いちごシロップ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


いちごシロップ    

色あせた政治家のポスター が見つめる こうえんからまっすぐにのびていた道は とうきょう行の 一方通行で 希望だった このどうしようもない こうえんの周りで くすぶっているはずじゃない わたしは とうきょうで女と寝たり寝なかったり するはずで 母のいない 小さなアパートで 息をひそめ  て 忘れていくはずだった こうえんの側溝に捨てられていた 濡れたエロ本を枝で持ち上げて  鬼ごっこをしながらわたしたちは学んだ ヒーローはいつも あたらしいことばをもってくるやつだった わたしのなかに住むようになった 女たち しばしば わたしを つれていった けれどいま 祖母の 車椅子であそぶ  伯母に 女がいるのか聞かれる 母は 夜更けの 海 わたしを産み とらえてはなさない さざ波 よせてはかえす  優しい 強迫 生まれ 育った場所だもの 黒いベンツも 白いベンツも  品川ナンバーじゃなくてかわいい 空も 絵具を塗りたくった画用紙のように青いし こんなに橙色だったかって思う 夕焼け あの頃も 一番に登ってみせた 木の上で 決まって うまくいかないとき 眠っていても 踏切の音が聞こえてくるようなときにかぎって 便りがきた それは いのり のような  意思 彗星が弾みをつけて 勢いよく太陽系を飛び出していってもまた戻ってくるように わたしは引き寄せられていく どうしたい? と聞くわたしに 愛想をつかしてでていった 名前で呼ぶにはあまりに みずみずしかった あの身体に 教えたかった 「どこへ行こうと かるく握りしめるだけで (いろはすみたいに) ひねりつぶせるんだよ」 年上の スーツ姿になびいていった 大海で揺れるわたしの いかだ ペットボトルでできた 母なる海で浮かぶ 透明な乳房 色あせた政治家の顔 がひきつっている 一方通行の道を どうして戻ってくることになったのか こうえんの側溝に隠れていたときの気持ちで とうきょう 息をひそめ  て いたの に 突然 車が いきおいよく曲がってきて わたしはひき殺されそうだった 心の奥底で 望んでいたこと 甘い死の香り 氷にかかったシロップ 月の無い夜に砂浜で聞こえてくる 声にならないのろい 背筋、伸ばして しゃんとしなかんよ。 それは わたしが生かされてきた あたたかい 血のつながり


作成日時 2017-02-20
コメント日時 2017-03-07

いちごシロップ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 13
P V 数 : 461.9
お気に入り数: 0
ポイント数 : 9
項目全期間(2020/03/31現在)投稿後10日間
叙情性20
前衛性00
可読性00
エンタメ33
技巧00
音韻42
構成00
総合ポイント95
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性00
 エンタメ1.51.5
技巧00
音韻22
構成00
総合4.54.5
閲覧指数:461.9
2020/03/31 04時35分47秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

いちごシロップ コメントセクション


コメント数(12)
kaz. (2017-02-20):

すごくコメントしにくい。それは、 ✍️完成度が高いという意味で。 ✍️完成度が高いが、不完全という意味で。 ✍️不完全というよりは、モヤモヤ感が残るという意味で。 ✍️モヤモヤ感が残るのは、いい詩である証拠。 ✍️わかりやすい詩は、つまらない。 ✍️こういう詩は、本当の意味で詩人なのだということを、表していると思う。、

0
kaz. (2017-02-20):

間違って投稿ボタンを押してしまった。続き。

0
もとこ (2017-02-20):

昔から東京への憧れを歌った曲はたくさんあって、マイペースの「東京」なんてその代表格と言えます。NSPも地方人が東京で暮らしていく上で感じる孤独とかを歌った曲がいくつもあるし、長渕剛は憧れて裏切られて嫌いになったというタイプですね。私は実家が東京の神田川沿いにあって年に何回も上京していたので、子どもの頃は第2の故郷という感覚でした。でも田舎に引っ越して上京の機会が減ると、東京への憧れを歌った曲の良さが理解できるようになりました。 この詩を一読して、語り手は東京での暮らしに限界を感じて近いうちに田舎へ戻る、あるいはすでに帰ってきたのではないかと感じました。政治家のポスターには、薔薇色の希望の言葉が並べられています。そのポスターが色あせているということは、語り手の東京に対する夢が色褪せてしまったのでしょうか。子どもの頃の懐かしく美しい記憶と、つい最近までの東京での暮らしの記憶。祖母、伯母、母親、そして同棲していた女性。様々な女たちへの複雑な感情。母の象徴としての海と、砂浜での声。絶望を歌っているようで、最終連は文字通りあたたかい感じで終わる。「いちごシロップ」は「つながりとしての血」の象徴なのでしょうか。色あせたポスターで始まった詩は、あたたかい血の鮮明なイメージで終わる。良い詩だと思います。 ※追記 私は子どもの頃、雑木林とかに捨てられているエロ本を見つけるのが上手かったんですよ。友だちの間では「あいつに任せておけば大丈夫」と頼りにされていました(何だその黒歴史

