愛―知、非―知 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

愛―知、非―知    

知の世界の外へ行きたいのです 洒落たジャケットを脱いで 靴も、靴下も パンツまで脱いで 裸の身体で、知を愛したいのです ここで重要なのは、私はまず洒落たジャケットを着こんでいたということです 裸のままではなかったのです 私は着ていた物を、脱いだ それが重要なのですエロティシズムには 脱ぐことで至れる場所があります 不在を欲望することはできません ただ、欠けたものを補うことによって 渇いたから、飲むことによって 洞窟の中にある原始 暗闇に光の幻視 世界を構成する原子 そのただなかにあって 私は至りたいのです高みに ただ高く、ここにないものを求めて 伸ばした手は空を切るのです そこには何もないので 絶対的な存在はその不在によって 汚濁から逃れ去ることになります 眠り姫のベッドに埃は山積していませんでした 百年ものあいだ、放置されていたのだとしても 鏡をみてください 鏡をみないでください ××はどこに ××はどこにも


作成日時 2020-07-26
コメント日時 2020-07-28

愛―知、非―知 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 560.8
お気に入り数: 2
投票数   : 0
ポイント数 : 2
#現代詩
項目全期間(2021/04/17現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性11
エンタメ00
技巧11
音韻00
構成00
総合ポイント22
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性11
 エンタメ00
技巧11
音韻00
構成00
総合22
閲覧指数:560.8
2021/04/17 23時33分21秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

愛―知、非―知 コメントセクション

コメント数(4)
沙一
作品へ
(2020-07-26)

洒落たジャケットなど比喩だと思われる言葉が散見されて、そうした修辞を纏っているこの文章そのものは、裸になりきれているのだろうかという疑問をいだきました(ちょっといじわるかもしれません、すみません)。 とはいえ、(比喩ではない)裸の肉体でさえも形而上のイデアの表れであるのかもしれず、ここで語られているように絶対的な存在はやはり人間の五感では認識できないのかもしれません。 逆に、洒落たジャケットがあるからそれを着るための裸体があり(衣服がなければ裸という概念さえないはず)、お洒落を好む個人の嗜好性(形而上の観念)が顕になるともいえそうです。 余談ですが、哲学(philosophy) はまさしく知(sophia)を愛する(philo)ことですね。小林康夫さんという哲学者が仰っていたのですが、philosophy は logy とつかないから「学」ではない、だから本当は「哲学」と言っちゃいけない、ということでした。私はこの見解が好きです。

1
ariel
ariel
作品へ
(2020-07-26)

フィロソフィーとエロティシズムが存在と不在で結び付けられている、興味深い詩ですね!答えや真実は未だ存在しないからこそ求めたい。その探究心の感覚、とてもよくわかります。 ただこの解釈だと2、3連目のエロティシズムの下り、特に「不在を欲望することはできません」と矛盾するので、ここの部分は全体の位置づけとしてどういう意味があるのか知りたいと思いました。この作品のメジャーテーマの一つであると思われるのに、読解力不足で解釈できずもどかしいので、意図をご説明頂けると大変嬉しいです。考えさせられる作品をありがとうございました!

1
&
沙一さんへ
(2020-07-28)

ありがとうございます。僕は裸体そのものよりも「脱ぐ」という行為の方にエロティシズムとフィロソフィアがあると思っていて、着こんでは脱ぎ、着こんでは脱ぎを繰り返していく絶え間ない営みをひとつの愛―知の在り方だと考えています。

0
&
arielさんへ
(2020-07-28)

コメントありがとうございます。「不在を欲望することができない」というのは欲望は常にその対象が「まだここにはないけれど、いずれ現れる」といういわば「未在」とでもいうべき状態で想定されていることを示したつもりです(たとえば学問体系としての哲学は「答えが存在しない(と思われる)問題」を考えているのではなく、「答えはあるはずなんだけど今はまだ出ていない問題」を考えています)。 一方で一つの考えとして、絶対的な「神」や「真理」はそれが「不在」であることによって定義されることがあります(たとえば神は姿を現さないものとして、プラトンはイデアを直接見ることができないものとして、つまりいずれも不在として存在することがあります)。いわば広義の「否定神学」ですね。しかしこうした我々はこうした素朴な「絶対性」や「純粋性」のフィルターによって存在しているはずのものまで見えなくなっているのではないか、と僕は考えています(眠り姫のベッドに積もった埃のように)。 そこで提案されるのが不在ではなく欠如を埋め合わせるように知を求めていく在り方であり、これが筆者として語ることのできるこの詩のひとつの解釈です。ただこれが全てというわけではなく、もう少し色々と詰め込んでいます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1