お知らせ

書物   

作成日時 2019-06-02
コメント日時 2019-06-12

語り得ないものについては沈黙しなければならない 我々は誰も本質など見えない、見えるのはただの影絵なのだ 記号の意味は他の記号との違いによってしか規定されない 色はそれすなわち空であり、空はそれすなわち色だ そこは蜃気楼で目が霞むほど遠くにあるだろう それはまともに直視できないような光に包まれているだろう そこは見上げても頂点があるのか分からないような高みにあるだろう それは誰も全体像を見たこともないほど巨大だろう 誰も誰かの部屋を占領することはできない それぞれの部屋に閉じこもった僕らが それでも同じ風景を見ることは可能だろうか 窓から見える景色なんて 結局は枠で仕切られた絵画のようなものだ けれども、その絵は外の世界と繋がっている


項目全期間(2019/08/22現在)投稿後10日間
叙情性3535
前衛性55
可読性3535
エンタメ1010
技巧3030
音韻55
構成3535
総合ポイント155155
 平均値  中央値 
叙情性3535
前衛性55
可読性3535
 エンタメ1010
技巧3030
音韻55
構成3535
総合155155
閲覧指数:1051.9
2019/08/22 14時20分21秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(12)
taishi ohira (2019-06-02):

本質ではなく仮象にとどまることで本質を際立たせるのがアーティストです。

哀愁亭 (2019-06-02):

taishi ohira様 コメントいただきありがとうございます。 ですが、こちらからのコメントは控えさせていただきます。特に必要だとは思えないので。

鈴木 海飛 (2019-06-04):

もし影絵でなく光源をみつめた人が影絵を見つめてる人々に、話す言葉があるとすれば… 今、文字を見たあとに目を閉じる 私はヘレン・ケラーになっている ヘレン・ケラーより有利な身体的健常を持ち合わせているはず だけど、我々のクオリアを何とかして同じものを共有していると信じたくなるし、反対に感じることすべてに他者に渡る共通了解性に疑いを持つのは当然だと揺れる。 本当は僕たちは味うことを 味うことに自信がないだけなんじゃないかと思う時がある。 そして触れることぐらいでしか信じられないという崖っぷちに私はいる。 ほとんどのひとがその崖にいるだろう。 けれど言葉を信じられなくなったとしても僕はそれを味わう舌を切らないだろう。 触れる、その手から伝うこと 見える、目から伝うこと 僕は古代の人々が信じなかった光源をみたんだ。ほんとだよ。 だから、言う。 正確には光源ではない。 ひとりひとりが身体をつつむ細胞膜のなかで好き勝手に酸欠になることに喜びや悲しみという名札をつけたあとに幸せをとりもどしている奇妙な姿だ。 この我々をつつむ細胞膜は基本的には多幸感へ育つ芽がある。だが、多幸感だけでこの世の生物は生きてゆくには幸運を必要とするだろう。マンボウは相当ラッキーだ。 原始時代より危機を感じる力が我々を生き延びさせ、知恵を覚える機能が発達したが、多幸感の芽を持つ我々の膜の感覚は双葉となり、様々に枝分かれしてゆくことにさせた。仲違いの数は生きれば生きるほど、様々な感情に枝分かれする。枝分かれした結果、僕らの感覚というものは、本当に個性的となっている。 僕らは感覚というシャボン玉のような細胞膜に身体をつつまれている。 誰ひとり信じてくれなくなっていい でも僕は見たんだ。 窓の外に飛び出したんだ。 どうもごらんのとおり 光源をみつめたせいか 狂った人間のような言葉しか出てきませんでした。 あっはっは‼️ 半分知的ギャグ 半分、作者様のみた「他者と自分の間にある崖」らしきもの、それをつかもうとする挑戦に魅力を感じ、 お察しのとおり、上手にまとめることはできませんが ぽややんと思うがままに書いてみました。

哀愁亭 (2019-06-05):

