セレナイト・セレナーデ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

セレナイト・セレナーデ    

宇宙のどこかにある 星の上に立っていた アポロが見つけたような 景色がある 足元に 四角い穴があり ひとがひとり 通れる階段が 無機質にある 穴の中を覗いてみる 行けば行くほど 闇深く 何があるのか わからない ゆっくり おそるおそる 恐れはなく 降りていく 暗いけど 強く無い 狭いけれど 苦しく無い 二十四段ほど降りる 段差は終わり 少し右手に 赤茶色で重厚な扉(ドア)がある 近づいてみれば おばあちゃんの家の タンスのように 暗めの茶色で 木製だ 草木が彫刻されている その細やかさ 遠くからは 単なる木目調 触れても 無数の穴が開いているような 扉に触れる それが木でなく 金属だと知る 分厚く 汚されていない 銅だ 眺めている だんだん 薄く透明になっていく 向こう側に見えるのは やはり宇宙だ もといた位置から 地球と海王星くらいの距離にある そのぐらいの 宇宙 どうしても 知りたくて 枠を超える 君がいる ドラゴンボールのキャラのように 浮いている まっすぐ 私もまっすぐ立っている けれど 浮いてはいない 君は浮いている 私は浮いていない 同じ高さにいるけれど 横に立ってはいない 敵とも味方ともわからない 君が 「うん、お疲れ」 と言う 濃い紫色の空気が 僕たちのあいだに漂って だけど僕らは エーテルを感じていないようで 既に触れ合っていた 少しだけ 安心感がある 君は静かな瞳で こっちをじっと見る 口元には微笑を浮かべ 過剰ではない 優しさを保持したまま 「大丈夫だよ」 と言う 僕は紫の宇宙を愛している 居心地がいい だけど ここに長く居続けてはいけない 直感があった おかしな話だけれども ここは二十五メートル四方の中にある 背後に 降りてきた階段 扉があった場所に 穴 なんとなく 右手を見てみると さらに降りるための階段がある 君はそちらの方を見ながら 「気が向いたらそっちに行くといいよ」 と何も言わずに 僕はそちらに歩いて行く ミルク抹茶のような パステルカラーの階段を見つける そこは妙に明るくて 柔らかい黄緑色が 広く長く続いている 三人くらいが 横に並んで降りられる 今は私しかいないので 僕ひとりで降りていく 足取りも体も軽い 少し楽しい 二十五メートルくらい 階段を降りる その先に扉があるよ と君が背中のほうで言う 僕はちょっとだけ振り返って 会釈をする 扉らしい扉は無い 白い光がひとつの塊になって ポワンと存在している 光に触れないような距離で かといって 遠すぎない距離で 光と自分の間の なにもないところを感じる ずっと見ていた 君がうしろから囁く 「この扉の先に行くんだよ」 僕は振り返らない 扉のような白い光を じっと見ている より白くなっていく 輝きを増す ただその純粋さを 極めていっているような 世界だ 増す白 密度が極限まで上がったあと だんだんとゆるく軽くなって 霧のような 柔らかい空気になる 頃合いを見計らう その光の中を通過する 偉い政治家が 叱られて監禁されていた部屋がある 三段 鉄でできた 非常階段のようなものを降りる 特に何もない 何かがある かといって ためにはならない 通過点 無機質で灰色で四角い部屋の 対角線上に 鉄の扉がある またも それは 人の手垢のついてない扉 新品の作りたて ふと右下に目を向ける 君のポスターがある いつもの君がそこにいる 紫の宇宙の君とは 違う君だ 何もしゃべらない 僕は少し不安になるけど ポスターだから仕方がない ポスターをじっと見つめる 三秒後 扉をじっと見つめる 開けると何があるのか 全く見当もつかない 知りたい 思い出している とにかく この扉を開けよう どのぐらいの重さかはよくわからない  ガチャッ 思ったより普通に開く 扉を開けた先の世界は またも真っ白だ 白いかどうかを 確認する方法がないほど白い どこまでいっても 壁があるかどうかすらわからない 白というのは 光の白なのか 白い何かの白なのか 分からなくするのが早い 入っていく 自分も見えないほどに白い 体が溶ける 静かに 秒で 溶けた 苦痛はない ただ 自分が思念体で 浮かんでいる 漂ってみる 君が正面から現れる   よくここまできたね。   結構、大変だったでしょう。   ねぇ。   よくがんばったね。   君の歳でここまで来るのって   結構珍しいことだよ。   うん。   ここが、その先の世界だよ。 君が僕に溶ける 僕も君もいない セレナイトの塔が 光の中にたたずむ

scroll


作成日時 2021-10-03
コメント日時 2021-10-04
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

セレナイト・セレナーデ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 3
P V 数 : 532.5
お気に入り数: 0
投票数   : 1
ポイント数 : 3
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/10/28現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性00
可読性11
エンタメ11
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント33
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性11
 エンタメ11
技巧00
音韻00
構成00
総合33
閲覧指数:532.5
2021/10/28 04時27分53秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

セレナイト・セレナーデ コメントセクション

コメント数(3)
湯煙
作品へ
(2021-10-03)

初読初見の印象ですが、空白の間が適度に配置されていますし、語りの親しみやすさや見た目などからも長さや疲れは感じさせないですね。ドラゴンボールのキャラはたくさんありますが、インターステラーなユニークな喩えがしました。

1
井塔由梨 / Yuri Itoh
湯煙さんへ
(2021-10-03)

わーい。 コメントありがとうございます。 インターステラー見てみます~! (まだ見たことないのです)

1
井塔由梨 / Yuri Itoh
湯煙さんへ
(2021-10-04)

インターステラー見てきました。 個人的にあの映画、酷評したくなる感じでしたが、それもまた勉強になりました笑 ありがとうございます。

1
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2