ポスト! - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ポスト!    

帰り道イエローの膝丈ワンピースを着てイエローのボレロを 羽織りイエローのハイヒールを履いたイエローモンスター (イエモン)に遭遇 より正確に 言えばそのイエローはレモンイエローに近い のでレモンイエローモンスター (レモンイエモン)になる (レモンイエモンはセブンイレブンのような語感でかわいい) (新種のモンスター) (ただ残念ながらレモンイエモンの髪は明るい栗色だった のでマロンレモンイエモンになってしまう) (マロンレモンイエモンではセブンイレブンみがなくなる) (セブンイレブンが24時間営業になりかつての 由来を見失ってしまったのに近い) (マロンレモンイエモン はそれはそれで三段跳びのようである) マロン×レモン×イエモン 「こんばんは、栗檸檬伊右衛門です。 この放送は箕面市からお送りしております。 まず最初のお便りをご紹介します。 ~暗転~ あっ 嘘 ごめんごめん 電気つかへんねん もう三年ぐらい そこの窓から 星見てたら たまに降ってくんねん どっかその辺に落ちてんのちゃうかな 知らんけど そこの窓のな 腐ってる木の雨戸の 錆びてる鉄の格子の 草ボーボーになってんねん ボーボーの お隣さんの 奥さんめっちゃブスやねん 残念ながらブスやねんなあ どうしょうもない の隣の 隣は よう知らんわ もう何年も見てへんし 隣の隣の隣の 電気つかへんからわからんねん の隣 ~明転~ サダハルは大きく欠伸をして伸び 生えてきたばかりの尻尾に異物感 慣れない水飲み皿から水分を補給 元右手であったところの右前足を 扱いあぐねているうちに目の前を 通過していった蠅取蜘蛛からもう 目が離せないまま渾身の三段跳び の勢いを保って開けっ放しの窓の 普段そこにあるはずの網戸を通過 しまったと思う暇もなく肩甲骨が 急速に発達しその四肢を全て覆い 尽くすほどの大きさで空を駈ける ひしょう 突風に顔面を殴られて 鼻唄も上手く唄えない サダハルの尻尾だけが 左右に拍子を刻んでは 頬骨に張り付いた髭の 小刻みに震える先端は 枝毛 ~回想~ 生まれてくる前に出会っておけばよかった レモンイエローのケーブルが 二つ折りにした首から伸びて 異なる次元に接続する 401号室のモンスター 夜毎卵を抱いていた 遠く滑走路から 無人の旅客機が離陸する (3秒後に明転、そのまま、ずっと、) やあ、とても よい天気だね 名前をつけること、は 今でも続けているのかい きみがつけた、 名前 例えば あい、というのが 脳内物質によるものだとしたら、 機械にあいを教えることは不可能 なのに身体、 を持ち得ない定義にも きみは名前をつけた 生きているかい つくられたあいは えいえんに可愛らしく笑う ときみは言う、 それはきみにとっての 脳内物質 笑い なのかどうか またここへ教えに来てほしい と 今も、そこで、 あぁ、 そっちはどうだい、


作成日時 2017-08-03
コメント日時 2017-08-09

ポスト! ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 5
P V 数 : 362.1
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2021/03/02現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:362.1
2021/03/02 17時28分47秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ポスト! コメントセクション

コメント数(5)
まりも
(2017-08-06)

はじめまして。早口言葉のような・・・これは、高速再生で朗読されるような、そんなイメージかな?と思ったら、〈この放送は箕面市からお送りしております。〉劇中劇のラジオドラマのようなシチュエーション。ユニークな構成ですね。 面白いのは、〈星見てたら/たまに降ってくんねん/どっかその辺に落ちてんのちゃうかな〉これは、普通にありえそうな、ギリギリのところですよね・・・流れ星が落ちて来る、という、実際にありそうな話を、ユーモラスに表現した、という表現力の問題。その勢いにのせられて、作者の世界に入り込んでしまうと・・・〈サダハル〉という、摩訶不思議な生き物の描写が始まる。現実にありえそうな、でも想像不能の、生き物、怪物のような。 頭の中に、奇妙なイメージの生き物が飛び回り始めたところで、「回想」シーンとなる。名前をつけること(サダハル、に、たとえば龍とか、サラマンダーに似た生き物、とか、そんな命名をすることで、分かった気分、になってしまう、人間の不思議さ)脳内物質、笑い・・・最後はまた、ラジオ(空想の)から流れて来る音声のようにも思われるエンディング。呼びかけで終わるということは、こちらも何か、応答しなければいけないような気分にもなりますし、ラジオ、ですから、ただ聴きっぱなしでよい、という気もしますし・・・ 巧みな構成で読み手のイメージを目いっぱい攪乱する、ユニークな作品だと思いました。 他の作品も読んでみたいです。

