擬態 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

よしっ

るるる

走るるる!

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

擬態    

病名がまた増える 良かった 自分で自分を説明できないでいると、お金を払うと、専門家の人が、説明書を書いてくれる ぼくはエイリアンだから、人はぼくを観察して 精神の銃で撃ち殺そうとする それでもぼくは死に損ねて ぼくはぼくで、自分の 腕をナイフで切り開いて 大量の血を出したり 車の中に一酸化炭素を充満させる準備だけをして 実行できないでいたりした。 エイリアンと呼ばれるまでは、自分を人間と信じてた。 いつか自分のすることも、脚光を浴びると 今でもちょっと、信じてる。 絶望と喚きの容れ物に生まれて、そこから逃れられないでいることに 誇りを感じた。味方がいつも、欲しかった。 例えると、片腕が生まれつきの刀で、振ると人が切れて死ぬみたいに 凶悪に見えていたぼくは、両手に花束を持ってるつもりだった。 誰にも酷いことを言われずに 忙しくしてられないかな、ら 君はただ、ぼくに電話をかけてくれれば充分り あと、たまに、顔を見せてくれれば ぼくがエイリアンだとしたって、殺さなくても 締め出さなくても 生態系を壊したり 君たちが作り上げた集団意識を 破壊しようとしてるだなんて おもう必要はないんだって 言ったって エイリアンの言葉なんて ほとんど 通じやしなかった。 矢の刺さった心臓を抱えて 一つの光を抱え込んで 毎晩 不安と とめどなく流れる被害者意識を 抑えるので 必死で、人々の冷たい視線を夢に見た。 それでも 生きたかった。微笑んで、人々と過ごす日々を 毎日毎日夢見た 医者は言った 「君はエイリアンなんだよ」 「擬態する方法を知らない」


作成日時 2017-02-14
コメント日時 2017-03-09

擬態 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 724.8
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 3
項目全期間(2022/01/17現在)投稿後10日間
叙情性10
前衛性00
可読性00
エンタメ10
技巧00
音韻00
構成10
総合ポイント30
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性00
 エンタメ11
技巧00
音韻00
構成11
総合33
閲覧指数:724.8
2022/01/17 04時59分51秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

擬態 コメントセクション

コメント数(10)
もとこ
(2017-02-14)

一読した時に永井豪の大昔の短編「くずれる」を思い出しました。ある日、周囲の友人たちが次々と化け物の正体を現して、主人公に「君も俺たちの仲間なんだ」と言う。ネタバレするとラストの衝撃が薄れるのでオチが言えないのがもどかしいのですが、「自分は悪い意味で周囲の人間と違う存在である」という感覚はそれだけで不安や恐怖を伴うものだと思います。この詩の語り手の場合、「くずれる」とは逆に周りの人間から「お前は俺たちと違う」と言われ続けている。そして、その言葉を信じて必死に「普通の人間」に擬態したいと願う。しかし、その願いは決して叶わないように思える。何とも恐ろしく、哀しい話です。 いま、この世界には「自分はエイリアンである」と感じている人たちがたくさんいて、それは心の問題だったり性別や宗教に関することだったりするのですが、それに対して変わるべきなのは、彼らではなくて「自分こそ普通の人間である」と幻想を守るために彼らに石を投げつける連中の方ではないかと、この詩を読んで考えたのでありました。私はこの詩の語り手に言ってあげたい。「君はエイリアンなんかじゃない」と。

0
塚本一期
(2017-02-14)

もとこさん! 私への初批評、ありがとうございます! 読みに関しては、私の投げたボールをキャッチして、よく眺めた上で、それがどんなボールなのか、はっきりと説明してくれているようなもので、非常にありがたいものでありました。 これは、薬局で書いたものです。 私にも、目指すところがありまして、それは剥き出しの、生々しい人間像を、言葉によって具現化することです。 そうすることによって、人と人とが心の深いところで共通の認識を持つことが可能になれば、見える世界も広がるのではないかと、考えているのです。 そのため、バカが書いたような簡単な言葉で書かれたものが多いです。 このような、誤解を受けやすいとも考えられるものに、真摯に読みを提示してくださって、非常に感謝しています。 ありがとうございます。

0
花緒
(2017-02-14)

投稿いただきまして有難うございます! 初読の印象ですが、楽しく拝読させて頂きました。一見、精神的に不安的な作者が自分の心情を吐露しただけ、に見えて、その実、結構、構築されているのかも!と思ったりなんかしました。途中、充分り、とか、文章が崩れるあたりが面白いので、もっと、わざと崩すカンジをガシガシ推し出せば、さらに面白い作品になったんじゃないかという印象も受けました。

0
三浦果実
(2017-02-14)

