どこにもない思い出の美しさ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは、祖父母の目の前で、伝記を破り捨てることにした。

r

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

この作品は読んだことがありません。


批評対象
作品を読む

どこにもない思い出の美しさ    

<批評対象作品>
彼方からの手紙


※推薦文を書くのは初めてなので、拙いところが多々あるかと思いますがご了承ください。 この詩、詩というか掌編小説というか、まあどっちでも私は気にしないのだが、まず語り口がいかにもサリンジャー的である。 >まいったよ、 冒頭から村上春樹の「やれやれ」に通じるアメリカ文学のよくある言い回しだ。 >もう九月もお終いだなんてね。コロナでいろいろ暇だからグリーンデイばっかり聴いてぼやぼや暮らしてたよ 新型コロナであろう、つまりこの作品は現在時点で書かれている。グリーンデイは知らなかったが、アメリカのバンドらしい。 >そっちの暮らしはどう?うんそうか、そんなところだね。 手紙という体裁ながら、「そんなところだね」と自ら答えてしまうところもいかにもアメリカ的。 >詩はもうめっきり書かないかな。 やはり詩じゃないのだろうか。 ただ詩自体、メタ的に描かれるだろうから、作中に詩ではないという文言が出てきても、詩でないという否定材料にはならない。 >魔法は使えなくなっちゃったしね。 これはちょっとよくわからない。 >そうそう、あの時の友だちと詩の話してたときに、たぶん夙川かどっかの夏祭りを、おじいちゃんやおばあちゃん、おじさんおばさん、その他諸々と歩いたことを思い出したんだ。透明のぷよぷよに閉じ込められて戸惑う金魚。りんご飴の暗い光沢だとか、焼きそばの匂い。クジで当たったのは化粧品を模したおもちゃで、香具師のおじさんが、それでキレイキレイにしてや〜と言うから、でも、僕男なんです、と言ったら、そんなん知らん、とにべもなく突き放されたこと。 突然思い出される記憶。しかもアメリカでなくて日本の和のテイストだ。 >セミの軍隊が徐々に敗北していって、最後の一匹になること。 >かさぶたが少しずつ小さくなっていくこと。 >弟が産まれたこと。 >神さまはいらないものはなにひとつくれなかったのに、思い出ばかりくれる。 >そうそう弟にも子供が産まれたんだ。笑ったときなんか、あの時の弟とほんとにそっくりでね。 矢継ぎ早に回想が広がりを見せる。弟→神さま→弟 ぐるぐると思考の回転がみてとれる。このふた箇所の弟を同一人物だと読み取るなら、最初の弟は、赤ちゃん(生まれたとき)であったのに、次の弟はもう大人になって子供を産んでいる。時間差が激しく、人が何かを思い出すときの、時間軸を無視した飛び飛びの感覚をよく表している。 >あと、たしかダムに行ったのも九月だった。九月は黄昏の季節なんて小説のタイトルなかった?あの有名な詩のフレーズは何月が残酷な季節なんだっけ。 そういえば冒頭で九月と書いていた、そこからの連想だ。ここでも小説のタイトルを問いながら、詩のフレーズも同時に問う。詩と小説のあいだで作品が揺れ動く。 >だいたい季節なんて不確かなものだね。僕たちの思い出ででしかない。 季節はたしかにはっきりとした区切りはないし、曖昧なものだ。思い出、そう思い出も曖昧なもの。時間軸を無視して行ったり来たりするものだ。 >そうダムに流れ星を見に行ったことだったね。南十字星の位置をふるえる指でさした。あたりはどこまでも静かで闇に沈んでいた。吐く息がぜんぶ白くなって消えた。 一転して寒くふるえる描写。 >あの雷の雨が降ったのも九月だった。州のすべてが夜通し停電して、やることのなくなった僕らはとりあえずドライブに出かけた。車道や、街並み、街路灯から信号機までのライトがなくなると、あとは世界は宇宙になってしまう。だから車はUFOだし、Too Young To Dieをかけながら、そのままミルキーウェイを征服するつもりだった。ははまいったよ、まさかみんな居なくなっちゃうなんてな。 先の文と同じ九月のはずなのに、ゲリラ豪雨のような蒸し暑さが伝わってくる。寒さと暑さ、記憶の曖昧さも相まって。 >そう九月が終わったらきっと十月が来る。はじめがあれば終わりがある。それがこの世の定め。 ここはサリンジャーよりも村上春樹寄りだろうか。 >この前、Tinderでスパイとマッチしたんだよ。シンガポール人だって言うけどそれはカバーストーリーで、本当はウクライナ人だろう、ってとこまでは推理は進んでるんだ。だってそうじゃないか?フランス語が喋れる美人なスパイと言えば、旧ソ連の出身の約束だ。 すぐに理解はできないが、流れから(回想記述の曖昧さによって)、ここまで読んできた読者は不思議にすらすら読めるだろう。 >世の中には約束されてることばかりなんだな。だけどなにも分からないよ。なんだか青空のようになにもかも分からないんだ。 わからないと嘆く。ここから一転↓ >ただね、季節の理解だけは深まっていくよ。全部やっぱりサイクルなんだね。時計の長針が一回転する。ルーレットが回って、ボールが跳ねる、跳ねて、転がる。自転車のスポークがギラギラ光る。丸いモスクのなかでスーフィーたちがぐるぐる踊る。丘の上の風車が、ゆっくりと小麦粉をひく。君の前の空間を人差し指がくるりと円を描いて。太陽や月が。人なんか花と一緒なのに。 わからないことだらけのなかでも、たしかなものがここで示される。サイクルというイメージをもって、曖昧さにひとつの痕跡を残す。 >実を言うと九月はこっそり革命を起こそうと思ったんだ。虹を渡す蜂起や。シャボン玉のクーデター。金の馬群と吊るされた王様。そんな九月になるはずだったんだ。 コロナで何もできなかったのだろう。その内面の反発が、豊かな映像的なイメージでもって描写される。 >こんなはずじゃなかったよね。なにもかも。思い出ばかりが増えていくんだ。 「思い出ばかりが増えていく」 それは既に、この作品自体が語っている。 そしてこのワード自体、読者の共感性も高いと思う。 >世界をひっくり返してみても、もうそんなのどこにもないのにね。 このラストの解釈は微妙だ。「そんなの」はおそらく、思い出を示している。つまり思い出は頭の中に溜まっていくが、実体は何もない、ということではないか。そう読むと、先のキーワード「思い出ばかりが増えていく」ことが非常に虚しく感じられる。と同時に、過ぎ去っていくことに執着しないというか、過去は過去でしかないという肯定的な意味合いにも感じられて、なかなか味わいのある末尾だと感じる。 思い出、記憶、回想に彩られたエピソードの拡散が、キラキラと輝いている。どんな思い出でもそれはたしかに美しい。たとえそれが、もう過ぎ去ってしまった実体のないもの、世界をひっくり返してみても、どこにもないとしても。


作成日時 2020-10-04
コメント日時 2020-10-04
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

どこにもない思い出の美しさ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 1
P V 数 : 467.6
お気に入り数: 0
投票数   : 0

どこにもない思い出の美しさ コメントセクション

コメント数(1)
パスワードを忘れ続ける
パスワードを忘れ続ける
作品へ
(2020-10-06)

素敵な返信だな ラブレターをありがとう

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3