ザクロ祭り - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

虹がある。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


ザクロ祭り    

 1 押し箱の 黄泉の 老医師 皴割れの 黄泉の 魯を越す 今宵も闇を縫う げに凄まじきは かはづの交信 共食いのザリガニも 月の光にうなじ垂れ 盲目の脱け殻を懐かしむ 輪切りの世界は赤く 闇の中でもトマトは赤く 油の中でもザクロは赤く おお 勝負だ無論 塩豚メロン あ豚 あ欠く あ豚 あ掻く あ 朝開きの 必殺の蛙掛け 脳天を死守し 東の港へ急げ 護符はこれだ たまさけのげりとのどぶえに  2 愛しの ヘンリエッタよ 愛と友情と 胃の腑の快を詩った 桃色の豆腐が いま水道水に打たれ 御茶の水の真新しい舗道を ただ東方に流れ行く おお ありし日のブレイン 飛び散るタラコよ 姿なき 堕天使よ 身代わりの伝令よ 脳髄の炸裂とは これほどたやすい技であったか 皮袋の裏返しは それほどに至難であったか 血も流れず 言伝ても聞こえぬ 何故着衣のまま袋を放擲したか 何故飽食ののち飛翔したのか その一瞬が見えぬ 八月の雷雲は凝固し 海底都市では 白いミミズがただ笑う 熱嵐ははるかに遠く 烏も雀も羽ばたかぬ この透明な夕べ やがてわたしは震えながら 洋鳩に齧りつくだろう そして蒼ざめながら文字盤を叩く 硬い怒りを汝のために しっかり取り分けておくのだ  3 いったい 人間はいつ野菜ではなくなったのか 胴体はナスビに他ならず 頭はスイカに他ならず 四肢は不器用にねじ込まれた マッチの軸に他ならぬ 正確に言えば 手足はできそこないの外性器に過ぎぬ ネコ踏んじゃったに過ぎぬ その割に 人間の脚は余りに長すぎる オオ 幻のテスタロッサ すなはち紅頭の火打ち石 萎びた皮袋を載せ 黴びた骨壺を抱え するりとした五頭の陰茎 また十尾の亀頭が 地の果てまでのたうち回る 皴割れよ 皴割れよ 触手もペニスも皴割れよ 軟骨まで皴割れて ザグザグの輪切りになるがいいのだ なべて 輪切りの世界は赤く 闇の中でもトマトは赤く 油の中でもザクロは赤く ……… 裏返しと輪切りだけの 真紅のトポロジー 負われて見たのはいつの日か あなたが故郷を愛するように わたしも中身を放出したい 身体を丸ごと射精したなら 心地よきこといかばかりか 糸ノコもなく 手羽先も 磨き粉も きりぎりすもなく  4 付け文はあっさり頓挫した 冷夏の酢歌も 淫蕩な反芻も 未だままならぬ 片腹痛い 横隔膜も痛いわい されば見よ ささやかな 金剛の論理を 大量のよだれは老化を防ぎ 大量の汗は吐き気を防ぎ 大量の便は鬱病を防ぐ 聖なる一升瓶のバランスシート 三分の符合に思いを巡らし 心しづかに ミトコンドリアの風を渡れ まだまだ出るぞ 胃液は出るぞ よだれも出るぞ 足もくさいぞ だのに 乾いた青空が 可憐な胆嚢を締めあげる はなから 白い光は腎臓によくない 硬めの風は膵臓によろしくないのだ 手遅れはいかん 急いでもいかん たんまり汁気を確保して ひたぶるに垂れ流すことぞ 流儀など知らぬ あれなんだ これなあに Oh ミスランディアよ 人間は末端肥大の小さな哺乳類 たかだか体長一メートルの生き物に過ぎぬ あとは後ろ脚 そして 異様に発育した手指の化け物だ 虚ろに長い指が 休みなく痙攣する 手軽に 手頃に 手先の 手筋 手籠めの 手管に 手切れの 手並 手ごわい 手づるに 手負いの 手傷 手書きの 手際に 手だれの 手口 この途方もない扁平触手 柔らかに伸びた 細く強靱な指を べったり喉笛に絡ませ 敵をくびり殺した一瞬から 脚長猿はヒトになり果せた 火も道具も言葉もただのオカマ いやオマケに過ぎぬ 絞殺とともに人類の歴史は始まった 人類はまこと 必殺技に乏しいのだ