一読後に、コメント欄のもとこさんとIchigoさんのコメントを読んでしまい、そのもとこさんの評に「なるほど!」と唸りながら、更に、その後、Ichigoさん御自身の創作への立ち位置を開示され、なんだか、その、やり取りにワクワクしてしまいました。花緒さんも心情吐露が先に印象としてあった旨、コメントされておりますが、私もそのような一読目でした。でも、なぜだろう。その心情の粘着感とは逆にスルスルと読めてしまう。作者:Ichigoさんが創作に注がれてる「簡単な言葉で書く」。このことが、粘着とスルスル感を見事に同居させる要因になっているのかと、大変、勉強になりました。 私も、多くの方が読めてしまうという意味で、ポップ感のある作品を目指したいなぁって。いつも思うんですよ。

0
湯煙
(2017-02-18)

エイリアンという言葉、喩えは手垢だらけかなと。Englishman in NY.やトム・ヨーク等々。二漣なかばあたりで以降は詠めなくなりました。いろいろ苦しいことがおありなんだと思うんですが、読み手にはまたなかなかわからない部分があり、工夫も必要なんだと思います。 なんかすんません ^^;

0
塚本一期
(2017-02-18)

花織さん コメントありがとうございます! たしかにこれはテーマに対して整いすぎの感はあります。 自動書記のようにめいっぱい崩れていると、そっちのほうが、見る人の感覚を刺激できたかもしれません。 ありがとうございました。 三浦さん コメントありがとうございます。 自分自身の、作品に対する姿勢を開示しないといけない時点で失敗している!とも言えるんですが笑 スタイルとしては、やはり子どものような言葉で書く、ということにこだわりがあります。稚拙さ、とも言えますね。 これをどんな風に昇華させるのかが、今後の課題になりそうです。 何にしても、表現することは大好きなので、三浦さんのように好奇心旺盛な方に読んでいただける時点で、ここに投稿してよかったと思えます。 湯煙さん コメントありがとうございます! 突然ですが、洋楽は結構好きです。しかし、このエイリアンというのは、実は喩えではなかったりします。 だから余計に読めないようなものになってしまったのかもしれません。 工夫ですね。考えてみます!

0
桐ヶ谷忍
(2017-02-18)

実は何度か読み返して、何か書こうとしては挫折して、を繰り返していたのですが…。 書かれてあることは、私などの病持ちには非常に身につまされるし、痛々しく思えます。 詩の話者のかなしみは、同じくらいに私のかなしみでもありますから共感します。 けれど、精神疾病を患った事がない事は勿論、身近に見た事もない人がこの詩を読んで 果たして、理解や共感を得られるだろうか、という危惧です。 私としては、このテーマの詩をどんどん読みたい気持ちですが、病に無理解な人にも 理解できるような、作者の中に「他者の目」を持って書かれたら、どれほど 素晴らしい詩が生まれるのではないだろうかとゾクゾクします。 一朝一夕で簡単に書けるものではない事くらい嫌というほど私も経験しましたから 分かりますが(私は少なくとも5年以上かかって「他者の目」を意識した位むつかしかった) 少しずつでも、病持ち無し、どちらにもこれでもかという位、殴りつける勢いで 理解「させてやる」気概で書かれたものを読んでみたいなと思いました。 次作も読ませて頂けることを楽しみに待っています。

0
塚本一期
(2017-02-19)

忍さん! 頑張って評を書いてくださって、ありがとうございます! 思い切って、ナンセンスに踏み切ってみようかな、という考えにもなりました。 普段こういったものを読まない人に伝わるようなものです。 訴えかける力を、もっと持っていないといけないなと、おもいました。 ありごとうございました!

0
百均
(2017-02-25)

こんにちは。百均です。  この作品は凄く僕好みでいいとおもいました。特に、オチが凄くいいとおもいました。  最後のセリフからにじみ出る切実さ、それを引き出す為の「エイリアン」という比喩ですよね。ここが凄くいいとおもいました。  ただ、この作品の全てが素晴らしいと手放しで褒めている訳ではありません。一番気になるのは内省の比重が少し後半になるにつれて多くなる事でしょうか。(語り手の心の感情がむき出しになりすぎてしまっている所が、必要である事は強く感じるのですが、そこはこの作品に感情を移入出来る人程一度経験した事だと思うので、もう一度自分を見返した時のような面倒くささの方が勝ったという感じです。)しかし、それでも力のある作品だと思いました。個人的には多分、一番心の奥底に染み込んでくる作品でした。

0
塚本一期
(2017-03-09)

百均さん レスありがとうございます! 遅くなって大変申し訳ございません。 そうです。あくまでも、擬態することを知らないエイリアンです。 私は書くうちに筆に力が入りすぎてしまう癖があるので、反省しました。 お褒めの言葉も下さり、感謝しております。 ありがとうございました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1