作品投稿掲示板 - B-REVIEW
お知らせ

リチウム   

作成日時 2017-08-14
コメント日時 2017-08-19

海岸線に建てられた 原子力発電所の扉を開く 小さなウランに気付かないあなたが 僕の前を歩きながら 図書館で働こうかしら と小声で呟いた どうして? と尋ねると 知らないことが多すぎるから と あなたは元素記号表を受付係の人から貰った 何を知りたいの? それを広げて歩くあなたは 僕の受け入れているもの全て と 答えた もう リチウムはいらないんだ * コスモスが咲き乱れている山がある それはすぐ近くにある そこには街を見下ろせる観覧車があって 僕は無数に開いたあなたの耳のピアスの穴を 眺めてから 乗ろうかと誘った ここでロックフェスが毎年行われるの 卵のオブジェが無数に置かれた森を眺めて あなたは言った 僕は一面に咲いたコスモスの中で 鳴り響くギターに合わせて あなたが踊る姿を想像しながら 同じように森を眺めた もう リチウムはいらないんだ だって 日差しが照らし始めてきたから * しばらく歩くと 南極の館というアトラクションに辿り着いた 悲しい事は氷点下に閉じ込めれば良いのよ とあなたは薄着のまま中に入り そして白熊の前で 僕は初めて白い手を握った とても冷たくて 早く出ようと足早に歩くと 悲しみはまだ側にいるよ と あなたが言ったから 立ち止まって僕は強く あなたの体を抱きしめた もう リチウムはいらないんだ だって 日差しが照らし始めてきたから もう リチウムはいらないんだ だって あなたの薫りがするから * ホットココアが好きなの とカップを両手に持って小さな唇に 映画観ようかと僕は 青いアルトにキーを差し助手席に 左手を回しバックするため体を捻ると あなたがカップを離して目を 僕の横顔へ向けて向かい合って見つめたから そのままカップは 落ちて 両手は 互いの染みになっちゃうね とあなたが言って じゃあ洗わないと とあなたの家の逆方向に僕は向かった 海岸線の 海岸線の もう リチウムはいらないんだ だって 日差しが照らし始めてきたから もう リチウムはいらないんだ だって あなたの薫りがするから たとえ 誰でも 何でも かまわないから もう少しだけ隣で寝かせて あなたの薫りがするから もう少しだけ隣で寝かせて あなたの薫りがするから あなたの薫りがするから あなたのリチウムはもう いらない 詩集「cElebrAtion」より。


項目全期間(2019/11/22現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:120.4
2019/11/22 20時15分49秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(6)
まりも (2017-08-17):

流れるような言葉の響きと、緩やかにたゆたうような、叙情性にあふれた流れ。 先月の投稿作品を思い浮かべつつ、同じ作者?と仰天しました。 近未来の、ロボット(というよりは、アンドロイド?)が意志を持ち、恋をしている、そんな世界を思い浮かべつつ・・・ 〈僕の受け入れているもの全て〉を知りたい、という・・・ある意味、これほど究極の愛の告白はないのではないか、という情熱のこもった言葉を、控えめに、知的に洗練されたムードでつぶやく〈あなた〉。 〈あなた〉がそばにいてくれれば、悲しみを「忘れる」ことは出来なくても、悲しみを「凍結させる」ことはできる。 〈僕〉を照らし始める〈日差し〉は、ようやく差し染めた希望の光、のようにも思われ・・・ 科学や物理に疎い私は、リチウム、というと、リチウム電池、くらいしか思い浮かべられません。そんな、ごくごく一般的な、文系オンリー読者の視点からの読み方に限定されますが、リチウムによって、むりやりエネルギーの注入をしなければ生きていられない、動くことのできない、そんな「時間」から、〈あなた〉がそばにいてくれることによって、内発的にエネルギーが生み出される、自分から動くことができる、そんな「時間」に移行していく・・・〈あなた〉によって〈僕〉が生かされていく。そんな物語を感じました。 原子力発電所が現れる冒頭、そして〈卵のオブジェが無数に置かれた森〉のイメージは、原発事故と、その後の再生への取り組み、復興に向けた様々な分野の表現者たちの想いを感じるのですが・・・あまり、そうした時事性に結びつけず、柔らかく流れる恋愛詩、として読みたいような気がします。