0
花緒 (2017-02-20):

はじまったばかりのB-REVIEWにレベルの高い作を投下してくださったこと、感謝申し上げます。 kaz.さんのコメントに大体、同意。すごくコメントしにくい作品。それは、勿論、良い作品だから。ストーリーだけ追っていくと、東京に行って失望した作者が故郷を思い返すというごくありきたりなもの。故郷の血縁的なつながりを断ち切ることができず、鬱屈した感覚と胎内回帰的感覚。別段、目新たしさはないはずなのだけれど、わかりやすく説明できないところにこの詩の良さはある。東京、じゃなくて、とうきょう。公園、じゃなくて、こうえん。独特の行分けの仕方に、確かな実力を感じます。古臭いことを書いているようで、妙に現代的なセンスを感じます。ありきたりな題材を書いているようで、妙に、現実感の希薄さが、不思議な叙情に繋がっているというか。いちごシロップというタイトルが上手いと思いました。

0
三浦果実 (2017-02-21):

『いちごシロップ』は所謂、ふわふわポエムと揶揄される作品を見事に突破されてる巧さを感ざる。それは、きっと「政治家」を置いているところがポイントになっている。たしか、他作品あおいさんの『宣戦布告』でのコメント。天才詩人が書かれた内容で、詩作品は作者の脳内にある過去についての妄想などが現すネタが多い、というような話があったけれども、それを回避するためには、作品のなかに「社会性」をもたなければならないのではないかと、最近思うようになった。その観点でいえば、『いちごシロップ』は秀作では。最後に敢えて云わせていただきたい。詩界隈では、特に文学極道では、ふわふわポエムなどと揶揄し、玄人のような物言いをする輩が多数いる。私は、それらの批判にはNOである。ふわふわポエムから登場するであろう、ティーンエイジの天才に会いたいからだ。

0
まりも (2017-02-21):

一連目のリズムの取り方というのか、読みの呼吸というのか、息継ぎの仕方、その間合いに、冒頭から引き込まれました。 母への恋慕とも憎悪ともつかぬ感情が託された三連目、夜の海の不気味さと、「優しい/強迫」という切りつめた、相反する語によって暗示される「やわらかい罠」のように語り手を捕らえて離さない「母」の気配が重なって行くところ。 五連目の「踏切の音が聞こえてくるようなときにかぎって 便りがきた それは/いのり のような/意思」恐らく「母」が、語り手が淋しさの底にいるような時に必ず「便り」を送ってくれる、という安心感であると共に、「便り」が「頼り」であるような・・・執拗に語り手に精神的にまとわりつく縛りでもあって、どうしようもなくそうした「母」のもとに引き寄せられていってしまう語り手の心が上手く現れていると思います。 「年上の スーツ姿になびいていった」「わたし」は、母のような年上の女性のところへと、「母」から逃れるために流れて行ったのかな、と思い・・・愛想をつかして出て行ったのが誰か、分かりにくいのですが、カッコ内の、どこにお前が行こうと、握りつぶせるんだよ、と読める怖さを含んだ言葉が、執拗な愛情で子を縛ろうとする母のセリフのように思われ、その言葉を、「わたし」は出ていく「お前」に言ってやりたかったのかな、と思いました。 体の芯まで、逃れたいのに飲み込まれたい、そんなアンビバレントな感情に駆られる「母」に染められてしまった「わたし」の、どうしようもない日常を描きつつ、「わたし」はその状況をむしろ感受しているのではないか。流血(死)をイメージさせながら、同時に甘さやノスタルジーを喚起する苺シロップのイメージが、全体にまぶされているように思います。

