悲しみも苦しみも寂しさも克服した男。 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

眠い人

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

悲しみも苦しみも寂しさも克服した男。    

宇宙でたった一人の絶対的孤独を体験してもう8年以上になる。 最初は寂しくて仕方なかった。 しかし、今はもうあの寂しさはない。 春の雪解けのように。 梅の花が咲いてる。 芳しいにおいがする。 気づけば、その辺の市井のおばちゃんと自然に会話し、彼女を変えていた。 存在が周りを感化していく。 私の言葉は体験と実存から出ており偽りはなかった。 悟りとは悲しみなんだよ。 降り止まない雨が、女神の象徴であるように。 女は男より悲しみを鋭敏に感じる。 悲しみが感性を鋭敏にし、解けて、消えたとき、 苦しみが十分に感じられて、姿を消したとき、 残る安らぎの感覚。 鋭敏さがきわまって、鋭敏さそのものから脱却したとき。 それは鈍感さではなく、極度の鋭敏さの結果としての安らぎだったのです。 精妙で、重荷を下ろしたかのような安らぎ。 愛の酩酊、美しいメロディの重荷を。 私は心理的に死んでいるようで、実はとてもリスキーに生きている。 恐怖を感じないのではない。 恐怖を感じている。 それは、リスクを払って生きてることの証。 孤独と寂しさを乗り越えることで人は大人の男になる。 少年期の未熟さを断ち切れる。 女との恋愛、つまり女との戦いによって、大人になる。 走馬灯がよみがえってきた。 女たちの怒りの声、鋭い言葉。 孤独や寂しさとは、厳しい意見や言葉に一人で向き合う、その事実を見つめる勇気によって克服される。 闇と混沌を潜り抜けてきた。 昨日、教会の人たちと話しこんだが、認識がずいぶんゆるく感じた。 闇と混沌を潜り抜けた厳しさと強さを持ってる人には出会わなかった。 私が異常なほど闇を見すぎてるせいなのかもしれないが。 あるおばさんに私は言った。宗教やドラッグや酒やタバコや映画などの逃避が一切なかったらどうしますか? おばさんは言った。人間ってそんなに強くないよ。 私は言った。それはメディアの刷り込みですよ。意外と強いもんですよ。 むかし、まだ私が覚醒し初めだったころ、精神病院にぶち込まれてたとき、 看護婦に、私はロマンティストの部分もあるんですよ。といったら、 看護婦たちは、男はみんな寂しがりだわよ。などといってせせら笑っていた。 私は、なぜこの人たちは、人を弱いと決め付けたがるのだろう。と不快に思った。 なぜ日本は、自国を馬鹿にし、男性を馬鹿にし、自分を卑下するみたいな奴隷状態に耐えれるのだろう。 自分で自分を生み出す。 コネや才能や環境の恩恵によってではなく、闇を潜り抜けて自己のアイデンティティを確立する意志力というのがアジアの人には乏しい。 日本人は勤勉だ。勤勉さは、ある種の社会的自信を作り出すことはできる。 また責任感が高い。 しかし、責任感、勤勉さ、義務感、自信といったものは、高度な分離感覚に基づいてると見ていい。 君は、誰かを本当に助けるとき、助ける義務的自分というのを意識しないはずだ。 自発的な行為は、自己を意識しないいわば大洋的なものだ。 日本の男は、幸福感が低い。 責任や義務にとらわれて、それが大人だと勘違いしている。 それは少年期の名残だ。 大人の男とは、人生を楽しんで自発的に生きれるひとのことだ。 南米の男は、幸福度が高い。 アイデンティティを持ってリスクを払って生きてる人が多いからだ。 理性の働きを止めてごらん。 ただ感じてごらん。 女になってごらん。 心の透き通った鏡に映し出されていく幻像。 昨日の雨は、彼女の涙だったんだ。


作成日時 2019-07-01
コメント日時 2019-07-02

悲しみも苦しみも寂しさも克服した男。 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 8
P V 数 : 931.7
お気に入り数: 0
ポイント数 : 16
#テキスト #動画 #酷評OK
項目全期間(2020/06/01現在)投稿後10日間
叙情性44
前衛性00
可読性33
エンタメ88
技巧00
音韻00
構成11
総合ポイント1616
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性0.80.5
 エンタメ21
技巧00
音韻00
構成0.30
総合43.5
閲覧指数:931.7
2020/06/01 18時31分51秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

悲しみも苦しみも寂しさも克服した男。 コメントセクション


コメント数(8)
taishi ohira (2019-07-01):

早いうちに3ポイント入ったのは初めてだ。

0
yamabito (2019-07-01):

おお、ラリター教の教祖様だ!

0
沙一 (2019-07-01):

いつものような、きわどい表現は、今作には一切ありませんね。それで、清澄な印象を受けました。 厳しい道のりを越えたあとの、優しさ、そのようなものを感じます。

0
taishi ohira (2019-07-01):

お読みくださってありがとうございます。 孤独の果ての安らぎとでもいいましょうか。

0
エイクピア (2019-07-01):

最後の4行、特に最後の1行にははっとしました。これが悟りなのだろうと思いました。

0
taishi ohira (2019-07-01):

直知力という内的嗅覚を持つことが、女性性(母性)の精髄を体得したということです。般若心経も女神です。阿頼耶識の顕著な能力は直知力です。

0
taishi ohira (2019-07-01):

お読みくださってありがとうございます。

0
taishi ohira (2019-07-02):

やったぞ、16ポイントだ。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3