作成日時 2019-11-16
コメント日時 2019-12-21

ザクロ祭り ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 8
P V 数 : 847.4
お気に入り数: 0
ポイント数 : 188
#テキスト
項目全期間(2020/04/02現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性22
可読性9393
エンタメ00
技巧55
音韻8888
構成00
総合ポイント188188
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性0.70
可読性315
 エンタメ00
技巧1.70
音韻29.30
構成00
総合62.710
閲覧指数:847.4
2020/04/02 14時35分53秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

ザクロ祭り コメントセクション


コメント数(8)
yamabito (2019-11-19):

久々に、面白いのが、キターーー!!って感じですね。 内容的には、何だろう、日常の事なんかを、かっこよくスマートでエンタメ系で綴っている感じですが、いちいちセンスいいんですよね。これはお手本になる作品です。ほかの作品も読んでみますわ。あるのかな?

0
yamabito (2019-11-19):

他の作品もいくつかレス付けてましたね、失礼<m(__)m>

0
エイクピア (2019-11-19):

前衛って感じで、いつ閉じるともしれぬ、継続感。 手軽に 手頃に 手先の 手筋 手籠めの 手管に 手切れの 手並 手ごわい 手づるに 手負いの 手傷 手書きの 手際に 手だれの 手口 この手が続く行は貞子をも想起させますがそうではないと思います。そのあとの描写で冗談とも本気ともつかぬイロニーとも少し違うような、詩の総括が行われているのだと思いました。

0
沙一 (2019-11-19):

自動筆記、もしくはそれに近い方法で書かれたのではないかと思いました。シュルレアリスムの自動筆記の特徴として作者の否定がありますが、今作も、作者を媒介して無意識の海から汲み出されたイメージ群であるように感じられました。

0
真清水るる (2019-11-19):

>裏返しと輪切りだけの 真紅のトポロジー この詩句が この詩を総括しているような気がします。 音が まず、良くて。 炸裂した赤い音で、科学的な視点や童謡をも いっしょくたんに、ぶちまけられている感じが 私には気持ちよかったです。 生き物の多くは ただの袋で、人類は毒を学習して いきのびてきた。そして、この詩は それらを あらいがっさい ぶちまけている。わたしには、そのように感じられました。

0
agath (2019-11-23):

yamabitoさん、エイクピアさん、沙一さん、るるりらさん、お読み下さり有り難うございます。 この詩は、少し前に書いた「夢見る宝石」という作品の土台、あるいは土壌になった作品です。長すぎるので投稿をためらっていたのですが、思い切って皆さんのご批評を乞うことにしました。 蛇足の自己解説をすると、各連のキーワードは、第一連が「黄泉の老医師」、第二連が「桃色の豆腐」、第三連が「真紅のトポロジー」(るるりらさんのご指摘通り)、第四連が「必殺技」、そんな感じだと思います。全体の基調は、人が死ぬこと、人が一つの袋であること、人が人という奇形の生き物になり果せたこと、それでも生きていくこと、そうした諸々の事共に対する怒りと諧謔のお囃子、ではないかと思います。

0
なゆた創a.k.a.NORANEKO (2019-11-23):

近代的言葉遊びを発明されたそのときの熱狂のままタイムカプセル開封したようなワイワイでにぎわってますね、技巧的にもよろしいですね。

0
agath (2019-12-21):

今年一年間、さまざまなコメントやご批評をいただき有り難うございました。大変参考になりました。 来年は少し違う活動を予定しており、現代詩のほうは暫時お休みさせていただきます。 来年こそ良い年になりますように。皆様のご活躍をお祈りいたします。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1