0
露崎 (2017-02-21):

こんにちは。露崎です。 一読しておもしろいと思った。 読んで得した気になったので、露崎ポイント(Tポイント)2億点を進呈します。 「おれは色々しがらみあってつらいんだけど、そのしがらみに生かされてもいるんだなぁ」という どちらというとポジティブな、多分間違っている超解釈でわたしは読んだんですけど、 その感じ、分かるー。と思うし、わたしも充分にノレるテーマでございました。 ちなみに、 <Tポイント内訳> ・筆致が良い(改行・ひらがな使い○) ・構造がうまい(気持ちの流れに沿った構成・冒頭部分から最後部分へカメラが戻ってくるあたりとか) ・魅力的なフレーズがある(いろはすひねりつぶすとこ/透明な乳房とか) ・ポエム腕力に優れてる 上記が良いと思った点です。 (関係ないけど、この形式はすべってる気がするのでもうやりません) 1点だけ気になったところというか、好みのはなしだと思うのですが、 意思の光が弱いまま終わった印象があり、僕がもっと見たいのはあなたが発する光なんですよ。 という意味不明な主張をして終わります。ナイスでした。

0
fujisaki fujisaki (2017-02-22):

kazさん ありがとうございます。色々なことを思っていただいたようです。ぜひそれを解釈してこの作品をどう読んだのか教えていただきたいなと思います。勝手なお願いですが。中上は千年の愉楽を読んだことがあります。中上を意識したつもりもないですし影響も直接的にはないと思いますが選んだテーマは中上性をたぶんに含んでいると思います。 もとこさん ありがとうございます。この作品をもとこさんなりの読み方で読んでいただいて嬉しく思います。捨てられたエロ本が少年たちによって利用されるサイクルは究極のリユースで、ペットボトルや衣類その他なんて足元に及ばないものですね。無数の厚顔無恥なすけべな大人たちによって少年たちは教育され性を獲得していく。日本って素晴らしいと思います。僕もエロ本捨ててこようと思います。 花緒さん ありがとうございます。レベルは高くないと思います。確かな実力、現代的なセンスと言っていただきましたがはたしてそれが適当なのか疑問です。僕はそれらしくみせることはわりかし上手だと思っているので。この作品が必然性をもって受け止められていてほしいなと思いますし、そうでないと思うので修辞に頼ることなくもっとデッサン力をあげたいなと思います。 三浦果実さん ありがとうございます。僕の作品は、そうなんですポエムなんですよね。その点を突破するキーとして政治家という単語をあげていただきましたが、そういわれるとそうなのかもしれないとも思います。僕の作品はポエムですし、ポエムを書こうとも思っているところがあります。そういえばティーンのころ文極やメビリンでわめいていたことを思い出しましたがそれはまた別のお話ですね。 まりもさん ありがとうございます。丁寧に読み込んでくださって嬉しく思います。まりもさんのコメントを読んで「いちごシロップ」というタイトルにして本当に良かったなと思いました。息継ぎの仕方や間合いというものを褒めていただきましたが、これも小手先の雰囲気の域をでないのではないかなと自分では思ってしまいます。筆者がこんなに弱気でどうするんだとも思いますが。 露崎さん ありがとうございます。話は変わりますが露崎と藤崎って似てますよね。2億点換金させてください。その感じ、分かるー。と思ってもらうために何か書いているような気がしています。とても嬉しいです。筆致がうまい、といっていただけたことは喜びの極みであります。昔からメビリンや文極で「筆致の未熟さ」を指摘されてきた藤崎にとって相当くるものがあります。これに満足せず精進したいです。ポエム腕力は自己分析の結果藤崎の強みであると確信しているのでこれからも伸ばしていこうと思っています。そして意思の弱さについてですが、これについてはコメントせず宿題にしたいと思います。そこやっぱり突かれるよなあと、万感の思いです。

0
fujisaki fujisaki (2017-02-23):

