バロック - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは、祖父母の目の前で、伝記を破り捨てることにした。

r

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

バロック    

なまくら包丁を左手首に当てて、力を込めた。何度も何度もスライドさせようとした。真っ暗な四畳半で一人、暴言の飛び交う混沌とした青春に別れを告げる為だった。結局傷一つ付けられず、涙すら溢れない事を悟って諦めた。包丁を手元に置いて寝ていると、母が台所で気付き、何故そんな事をするのかと階下で声を荒げた。病気になったのは私だけで、兄弟達は何ら精神面の問題は抱えていなかったので、困った顔をしながら母を宥めてくれた。私にどう接していいかも分からないだろうに、巻き添えを食わせてしまって申し訳ない。彼らだってまだ若く、本当は自分の悩みで必死だったろう。私は何故死にたかったのだろうか。 家族ですらそんな状態だったので、部屋の外に出る事が出来ない。しばらくインターネットと病院だけが外の世界との繋がりだった。私の好きなチャットルームでは自傷行為はパフォーマンスで、遥かに傷が深い人々が集まって遊んでいた。何故もどうしてもなく、理由も目的も少しずつ違う、フリークスの面々が揃っている様だったが、付き合いは浅かったので実際の所はよく分からない。その頃私がこの人と決めた相手は特に希死念慮が酷かった。手首から肘にかけて切り傷の跡が無数にあり、ODで集中治療室に入った事もあるそうだ。 そんなこんなで全日制の学校にいられなくなった時点で、通信制に転入して、アルバイトも始めた。楽しくはなかった。何せ常に自分を笑う声がして、皮肉や嫌味で汚く罵られている幻覚だから、何処へ行ったって同じである。尚且つというのか、うつ状態で周囲からの問いかけに答えることも必死だ。だが仕事自体は性に合ったのか、続けられた。性格は能天気で明るいのだろう、ちょっと果物を切ったり野菜を陳列してにこにこしていればお金を頂けるという事に安堵した。お母さん(場合によってはお孫さんもいるのが珍しくなかった)達の人生観が世間話から垣間見られるのも好きだった。世の中には自分の様に死にたがる不幸者は滅多にいない事が疎外感を生んで、少し悲しかったが。 結局幻覚が治ったとはいえないものの、今は訳もなく死にたくなる事は無くなった。年の所為もあるし、人間は関り合いの中で成長し、時には憎悪や嫌悪で殺しあう事もある、と当たり前の事実に気が付いただけである。三百万の間違いと、一つの不正解。私の回りでは皆が幸せそうに暮らしている。そう装っているという嘘を吐きながら、至って普通に生活している。起き上がれなくなる程の絶望とは一体なんなのだろう?あの頃私は世界に夢を見ていた、暗がりで1人築いたとびきり綺麗で清んだ美しい妄想を。


作成日時 2020-08-01
コメント日時 2020-08-04

バロック ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 2
P V 数 : 445.4
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 10
項目全期間(2020/10/29現在)投稿後10日間
叙情性55
前衛性00
可読性55
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント1010
 平均値  中央値 
叙情性55
前衛性00
可読性55
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合1010
閲覧指数:445.4
2020/10/29 07時29分25秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

バロック コメントセクション

コメント数(2)
ふじりゅう
作品へ
(2020-08-02)

よくある、といえばよくあるのですが、この様な事をよくある、と私が当たり前のように思っていること自体の良くなさ、みたいなことを思います。文章としてみると、日記的なるものから逸脱しきっていない感を禁じえません。「転」の部分を練り直すことでもっと良作になり得るような、そんな気がしました。

0
ネン
ネン
ふじりゅうさんへ
(2020-08-04)

コメントを有り難うございます。 正直、それを選んだ時点で評価されないだろうなという題材の、雑文ですね。それなりに必死ではあるものの、自分でも随筆までいかなかった感が凄いです。切実に日記から抜け出したいですが、これ以上になる可能性が低い気もします。嫌な思い出は忘れた方がいいのかな。 重ね重ね、読んで下さって感謝です。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1