0
紅茶猫
(2017-08-07)

「ポスト!」というタイトルからも推察されますが、この詩はある詩に対する変詩、いや返詩ではないでしょうか。 1連目やたら神々しいイエローずくめの君は、金髪に、いや栗色の髪に。 2連目草ボーボー、荒涼たる景色に時々星が落っこちている。 3連目、この生き物、私は猫と読みました。夢中になって空へ駆け出していった猫。 4連目はシリアスで難解な連です。遠くの友(我)に話しかけているポスト。

0
紅茶猫
(2017-08-07)

少し補足させて下さい。4連目があまりにもざっくりとした感想でしたので。 猫と思われるサダハルは意識ばかりでなく、ついにその身体もはるか彼方へ飛ばしてしまった。 それとリンクするように「無人の旅客機が離陸する」これはサダハルなのかもしれない。 つまり何も乗っていない、何も伴っていない。 物事をあたかも大家のように達観して詩を書きたくない、まだそうした年代の方なのでしょうか。 あるいは年代に限ったことではなく、詩を書くスタンスとして、例えばあいは身体に宿るものであるとして、身体性を伴った生きている言葉で表現していきたいという宣言であるのかなとも思います。 サダハルの髭に枝毛があるところ、ここがたまらなく好きですね。サダハル猫の造形大変面白いです。 いや登場してくる全てのものたちが面白すぎます。

0
ともね
(2017-08-09)

まりもさん、はじめまして! コメントありがとうございます! ひょっとしたらどこかにこんな空間があるのかもしれない、ギリギリのところをつきたいと思っていたので、上手くいっていたのだとしたら嬉しいです。 b-reviewに置いたのは、これ以外だとあとはもう1作『み』しかありません。 また何か置きに来られればいいなぁと思いますが、何せ寡作の中の寡作なので気長にお待ちいただけると幸いです。 紅茶猫さん、こんばんはー! コメントありがとうございます! ポスト!というタイトルにしたのはいくつか理由があって(元々は全然違う題でした)、 その理由のひとつに最近見かけない書き手の方々にまた何処でもいいから顔を出してほしいなあといった願望がありまして、 そういった層に向けて投函!のニュアンスが含まれているので返詩っぽい感じがするのかなーって思います。 わたしも長いこと隠居生活キメてたので全然他人のこと言えないんですけどね! 身体性を伴った生きている言葉というのが今一つ把握しきれてなくて申し訳ないのですが、 日常で使うような言葉、みたいな意味合いでしょうか…? 本作においては実はあんまり意識してなかったんですが、確かに言われてみれば普通に日常で用いうるレベルの言葉を使って書いてるような気がしますね。 まあそもそも語彙力が底辺なので難しい言葉が使えてないってのはきっと大いにあります! 反省! 何だかんだ楽しんでいただけているようでよかったです! やったー!

0
紅茶猫
(2017-08-09)

この詩はライトヴァースというカテゴリーに入るのかもしれません。他のレス欄で覚えました。 少し前ですが、短歌でいうと俵万智など、日常よく使われる言葉を用いて、定型俳句などの対極にある表現方法です。 「今」は日々更新されていますから、ライトヴァースという括りでもかなり幅はひろいと思います。 「サダハル」は猫なのかどうか分かりませんが、「鼻唄」をうたう、詩書き猫なのかもしれない。 自分を吹っ飛ばさないで、さらなる飛躍というものを期待したいですね。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1