鈴木 海飛様 コメント、というか返詩だと思うのですが、ありがとうございます! いいですよ、すごく。すごくいい。正直よく分からないですけど、でもきっと分からないからいい。分からないのに、なんか今、「この詩をめっちゃ分かってくれた!」って気持ちでいます。分からないのはきっと、僕が「味うことに自信がないだけ」なのかなって思ったり。僕が立ちすくんでる崖を「あっはっは‼️」と笑いながら飛び越えるなんて…すごいなあ。 いやもう、本当に素敵でした!ありがとうございます。

鈴木 海飛 (2019-06-06):

なかなかにソクラテスや小林秀雄の書物というのは(ソクラテスの場合はプラトンの覚書かな) 我々にとって脱出しにくい問いを その問題を至上とさせる魔力があるような気がいたします。 だけど、彼らが生きて書物をかいていた頃に打ち出した我々が脱出至難な問いをたずねる時 彼らが理路整然に言葉だけのちからに 頼ることはせず、目配せや、微笑み、身振り、手振り、そして口調によって 我々に残された問いに対して 一緒に悩む姿を私は想像することがあります。 いくらか質問していくうちに相手も自分もこんがらがってきて 「やれやれ、まったく君は詩人だねぇ。」 なんて呟くこともあるかもしれませんね。 好きになった映画や詩から その同じ作品から得た様々な感動を分かち合うことはやはりいいものですね。 文字の答えは同じにならないけど 得たモノは派生元は きっと似たり寄ったりだと信じております。 だから、あなたが喜んでくれたから きっと私はずっと嬉しかったのですよ。 ふふふ。正直、哀愁亭様の批評文を読んでいたから、 こんなに優しい感想をもらうとは思っていなかったので 少し、ギャップ萌えというものを実感しております。 あっはっは‼️

帆場蔵人 (2019-06-06):

きっと誰しも同じ物を見ることはできないし、本質なんて捉えられないんでしょうね。たぶん、この詩の感想は海飛さんがされたように詩としてしか返せない気がしました。なのに感想を書く愚か者であるがお許しください。 で、同じ物など見れないから詩や音楽、文学があるんだろうなぁ、と拙いことを考えております。失礼しました。

みやびみやび (2019-06-06):

色即是空、空即是色。 空っぽな世界は何にもないものでいっぱいに詰まっている、重なり合うホログラム画像の断片があなたでわたし。 その一枚一枚が世界であり、簡潔にして完璧な宇宙。だから悟らなくてもいいのだ。 ”それ”がありがたいのなら経文なら声に出して詠唱すればいい。 詩人は”それ”を自分で読むか相手に読ませればそれでよし。 ”人は知らないものは探さない” だから、みんな知っているとも言える。探し物は何処ですか?と問われるならば、その人に ならば、ここですかと尋ね返すのが本を読ませる詩人の仕事かと…。等々思いつくままに…

哀愁亭 (2019-06-07):

鈴木 海飛様 コメントありがとうございます。 うん、確かに、そうですね。言葉だけの力に頼っちゃいけないのかもしれない。 ヴィトゲンシュタインは「語り得ないものは沈黙しなければならない」と言ったけれど、それは語り得ないものの存在を認めているということであり、論理の限界を示している、その限界のもっと向こうに多分詩がある、そんな気がします。 そう、海飛様も仰るように 「やれやれ、まったく君は詩人だねぇ。」 ってもう互いに言い合うしかないような、そんな世界の存在を僕も信じています。 同じものを見て欲しいわけじゃないんですね。そうじゃなく、繋がってるということを感じて欲しいし、感じたいのかもしれない。 僕は理屈屋ですけれど、それ以上に詩を愛する者です。詩は理屈のもっと先にあり、批評はそれと知りつつどこまで理屈でそこに迫れるかという試みなのかな、なんて勝手に思っています。 ていうか、うーん、あの批評、やっぱりそんなに印象悪かったんですね(汗

哀愁亭 (2019-06-07):