花緒 (2017-08-17):

うーん、いいですね。<あなた>は元素記号表を貰い、僕の受け入れているものすべてを知りたい、と言う。すなわち、<僕>は元素記号表を受け入れいている。原子力発電が必要な社会、社会を支える科学及び科学的思考、すなわちリチウム。リチウムを受け入れている<僕>のすべてを知りたい、と言う人が現れたことによって、<リチウム>を必要としなくなる。愛情によって、パーソナルによって、社会性が要されなくなる、という構造をベースに、叙情性の強い作品が仕上げられていると感じました。

5or6(ゴロちゃん。) (2017-08-17):

まりもさん、花緒さん。コメントありがとうございます。確かに最近のテーマはこの時のテーマとだいぶ違いますので書き方も変えています。この作品は初期の作品ですが舞台はロックフェスが開催されているひたちなか市です。アンドロイドのような文章。以前あおばさんにも言われました。感情を排除した文、乾いた文、その中に込めるパーソナリティ、ポエジー。そのテーマは自分の電子詩集「cElebrAtion」で表現してます。良かったら読んでください。 以上、宣伝でした。 まる。

渡辺八畳@祝儀敷 (2017-08-18):

東北周辺かなと思って読んでいたらやはり茨城でしたか。「南極の館」は山形のリナワールド? ひたちなかからはちょっと遠いか。 リチウムといっても私は電池しか連想できない。詩中の人物のよう知らないのでwikiで調べてみたところ核への使用もあるんですね。ウランばかりかと思っていた。さらに見ると躁病への医薬品という使い方もあるとか。 元素っても結構専門知識寄りなジャンルだろうし知る人と知らない人と出は結構その知識に差が出ると思う。知っている人はその知識をこの詩に付加して読めるのかなと感じた。

5or6(ゴロちゃん。) (2017-08-19):

祝儀敷さん。調べて下さりありがとうございます。そうですね、確かにリチウムはそのような用途があります。 後、この舞台はロックフェスも行う、というヒントからニルヴァーナのリチウムからのインスパイアも含めてます。歌詞付きの動画をhttps://www.youtube.com/watch?v=rAWtOPVGdG4feature=share では。

竜野欠伸 (2017-08-19):

はじめまして リチウムに託された言葉の意味が が多様なニュアンスと意味合いで読者に迫ってきます。 ここでは、リチウムを「小さな原子力」として読み進めます。 ある意味での原子力エネルギー社会を風刺してもいるし 叙情詩としても描こうとする野心的な一作ですね。 311東日本大震災跡の世界でも必需品でもあるモバイル端末。 日進月歩の技術でもあるリチウム電池に蓄えられた遠距離通信でも、 叙情詩ではどのように解釈できるか、という解釈が楽しみでもありますね。 どのような文脈でリチウムとは、どのような象徴かを考えました。 ①モバイル端末の普及で遠距離恋愛の許容範囲が広くなりすぎた社会での孤独感の象徴 ②311報道が伝えそびれているかもしれない最小単位の原子力社会(恋愛カップルを含む)の象徴 ③311東日本大震災で開いた心の空洞とそれに伴う復興の疲れを支える小さなエネルギーの象徴 ①②③の描写や伏線にもなり得るし、 過剰なエネルギー源(原発の暗喩でもあるし、携帯情報端末による備蓄電源の直喩でもある)の比喩対象が 要らなくなるかもしれない社会は、少なくとも詩作上では、恋愛の成就を産み出そうとすると解釈いたしました。 メッセージとしては、過剰なエネルギー源という電力とは、 個々人の運命や生命の行方にかかわる表現の自由と解釈の対象でも有りうるものとして、 脱原発社会を暗示的に書いたのだろうとも考えました。 それらによって、「あなたのリチウムはいらない」という言葉のリフレインが さまざまに傷ついた心を癒やすキャッチフレーズになっているだろうとも思います。 この発表で終わらせるにはもったいない一作だと感じますね。

投稿作品数: 1