偏執美 (凡才による) - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

B-REViEWは終わった

詩を愛するすべての方へ

詩投稿サイトは終わったのか、そもそも始まっていたのか、ただひとつわかっているのは、作品をとおした交流が求められているということ——

沙一

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

偏執美 (凡才による)    

普遍とされる美に直通できる 手際の良い秀才が嫌いでキライで仕方ない いつまで 死に際の蝉の鳴き声に 虚しさばっかり詠ってんだろ? 融けかけた積雪の下に 芽生えばっかり描いてんだろ? 結論が既に決まってるから あらゆる (特に季節の移ろいを告げる) 事物・現象をそこへ結び付ける為の 想像力が豊か過ぎるんだ その仁王立ちした結論が 八面六臂の想像力が妬ましい あんなモノ 電子音式目覚まし時計が経年劣化で 狂ったようにしか聞こえない 所々に穴の空いたボロ雑巾の有様を 晒してるようにしか見えない 剥き出しの鼓膜と網膜で捉えた終末なんか どれもヒドイ姿を浮かべてるのに そこを足早に通り過ぎ 綺麗な粒だけ取り出そうと 万全に構えた濾過装置を介して 掴んだ価値は大層な物だな そんな便利な装置は備えてないから 不器用な手でゴミ漁り、まさぐり 己だけの美を掘り起こしてみよう 死蝉がドス茶色い体液を滲ませて 地べたと一体化してる これだけで立派な絵と認識できるんだろな 「アスファルトのキャンバス」 だとか ステキに喩えるんだろう (茶色く見えるのは潰れた外骨格。 ほとんどの昆虫の体液は透明らしい。 皆優秀だから、下手な事言うと恥かくぞ) 腹弁も共鳴室も圧し潰れてる 人工呼吸でもしようもんなら リードの欠けた木管みたいな音鳴らすのか (中1の時に顧問だったヒステリックな 音楽教師、苦手だったんだよ。 思い出させるな) 屑雪は泥土混じりで 標識の根元とか縁石にくっついてる 小動物にでも見立ててしまうのかねえ 「冷たく暖かい命」 だなんて 畏れ入るポエティックポエットだ (真似た表現で揶揄できるほどの 技量に欠けてる。皮肉になってない。 みっともないから黙ってろ) 片っ端から融け残りを集めて 不純物を取り除いたら 天然水として売り出せるかもしれないな (ウォーターサーバーの勧誘に、 強引に契約させられそうになった事が あるんだ。軽く殺意が湧いてくる) 結局ろくなモノ掘り出せなかった


作成日時 2022-08-26
コメント日時 2022-08-29

偏執美 (凡才による) ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 607.9
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2022/12/01現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:607.9
2022/12/01 04時56分22秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

偏執美 (凡才による) コメントセクション

コメント数(4)
湖湖
湖湖
作品へ
(2022-08-27)

ウォーターサーバーの勧誘に引っかかったこと、あります。( ´艸`) 詩が美しいものを扱う志を持っているのは宿命的なんじゃないかと思います。それが普遍性に直通した凡庸な退屈だとしても、それはレベルが低いのかもしれないですけど、まあ、幼稚園生が一生懸命書いたと思えば看過できます。汚いことを書いて失敗してしまわないようにしたいですけど、それは志が必要なのでしょうね。汚水を提供するわけには行けませんもの。たまに酷いのを私も書いてしまいます。しかし大義があるような場合を除いて不満や悪口は詩に塗り込んで書かないほうがいいです。それは詩ではないように感じます。せっかくレトリックがお上手でらっしゃるのだから。

1
Snydam
Snydam
湖湖さんへ
(2022-08-27)

コメントありがとうございます。 普遍的な美を直ぐに掴める感覚の鋭さと、想像力の豊かさが羨ましいという思いを、私なりにストレートに書きましたが、後半の茶番文のせいで、不満や悪口と捉えさせてしまった自分の力量不足を痛感しております。 後半は、自分自身の排他的な考えと、それを咎めるせめてもの自制心を書きました。ずっと自分の中に終始してしまってます。でも、今の自分ではそれで精一杯なので、仕方ないと思ってます。 ガラクタを生産している気で書いて、現代詩タグも外して投稿したので、まさに、詩ではないと自覚しており、鋭いご指摘で気が引き締まりました。いつか現代詩タグ付きでの投稿を決心できるようになりたいものです。 最後の身に余るお褒めの言葉、薬瓶に保存したいくらいです。 コメント頂き 感謝 感激 雨あられの 患者 反省 ナメた真似です。

1
三浦果実
作品へ
(2022-08-28)

作品を読んで思い出したのは、以前、美を定義せよと問われた出来事で、美を定義すること出来ないんですよね(いや、私だけかもしれません)。糞尿を汚いという時もあれば美しいとする時もある。「ドブネズミみたいに美しくなりたい」と歌うパンクの有名な歌詞もありますし。美を美的経験としたらけっこう普遍性ある定義が思いつくんですよね。美しいと思えることって、初めてか初めての「ような」経験かなと私は思ってたりします。 衝動さがあって、ああなんかいいなと読んで思ってコメントしちゃいました。

1
Snydam
Snydam
三浦果実さんへ
(2022-08-29)

コメントありがとうございます。 今の自分は、大した意義の無い幼稚さがあふれる汚物としか認識されないものを提供してしまっている現状です。そんなものに対してコメントを頂けるのは嬉しく、励みになります。 ドブ水を啜る姿から写真にはうつらない美しさを見出して、示せるようになれれば理想的です。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1