ある雨の日、君の弟は。 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

眠い人

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ある雨の日、君の弟は。    

雨が止みはじめた頃に、 傘を差しはじめてみた。 びしょ濡れになって傘の下、 僕は何かに守られていると強く感じる。 道の向こう側から、 少年が歩いてくる。 あの懐かしい長靴の黄色が、 僕の目に焼き付いて離れない。 僕がまだ長靴をはいていた頃、 水溜りに自分から足を突っ込んで、 びしょ濡れになりながら遊んだっけ。 カエルを触った手で、眼を擦ってしまって 真っ赤になった眼のことだって 全然気にならなかった。 なのに、あの日 幼い子どもの 少し汚れた黄色い長靴が 宙に舞った。 宙に舞って、地面に落ちて あんなにたくましかった長靴は、 中までびしょ濡れになって あの勇ましい姿は見る影もなく。 きっと 彼はなにがなんだか分からなかった。 自分の置かれている状況も、 これからどうなってしまうのかも。 それでも雨は、止まない。 雨は身勝手で。 その黄色い長靴が、 今、僕に向かって歩いてきて 何か言いたそうにしている。 なのに、耳を傾けても 傘に落ちる雨の音が 響くだけなんだ。


作成日時 2017-08-07
コメント日時 2017-08-27

ある雨の日、君の弟は。 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 11
P V 数 : 247.4
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/06/02現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:247.4
2020/06/02 08時19分16秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ある雨の日、君の弟は。 コメントセクション


コメント数(11)
貢 (2017-08-07):

昔はきっと、そういうもので。 今もきっと、そういうもので。 かなしいな、と感じました。

0
AB (2017-08-07):

たまらないですね。 想像するのは、書こうとして書いたのではなく、抑えても出てくるものだけを という感じ。 それももしかしたらテクニックかもしれませんが、ちょうど琴線にふれるように。 詩でこそ表現できることかもしれません。 それにしても、たまらないです。

0
ハァモニィベル (2017-08-09):

はじめまして。よろしくお願いします。 私はドラマ性のある作品は好きな方ですし、そういった作品ほど、誤魔化しが効きにくい分、見た目より実際に書くのは難しく高度だと考えています。ドラマ性を持った作品には完成度が求められるからです。 そこで、本作品も、完成度という視点から鑑賞しました。 一見よく書けていそうなこの作品が、どうして読者には腑に落ちないのか、 私が感じた所を以下述べてみます。 それは、作品冒頭にあって、本作を理解する上で重要である  >僕は何かに守られていると強く感じる。 という語り手の感覚が、読者にうまく伝わらないところが原因です。 子供が長靴を穿いた時に感じる、鎧を着たような無敵感、そして傘により語り手が雨から守られると感じた防御できる筈という感覚。それが、「弟」には至極あっけないものでしかなかった。という、この感覚がむしろ作者が伝えたい感覚だと思うけれど、それが、読者には、わたしが解説したようには伝わらないだろうと思います。 なぜ、それが伝わらないか、といえば、第一聯の書き方が不味いからです。 >雨が止みはじめた頃に、 >傘を差しはじめてみた。 これだと、かなり変わった感受性の持主が語り手だと読者は思います。(面白いつかみにも思える) そういうコンテクストで、 >びしょ濡れになって傘の下、 >僕は何かに守られていると強く感じる。 と続く二行も同じ流れで読める。だから、重要なはずの(作者は共感してほしいはずの) 「僕は何かに守られていると強く感じる」もまた、冒頭の流れのまま、一般人の感覚を離れた特異な感受性なんだろーな、と、誤読される方がむしろ当然と思える そういう書き方をしています。 で、特異な感覚の人の詩なんだろうな、と期待したら、次からはずっと >道の向こう側から、 >少年が歩いてくる。 >あの懐かしい長靴の黄色が、 >僕の目に焼き付いて離れない。 と、極めて紋切り型がならぶわけです。(以下最後まで) それはそのはずで、全体は、淡々とした、フツーの人のモノローグが味わいになっているドラマですから。 なので、面白い掴みのように書かれた、第一聯の前半部分が、 全体のドラマの雰囲気と整合しておらず、私から見れば残念な出来栄えになってしまっていると感じました。全体が淡々と平板な叙述で構成されている以上、第一聯前半部分も、もう少し丁寧に工夫する必要があったと思います。 以上です。

0
yamabito (2017-08-10):

自分的に、以前の葛西作品とは一線を画していて、わかりやすい作品なのではないかと感じます。 おおむね言わんとしている部分は理解できますが、ギリギリのところで感情を留め、それを読み手の中で沸騰させる術を心得た巧い作品という気がしました。

0
花緒 (2017-08-10):

いわゆる物語ではないけれど、(見えない)ストーリーの力を、うまく使っておられるのだと感じました。雨に黄色の長靴が浮かんできますね。

0
まりも (2017-08-11):

