その人 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

その人    

宇宙の下 踏まれ続ける私たちと、その怪獣に あと何回キスが出来るだろう? 自分が恋していると知ったのは いつからか何も話してくれなくなったから 胸が潰れる程の出来事でも まるで幸福の最中にでもいるように振る舞ってしまう そんな姿に気付いたから 衛星でいると決めたと同時に 惑星になることは諦めた 小さな塵に過ぎなかったあの人のこと まだ誰にも話してはいない 彼は遥か昔、とっくに消えてしまった 今は思い出だけでご飯を食べて 風呂上がりにはストレッチ 今日買い忘れたものは 明日買おうと思う もう何億年も書いていない物語があって 今でも筋だけは覚えている だけどもう書かなくてもいいような気がして それでも思い出す度に空の何処かがひとつ光る その度に また流れる 魚を焼いた後のグリルの網を洗いながら 今だったら書ける気がするのだけど やっぱり書かない 最後にはみんなあそこに落ちていくんだと 太陽を見上げてる その瞬間はみんなで一斉に手を繋いで 大きな声で歌でも歌えたらいいのになと 今、気になってる人のことを考える その人には大陸がある 海もある どちらも大変な量の悲しみだ いいことなんて一つもない あったとしてもそれはほんの一瞬 現れる度に小さな者同士が奪い合う 私の好きだったあの人はもっと小さな存在だった もっと弱い存在だった だから忘れられない 似ている人はいない 気になるその人は少し似ているけれど 全然違う その人は芸能人 面影が似てるだけ 魚も焼けないし じゃが芋の皮も剥けない 新しい怪獣映画がまた作られる そんなことばかり話している でもそれはその人の自転が速過ぎるからで 実際は私の方がその人よりも先に消える 私はいつか抱かれる その人に 乾いた海のままで 緑の無い大陸で その時その人の体液が私に押し寄せて ザブンと覆い被さる 私はソファーでゆっくりと押し倒されながら 鍋が吹き零れるからコンロの火を止めてと囁く その時やはり、好きだったあの人のことを思い出す 勇敢な人だった 可笑しな姿をしていた 私と同じ、海も陸地も空もなく ただ呼吸をしていた そういう音がしていた 特撮なんかではない 一度だけキスもした 次の映画はもっと凄いとその人は言う 来年春公開 そうして二度目のキスもいつか訪れる 私はその人の好きな料理を三つ知っている あの人の好きなものは一つしかわからなかったのに スクリーンの中 破壊され続ける私たちと、その怪獣に あと何を確かめ合ったらいい?



その人 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 14
P V 数 : 1725.1
お気に入り数: 0
投票数   : 3
ポイント数 : 0

作成日時 2023-05-11
コメント日時 2023-06-02
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2024/05/30現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:1725.1
2024/05/30 12時15分13秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

その人 コメントセクション

コメント数(14)
カンパネルラ
カンパネルラ
作品へ
(2023-05-11)

視点を巡る速力に圧倒。 生活の解像度と惑星の不可抗力の浮遊感が恋の感覚を保持していてる。 記憶的で見えきらないが明確な出来事のバックグラウンドに安心感を覚える。

1
妻咲邦香
カンパネルラさんへ
(2023-05-11)

速力なら任せてください。高校時代は50メートルを7.0秒で走りましたから。もう40年も前の話ですが。 解像度に関してはよくわからないのですが、恋に関しては思いっきりのふわふわにしたつもりなので、綿菓子みたいにふわっふわ気分で食べていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

1
m.tasaki
作品へ
(2023-05-12)

こんにちは。 宇宙の天体と日常生活の描写との対比がいいですね。 「怪獣」とは何のメタファーでしょうか。 無情な時の流れ、あるいは巨大な社会のシステムのことでしょうか。 そんな怪獣がいない、「その人」がまだ売れない頃のことを思い出しているようで、何か寂しい感じがします。

0
妻咲邦香
m.tasaki さんへ
(2023-05-12)

