びっくりするほどのデブ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

大人用おむつの中で

すごい

これ好きです 世界はどう終わっていくのだろうという現代の不安感を感じます。

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

びっくりするほどのデブ    

向こうから びっくりするほどのデブが歩いてきた。 3秒前に ナゲットとポテトとバーガーを 1トン食べたと言わんばかりの、 二車線潰しそうなくらいのデブ。 彼の1回のクソは 便器をつまらせ 便座からぽこぽこと 健康診断にひっかかりそうなクソが溢れるだろう 「おまえ、びっくりするくらいデブだな」 おれは言った 「デブじゃねぇ、CMボブだ」 やつは原人の雄叫びみたいな声で名乗った。 「ちなみにCMはコマーシャルの略じゃねぇ、Coffee Manの略だ」 「おまえ、ラッパーかなにかか? そんならCMデブのほうが強そうでいいんじゃねぇか? ていうかもうMCデブでいいんじゃねえか⁉︎」 とおれ。 「は?」 デブはぶちぎれ、ふてくされた。 なんとも情けない。 おれは二発くらいパンチが飛んでくると予想していた。 しかし、おれはふてくされたデブをちょっぴりかわいいとおもいはじめていた。 おれは人差し指と親指でデブをつまむと そんままアパートまで持ち帰り デブをマグカップにぶちこみ レンジで温めた。 レンジ、 マグカップ、 デブ、 おれな好きなカタカナばかりだった。 大方の人間の予想通り、レンジの丸皿の上でデブはくるくるまわり、20秒くらいでバボンと爆発した。 マグは割れ、 デブは電子レンジじゅうに飛び散っていた。 夜だった。 おれは使う気を無くしたレンジを窓から投げ捨てた。 五階だ。 レンジは五階分の高さを落下し、舗道にぶつかる。 すると死にかけのレンジからチンッ! と音(断末魔なのだろう)が鳴り、それを合図にあたり一帯が停電した。 満月でさえ、光を失っていたほどだ。 完全な闇が街を覆い、 おれはすこしだけ悪いことをした気分になった。


びっくりするほどのデブ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 20
P V 数 : 855.4
お気に入り数: 2
投票数   : 3
ポイント数 : 0

作成日時 2024-05-01
コメント日時 2024-05-07
#現代詩
項目全期間(2024/07/21現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:855.4
2024/07/21 01時10分00秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

びっくりするほどのデブ コメントセクション

コメント数(20)
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2024-05-01)

デブ専でした。

1
おまるたろう
おまるたろう
作品へ
(2024-05-02)

デブ=巨漢ラッパーって安直な考えが冴えてる

1
紅茶猫
作品へ
(2024-05-02)

>向こうから びっくりするほどのデブが歩いてきた。 なのに人差し指と親指でつまんでしまった「俺」はどんだけデカいのかと思いました。 不思議の国のアリスの様ですね。 最後の一行はどうでしょう、取って付けた様な感じでした。

1
メルモsアラガイs
メルモsアラガイs
作品へ
(2024-05-02)

出だしから笑う。お笑いしたい人は必至に読めばいい。面白い。それだけでは不満足でしょうか。面白くないと考えるお人に批評をお願いしたい。

1
A・O・I
作品へ
(2024-05-02)

紅茶猫さんの解釈でおもったのですが、 >俺はふてくされたデブが可愛いと思った このふてくされたことで小さくなったのだとしたら >おれはすこしだけ悪いことをした気分になった。 このラストもまた俺を小さくするのではないかということ。そうするとこのあとに さらにでかいなにかがくると、一種ループみたいな形にもなり、意味深でよめるのではないかなと想像した。が、やめどころがなくなり、まあ完璧な蛇足です。兎角もとが清々しいナンセンス!オモロイとおもいました。この方のほかの作品もよみたいっすね。

1
ほり
作品へ
(2024-05-02)

面白いです。世界がゴムみたいに縮んだり伸びたり輪郭を変えたりする感覚がいいですね。 こっちよりデカいデブかと思ったらそんなデブを指で掴んで電子レンジに入れる、ちっちゃいなってなります笑 電子レンジを窓から投げ捨てただけで月まで停電するなんて、神様かーって思ってしまいます

1
奥間空
田中宏輔さんへ
(2024-05-02)

コメントどうもです

0
奥間空
おまるたろうさんへ
(2024-05-02)

コメントありがとうございます。 たぶんビギーあたりを想像して書いたかとおもいます。

0
奥間空
紅茶猫さんへ
(2024-05-02)

コメントありがとうございます。 さいごは多分あきちゃってちゃちゃっと終わらせた感じです。

0
奥間空
メルモsアラガイsさんへ
(2024-05-02)

コメントありがとうございます。 個人的には知能指数が低くてゴギゲンな詩を書いていきたいのですが、そうすると出しどころがないのでこの場で供養しました。

1
奥間空
A・O・Iさんへ
(2024-05-02)

コメントありがとうございます。 お、ループってのがまたラッパーと重なってていいですね。 思いもよらぬ視点からのありがたい解釈です。

0
奥間空
ほりさんへ
(2024-05-02)

コメントどうもです おそらくボブとレンジの化学反応が世界のシステムを書き換えたのだとおもいます。

0
田代ひなの
田代ひなの
作品へ
(2024-05-02)

何だかギャグアニメのような面白さがあって、思わずクスッときました(笑)

1
万太郎
万太郎
作品へ
(2024-05-03)

デブとうんこというベタなネタも久しぶりに読むとやはり面白いです。 デブいじり。デブに乾杯!

1
奥間空
田代ひなのさんへ
(2024-05-05)

コメントどうもです 単純にうれしいです

1
奥間空
万太郎さんへ
(2024-05-05)

コメントありがとうございます デブって言葉は語感もいいですしなによりフォルムがかっちょええです

1
黒髪
作品へ
(2024-05-05)

カッコいいス!『パルプ・フィクション』みたい。

1
熊倉ミハイ
熊倉ミハイ
作品へ
(2024-05-06)

他の方が触れていないところでいくと、「カタカナ」の問題でしょうか。 カタカナはデフォルメの力が強いですよね。濁音や半濁音が頻繁に入ってきて音楽的になって、「デブ」という有害な存在も「かわい」くなっていく。「レンジ」も無理やりこの解釈に盛り込むと、対象をやわらかく溶かす道具(これまたデフォルメする道具)として、この「おれ」に重宝されてたりしたのかもしれません。 面白いのは、最後の4行で全くカタカナが出てこなくなること。洋食を詰め込んだカタカナの宝庫だった「デブ」が飛び散り、「レンジ」も使い物にならなくなった。 最後に闇が完全に街を覆うことというのは、デフォルメができない世界になるということを直感しました。違うかもしれませんが、物が何も見えなくなること=対象との適切な距離を置けない=デフォルメができないこと のようなことでしょうか。 難しいですが、面白い詩です。

1
奥間空
黒髪さんへ
(2024-05-07)

ありがとうございます 踊ります!

1
奥間空
熊倉ミハイさんへ
(2024-05-07)

おもしろいご指摘ありがとうございます。 カタカナを多用することで自分なりにデフォルメしたパルプマガジン感を構築しているつもりです。 そして闇が覆うというのは、 そういうものを書く不毛さ(お先真っ暗感とでもいいましょうか)を深層心理のどこかで感じていることの現れかもしれません。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1