天才詩人さん ありがとうございます。古宇利島という沖縄の離島は本土と橋が架かってしまったがために「再離島化」してしまい、固有の文化や風土が失われてしまいました。島民は船がないと行動できない不便さや真水の入手が難しい等々の生活苦から架橋を切に望んでいたのですが、いいことばかりではないわけです。元々祭祀が独特な島であり、ウマチーと呼ばれるものは厳格な禁忌をもつものでした。ウマチーを執り行うカミンチュの姿は絶対に見てはならぬ。その時間は家にこもり船も出してはならぬ。そういった禁忌も架橋後は観光客が物珍しいにかられ見物にくるようになってしまったそうです。道は往々にして生まれ故郷からの出口として明るい希望のように見えます。田中角栄によって日本中がそんな夢を見ていたときもありました。移動こそが経済をつくる。道こそが私を自由にし、道こそが私に無限の可能性を提示してくれる。道はすべてを飲みこみ東京一極集中時代をもたらしました。それはストロー現象と言うように、地方の若く幼い希望たちが道をその用途通りに使った結果です。この是非はともかく道は非常に強い力を持っているのですね。 しかしその道はもちろん東京→地方という方向にも通じているわけです。古宇利島のように穢れ(比喩としても)が入ってくるのも道です。そしてまた僕にとってもふるさとを出るときに使った道はふるさとへ帰るという用途も持ち合わせていました。いやむしろ道が無ければ帰れなかったという意味において、道こそが僕にとっての呪いだったのかもしれません。しかし東京から帰る道の上でふるさとを思うとき、僕は必ずしも悲観的ではなかった。人生に起こる事すべて何かしらの縁があってのこと。そういうような意味づけができるようになった僕というのが、天才詩人さんのいう「タフさへの信頼」というものなのでしょう。そしてその道の上だからこそ、「とうきょう」であり「こうえん」という捉え方になってしまう。身体がどちらにあろうと東京も公園も地続きの僕をつくっている。そういう思いがこのポエムのどっちつかずの距離感に反映されていると思います。ふるさとでの思い出、上京、東京での日々、帰郷、ふるさとの懐かしく新しい感じ。そういった経験を通して僕が最近強く感じるのは無常観にも似た執着しない気分です。その雰囲気がこのポエムにはとても色濃く出ているのだなあと天才詩人さんのコメントを咀嚼しながら改めて思いました。長くなりました。

0
長庚 (2017-02-25):

初めまして。 前に読んだとき、そして今回もまた。特に6連の比喩が凄いな、と感じました。 そこに例えられているのは(湛えられているのは)去って行った人か、または『わたし』の気持ちか。 いずれ、海に浮かぶペットボトルの中にまた小さな海ができているかのような、延々続くカメラトリックを撃墜するように『ひねりつぶす』ただし、母なる海への思慕は残したままで。 ここは、書きすぎないことで、却って想像の余地が膨らまさせられた、個人的にいちばん好きな箇所でした。

0
百均@B-REVIEW ON/ (2017-03-03):

こんにちは。百均です。 >ペットボトルでできた >母なる海で浮かぶ >透明な乳房 これが凄まじくいいですね。こういう見立てで驚く事ってあんまり最近ないんですけど、これは白はたあげたいなぁ。透明な乳房に符号する物がこの世にはあるんだなぁ…っていう気づき。それが意味するとことってえげつないし、えげつないから言葉にできないからポエジー。みたいな感じ。だってここから広げていこうとしたら、もう「いろはす」とかね、そこから水のイメージなり、どんどん広がっていくもの。そこから、最後の「いちごシロップ」的な血のニュアンス、つまりはイメージの感触にかさなっていくしその為の綺麗な伏線でもあるよね。透明な乳房から吹き出す透明な水という大地の血のイメージと、それらがパッケージ化されて都市に売り出されたり、エロ本に映る乳房のイメージだとかね、この感慨をどう言葉にすればいいんだろうな。という所でいつかガッツリ読みたいんだけど、他の人のレスの方が面白いなと今は思うしその為の体力作る時間がないから、今は何も言えないんですけど、僕はこの詩に対して一つの納得を得てしまった。今はそれだけだしかいえない。

0
fujisaki fujisaki (2017-03-07):

長庚さん ありがとうございます。僕はむしろこのポエムを通して説明的すぎるのではないだろうかとずっと疑問でしたので、想像の余地と言っていただけるのは意外でした。6連については自分なりに頑張って比喩を考えたので嬉しく思います。 百均さん ありがとうございます。いつかどうぞがっつり読んでいただきたい。僕も個人的にとても興味があります。イメージの感触、連なり、上書き、絵の具の重ね置き。そういったところを試行錯誤するのはとても楽しく、ポエムを書く醍醐味の一つだと思っています。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1