怪獣とは人生の悲哀のメタファーでして、悲しいことがあると人はなぜ海を見つめに来るのか鴎が飛んだあなたは一人で生きられるのねというわけなんです。 もしくは恋の悩みのメタファーでして、男と女の長い道のりもう迷わないはずがあーそこから先はセクシャルバイオレットなわけなんです。 さらには希望のメタファーでもありまして、ジグザグ気取った都会の街並みいつかは二人で行きたいけど内容はカリフォルニア関係ないよねっていう。 あとそれから、いややっぱり止めときます。今までのことはなかったことにしてください。

0
秋元ささき
作品へ
(2023-05-13)

うまく言葉にできない。できないのですが、この詩を読むと何だか呼吸が浅くなります。冬の朝みたいな感じで、胸がずっと冷えて小気味よいと思います。素敵です。

0
妻咲邦香
秋元ささきさんへ
(2023-05-14)

そうなんですよ。もうすぐ夏なので夏にぴったりの作品として書いたのです。猛暑の日などは一日一回読むといいでしょう。冷えピタと合わせてご使用ください。ただし読み過ぎると冷え症になって下痢を起こしますので要注意。 呼吸が浅くなるということは過呼吸にも効きそうですね。今度効能に付け加えときます。何と言っても鷲のマークですから。

1
つつみ
作品へ
(2023-05-24)

その人のこと、話者の胸に秘めておいてほしいと思いました。だから、ビーレビで見たこのお話のこと、私は忘れたいです。

2
田中恭平 new
田中恭平 new
作品へ
(2023-05-25)

感想です。巧い、巧いけれども、まあ新しいのだろうな、と。 まず、比喩というのは、言ってしまえば妄語の部類に入るが、過ぎると、こころの 部分と食い違ってしまうかも知れないと私は考えた。 その人、への憧れか、恋心があったとして、言葉の花を捧ぐとして、それを数で、そして過度にラッピングするか、一輪の花に思いを込めるか。 私は後者だけれども。うーん、女性は、本当は花を沢山買って過剰にラッピング、したいのかな。降参。一票。

0
妻咲邦香
つつみさんへ
(2023-05-25)

ああ、あなたは優しい人ですね。本当は秘めておくべきところを作者が余計なことをしてしまったもんだから。これから先、誰と巡り会っても比べてしまうと思う。記憶は残酷。

0
羽田恭
作品へ
(2023-05-26)

>宇宙の下 >踏まれ続ける私たちと、その怪獣に >あと何回キスが出来るだろう? 出だしが面白いですね。 この出だしでこの作品を読んでみようと思いました。 怪獣に惑星、太陽それに地球の地形。 それらと人の記憶や思いが交差する。 よくできた作品です。

0
妻咲邦香
田中恭平 newさんへ
(2023-05-26)

ありがとうございます。比喩は難しい。使おうと思って使えるものではない。少なくとも私にとっては。無意識に使ってて途中で、あ、これもしかしたら、って気付く。直喩が鮮やかに使える人が羨ましい。私はどうしても暗喩っぽくなってしまう。ちなみに同じ暗喩なら粒あんが好みです。こしあんはどうもね、なるべくなら選ばない。旨味もこされてる気がして。

1
妻咲邦香
羽田恭さんへ
(2023-05-27)

出だし、導入部分ですね。やっぱり大事ですね。ちょっと前なら、ワクチン接種会場はこちらです、って書いとけばどんどん勝手に人が入って来たのに。あ、でも私こう見えて反ワクなんですよね。毎週金曜日はデモで忙しいんです。

0
三浦果実
作品へ
(2023-05-31)

ずっとこちらの作品が気になって、幾度か読み返していた。庵野監督のことなのだろうかと、そう気になって読み返した。怪獣映画という語句がそう誘ってくるだけか。それとも、

0
妻咲邦香
三浦果実さんへ
(2023-06-02)

どちらかというと「怪獣の花唄」の方ですね。あれが頭の中を回って回ってしょうがなかったんですよ。それより庵野監督にはぜひ「シン・がんばれロボコン」を撮ってもらいたい。ガンツ先生は絶対ロビンちゃんとデキてるんです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2