若かりし眩しき夢を覚えたり『レモン哀歌』を読みて泣きぬる《短歌》 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

若かりし眩しき夢を覚えたり『レモン哀歌』を読みて泣きぬる《短歌》    

捨て猫をひろって帰った雪の日に叶わぬ望みがあると知らされ 若かりし眩しき夢を覚えたり『レモン哀歌』を読みて泣きぬる その冷えた心の形をしっかりと抱きしめたいって小雨ふる夜 遠足で食べた彼女(はは)のおにぎりは冷えてたけれどあたたかかった 葡萄という漢字をソラで書ける君スマホがなければ尊敬していた 夏は来る瓶のビールをキンキンに冷やし帰宅を待つ母逝けど 割れ茶碗を傘に見立てて雨宿りする蟷螂の濡れそぼつ斧 損得でするわけではない恋のはず一人で蛍を見にゆくあぜ道 若ささえ無視するような静けさであの娘は微笑む三日月見上げて 別れ雨、伸びやかな手がひらひらと振られていたのは紫陽花の駅


若かりし眩しき夢を覚えたり『レモン哀歌』を読みて泣きぬる《短歌》 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 3
P V 数 : 1392.3
お気に入り数: 1
投票数   : 0
ポイント数 : 5

作成日時 2020-06-13
コメント日時 2020-06-24
項目全期間(2024/05/30現在)投稿後10日間
叙情性44
前衛性00
可読性11
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント55
 平均値  中央値 
叙情性1.31
前衛性00
可読性0.30
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合1.72
閲覧指数:1392.3
2024/05/30 13時14分16秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

若かりし眩しき夢を覚えたり『レモン哀歌』を読みて泣きぬる《短歌》 コメントセクション

コメント数(3)
白目巳之三郎
作品へ
(2020-06-16)

「捨て猫を」「葡萄という」「損得で」「別れ雨」の四つが好きでした。 「捨て猫を」は内容としてはあたりまえでひねりなど一つもないのに、現実を知るということとと捨て猫を拾うという些細な善意との対比なのでしょうか、どこか心うつものがありました。 「葡萄という」は現代的で笑ってしまったというところです。正直申せば詩としての甲乙というより、川柳的に一本取られました。 「損得で」は私にとっては想像の余地を残してくれている短歌で面白かったです。一人で蛍を見に行っているのは、別れた後なのか、それとも誰かと付き合っている間のことなのか、それとも付き合っている相手に会いに行く途中なのか、それとも本命ではない誰かに会いに行く途中なのか、などなど、様々なイメージが出来て、余白がなかなかと思わされました。 「別れ雨」は紫陽花の駅が戦前くらいの中国大陸にある駅、と勝手に解釈しました。これも人によって想像する風景が違うであろう短歌で、とても余白がいい感じです。 少々長くなりましたが、短歌はいいものだなあと思わせてくれる歌の数々、ありがとうございました。

0
楽子
楽子
作品へ
(2020-06-20)

素敵だなあ。 季節柄雨の詩が多いですね。私は蟷螂と葡萄が好きでした。 特に蟷螂は、その句のみで7月の生暖かい雨、捨てられた茶碗、そこに避難して、けれど話者を警戒し ”斧”(ここの表現を斧にしたのがまた良いですね!)をあげる蟷螂の、その鋭さ、静けさ…。 それが想像できて素敵です。 葡萄は↑の方と同意見になりますが、短歌らしい上の句下の句のわけができていて、上の句で興味を持って下の句でくすりとしてしまいました。

0
花澤悠
花澤悠
作品へ
(2020-06-24)

歌への、あたたかくやさしく繊細な感想、誠に有難うございます。 励みになります。 今後ともよろしくお願いします。 話は反省へと移りますが、タイトルにもしたレモンの歌は、はっきり言って文語をちゃんとした勉強もせずに雰囲気だけで書いてしまったので、その点での批判は甘んじてお受けさせていただきます。 今後はここまで露骨に文語を使うのなら、勉強し直してからだな、とは、思っています。 あーあ。 それにしてもここは書き直しができないから、恥が残るよなぁ。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1