帆場蔵人様 コメントありがとうございます。 「同じ物など見れないから詩や音楽、文学があるんだろうなぁ」 というのは、僕もそう思います。ほんとにそうだと思います。 なんというか、僕は別に優れた詩やコメント、批評を期待しているというわけではないのです。ただ、ある作品があったとして、それがたとえ誰かにとって拙いように見えても、失敗作のように見えても、その作品はそれとして「完全なもの」なのだ、という前提がなければ、作品を通した対話というのは成り立たないのではないか、と感じています。 この詩の感想は詩でしか返せない気がする もう、それだけで本当に嬉しい感想の言葉です。ありがとうございます。 ところで、全然関係ない話ですが、「帆場蔵人」というお名前、素敵ですね。ちなみに僕の名前の由来はアイスティーです。

哀愁亭 (2019-06-07):

みやび様 コメントありがとうございます。 「”人は知らないものは探さない” だから、みんな知っているとも言える。探し物は何処ですか?と問われるならば、その人に ならば、ここですかと尋ね返すのが本を読ませる詩人の仕事かと…。」 そうですね。僕もほんとにそうだと思います。谷川俊太郎の詩で 「あなたに答えは贈らない あなたに一つの問いかけを贈る」 という言葉があるんですが、僕は詩というものは、いや、詩に限らず世の中の大抵のものは、「答え」ではなく「問いかけ」なのだろうと思います。 何らかの宗教を信じる人も、お経や聖書を「答え」にする人と「問いかけ」にする人がいると思います。詩や哲学もまた、それを「答え」にする人と「問いかけ」にする人がいる。 そしてすべてを「答え」ではなく「問いかけ」でしかない、という人は「答え」の存在を認めない人ではなく、むしろ「答え」を知っている人なのでしょう。「答え」を知っているから、それを言葉にすれば嘘になるということも知っている。 いただいたコメントから、また色々と考えたくなりました。 ありがとうございます!

鈴木 海飛 (2019-06-11):

さて、言葉というものは非常に厄介だなーというのが正直な感想で、 ついつい効率的に、飲み屋にでもしけこんで、 「ねぇねぇ、あんなの笑い話さ。まさに酒のつまみ程度の話だから気にしないでおくれよ」といえたらいいのですが、 ここは居酒屋でもなければ、戦いのリングの上でもないので さてどんな言葉を使おうか ぽけーーっ(゜ρ゜)としております。 そうですなー。 例えば、無駄な批判に対しては厳格な盾のような前置きでしたが、 続く前置きの文章に 平然と無視する人々と 言葉を話そうとしてもうまく話せない人々にとって、その後の前置きは同じ槍を人々に構えてしまったのではないかと私は見つめていました。 盾は仕方ないな。俺もめんどくせーの嫌いだもん。だけど、槍は、槍は構える必要があったかな?とかるーく思っただけですが、それはつまり、私のこの冴えない文章も盾の前では黙るべき戯れことである。と結論づけることができるのです。 まためんどい誤解を受けるのも嫌だし、説明うまくねーし、だいたい文章力は哀愁亭さんのほうが上なんだから、公開処刑されている気分でこの文章を書いているのです。あっはっは‼️ そんな感じ、その後の哀愁亭さんの批評文の内容はちゃんと読んでここにかけるほど、対象作品と批評文が自分でよく見つめてないので書けることなんかありませーん。 という、大きなお世話バナシだったというわけでございましたが、一抹の疑問を残したままでは失礼かなーと思ってまた書きにきました(^_^ゞ

哀愁亭 (2019-06-12):

鈴木 海飛様 コメントありがとうございます! いやいや、そんなに気にしてるわけじゃないんですよ。あ、やっぱりwって思っただけで。 ただ、なんというか、僕はこの場所が戦いのリングでも処刑場でもあってほしくないと思うし、あの批評の前置きもそんなの嫌でしょ、という気持ちで書いたのですが、にもかかわらず、もしかしたらむしろ僕がこの場所をそうしたがっているように見えているのではないか、と思って。だから、ああ、言葉って難しいなって。 でも全て身から出た錆ですし、色んなことを考えつつも、やっぱり結局は書きたいことや書かなきゃと感じたものを書くことしかできないので、まあ考えるだけ無駄なのかなとも思っています。 気にかけてくださってありがとうございます。とても嬉しいです!

投稿作品数: 1