行替え(改行)が生み出す歩行のリズムに加えて、句読点の生み出す、息継ぎのリズム・・・作者の肉声が伝わってくるように思いました。 はじめた/はじめて と二度重ねる冒頭。~し始めた、という通常の意味が、なぜか「初めて観た」と思われて来るのは、なぜでしょう。傘を差し始めた、というような表現を、通常は使わないから、でしょうね、きっと。その、微妙な用法のずらしが、意図的なものなのか、偶然生まれた産物なのか・・・ 雨、が降っている間中、雨を受けていた語り手。雨が実際のものであれ、比喩としてのものであれ、体の芯まで冷え切って、濡れるがままに任せていた、ことになります。雨が土砂降りの間、むしろ、為す術がなく濡れていたのではなかろうか。その雨が少し小降りになって、もうすぐ止む、という確信を持てたころ・・・希望を感じられたとき、ようやく、自らの身を濡れないように守る傘、を差す気持ちになった。その気持ちになって、初めて見る光景・・・が、その次の行から続いていくような気がします。 今、ようやく自分は、自分で傘を差す気力を得た、それなのに・・・かつての自分と重なる、黄色い長靴の少年が歩いてきているのに。すってんころりん、びしょぬれになって、それでも何か、私に言おう、語りかけようとしているのに。自分は今度は、自分の身を守るための傘がある、ゆえに・・・その傘に当たる雨音に消されて、少年の心の声が、聞こえない・・・かつての自分の声を、聴くことができなくなりつつある、ということでもあるでしょう。同じような想いを抱いている人の声を、自分は本当に聴くことができているのか?ということでもあるでしょう。 ・・・ということを感じたのは、以前に投稿された作品を既に読んでいた、から、でもありますが・・・傘となって、不運や苦悩の雨から、家族を守りたい、という思いをつづった作品、ですね・・・この作品だけを読んだ読者にとっては、ハアモニィベルさんが感じたような、釈然としない感じ?を受けるかもしれません。もちろん、そうした前後がなくても、作品そのものに秘められた余情、のようなものが、ほわっと伝わればよい、のでしょうけれど・・・。 ベルさんの〈>雨が止みはじめた頃に、/>傘を差しはじめてみた。/これだと、かなり変わった感受性の持主が語り手だと読者は思います。(面白いつかみにも思える)〉という部分、私も特徴的だと感じました(コメント冒頭に書いた通りです) 〈懐かしい長靴の黄色〉na の音によって導かれる響きと、黄色い長靴という、小学生時代を彷彿とさせる、ある種の記号の用い方・・・一般読者に寄り添い過ぎている、と観るか。いや、あえて、誰もが知っている表象を持ってくることで、少年時代の自身の換喩を成立させている、と観るか・・・ここは、他の読者の意見も聞きたいところです。

0
葛西佑也 (2017-08-19):

貢さま ありがとうございます。悲しみを感じ取っていただけたとのこと、誠に嬉しく存じます。 仲程さま ありがとうございます。かなり昔に書いたものですので、自分でもどう書いたか忘れてしまいました。十五年くらい前だったかもしれません。なのでテクニックうんぬんは、まったく意識はしていませんでした、おそらく。 ハァモニィベルさま ありがとうございます。貴重なご意見ですね。すでに十五年前の作品のため、当時どのように書いたのか、記憶は曖昧なのですが、これは実はでして、フィクションが一つもないといつまでも過言ではなく、そのままを切り取りたかったのだと記憶しております。読ませるにはもっと工夫が必要であっただろうなあと、今読み返せば思いますね。ありがとうございます。

0
葛西佑也 (2017-08-21):

静かな視界 さまへ ご感想ありがとうございます。かなり昔の作品であるため、違った作風に感じられたのかと思います。今読み返しますと、拙い部分ばかりですけれども、大切な詩のひとつです。ありがとうございました。 花緒さまへ 当時の目標は、ものに語らせることだったような気もします。ただ、ほぼ実話でして、あまりいじりようのない事実だった気もします。ありがとうございます。

0
鶲原ナゴミ (2017-08-21):

こんにちは。 確かに、取り出せる記憶というものは、脈絡なく始まるものが多くて、その前後関係が曖昧としているものだ、とは、私も常々不思議に思います。 その分岐分岐に置かれた重要なパーツは、思い出そうとしても、見事に切り落とされてしまっているために、余計にやっかいです。 すると、どこどこに焦点をあてればいいのかと。つまり脱落した前後の記憶は飛ばして、もっと昔の一点と、その後に起きた一点を繋ぐための休憩所として、この記憶はあるのでは、ないのだろうか。などと思いました。 (迷子になってやっぱりここへ帰ってきてしまうんだな。) そんな声が聞こえてくるような作品でした。

0
葛西佑也 (2017-08-27):

まりもさま 貴重なご意見誠にありがとうございます。示唆に富む解釈の数々、作者冥利に尽きます。読者に寄せたという意識はこの作品について、あまりありません。出来事としては、共感を呼び覚ますような類の出来事であっただろうとは思いますけれども、それを作品にした目的は、決して共感を求めたからではなく、一つの出来事として結晶化したかったが故でした。と、記憶しております。 渚鳥 s さま ありがとうございます。いつであっても、我々は迷子なのかもしれませんね。無理矢理に何かと何かと繋げることでなんとか保っている。それは、実は単なるこじつけでしかなく。そんなことを考えてました。

0
右肩ヒサシ (2017-08-27):

葛西さん、こんにちは。 君の弟が私なら、幼い頃の私は君=お姉さんに護られていて、そのお姉さんが今、大人としての苦難に晒されている。それは大人になった僕も同じで、今はお姉さんには連帯感を持っているのでしょうか? 僕の読み方では、これは姉への思慕を詠った詩ですね。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1