バレンタインが氾濫してる - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


バレンタインが氾濫してる    

橋の上にいた 渡ろうか渡るまいか 迷っていたら 橋が腐って私は落ちた 濃厚なチョコの川が氾濫している 私たちの情念だ 飲み込まれたくはない 向こう岸が遠ざかっていく 焦るな こちら向きの流れで良かったのだ こんな不出来な重いチョコと流れ着いたら 向こう岸の堤防は決壊してしまうだろう 迷惑きわまりない 慎みなさい 枯れ木ばかりの山の中に梅が際立っている こんなチョコより梅の花を贈りたいな あれは救いだ そう気が付いたら チョコの川が固まってきた 私は抜け出して歩く 気持ちの赴くままに チョコの川を踏みしめて 梅の枝を手折ってきた そっと胸に抱き締めると 胸焼けしてだるい体に風が通った 私はこのまま海へ行こう 向こう岸にはお別れをして この梅を贈るにふさわしい島を探そう きっと私を必要としてくれる島がある


作成日時 2020-02-11
コメント日時 2020-02-13
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

バレンタインが氾濫してる ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 442.2
お気に入り数: 0
ポイント数 : 3
#テキスト
項目全期間(2020/02/25現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性00
可読性11
エンタメ11
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント33
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性11
 エンタメ11
技巧00
音韻00
構成00
総合33
閲覧指数:442.2
2020/02/25 18時49分21秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

バレンタインが氾濫してる コメントセクション


コメント数(4)
沙一 (2020-02-11):

文章から情念そのもののようなチョコレイトのあまったるい風味が濃厚に漂ってきて、胸やけしそうなところに、さわやかな梅の香りがふんわりと風にのってきて、感覚をたのしく刺激されました。 西洋的かつ現代風なチョコと、東洋的かつ古風な梅、このミスマッチがおもしろいなと思います。

0
ころねころね(2020-02-11):

コメントありがとうございます。 いろんな国のいろんな時代のものが選べて、何をするにも楽しいけれど、日常では迷ったりチグハグになったりすることも多いなと感じます。 けれどそこを面白いと言っていただけてうれしいです(*´ω`*)

0
楽子楽子(2020-02-13):

あー、やられた。 という印象。 私もバレンタインと、その雑多すぎる感情と大雑把すぎるうえに重たすぎる情念をチョコに重ね合わせて詩を書いたんですが、ここまで昇華しきれなかったです。 まず、橋が根腐れしてチョコの海に落ちる、そして向こう岸(おそらく相手)から遠ざかる、 この持っていきかたがすごく上手いし、 「枯れ木だらけの山」で冬を暗示しつつ、「梅」を持ってきて(梅、てのがまたすごいです。チョコの海と、梅。どこから計算したのか聞きたい)、来る春に繋いでいく。 展開の進め方に綻びがないし無駄もない。 香りに着目して、最後は「プレゼントの心は否定しない。私にとって必要なのはチョコじゃなく梅だっただけ」と、 なんて上品で可愛らしくて納得のいく結論なのか。 また梅とチョコの香りにまで目をつけられていて、モチーフを余すことなく使いこなしているのも良いと思いました。 思ったより語られていなかったので書きました。 大好きです(にどめ) もっと色んな人の感想が聞きたいです。

0
ミリウェイズ (2020-02-13):

バレンタインに相応しい、いい詩だと思います

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1