 きっと。

0
田中恭平 new
田中恭平 new
作品へ
(2022-07-18)

こんにちは。 以前、うちの妹が舞妓になりたいと言い出しまして、まあかなり合理的な母が突如 当たると有名な占い師に一応、見ていただいてからですね、その 妹の夢というか舞妓になるという進路を決定することがありました。 さて、本作ですが、まあ合理的でもそこに限界を感じたので 宗教というか仏像に行ってみよう、というのも似たもんで その発想自体、合理からの外れ方も別段、飛躍にはならない まあ人間性というもんを持ち出せば、非常にそれは合理的な発想だと 私には思えるのですね。 仏像を観に行く、そこまではとおいかも知れないけれど 今、世は断捨離にはじまり、医療が仏教に急接近したりと 言っちゃえばみうらじゅんからはじまって仏像ブームはずっと続いているわけで 何か、詩的飛躍が、のぞめそうなタイトルにして、無かったかな、 と思います。

1
かずや
かずや
田中宏輔さんへ
(2022-07-18)

何というんですかね。 皆様迷っていらっしゃるなあと。 心配なもんで自信満々に人をこき下ろしてみるのですけれど不安は消えないと。 そろそろ何か新しい幸せになる方法が出そうだなあと思いながらかれこれ15年近く経ちます。 何かいいことおまへんかとそんな気分です。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2