【鞍馬山中散策】※ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

【鞍馬山中散策】※    

大原でバスを降り陽光を浴びながら歩く。 三千院や寂光院、鯖街道などはすでに訪れていたので、隣村の静原へ行こうという。 朝市の開かれる里の駅を右手に見ながら、「近くにベニシアさんがいるね。」 と、その家を探す風でもなく集落を横切って静原への道を辿った。 静原は、大きなおにぎりのような山が層をなす、その名の通り静かな山里である。 細い道の両側の家々は、ゆったりとした門構えで穏やかに重ねられた歳月を思わせる。 ここに住むとしたらどの辺がいいかしら・・・。 と何げない風に言うが、すでに具体的な眼をしている。 住まなければそこを訪れたことにさえならないと思っているのだ。 しばらく時を過ごし、帰路は鞍馬から叡山鉄道で帰ることにする。 地図を見ると、静原を抜け山道を少し行けば鞍馬の駅に出られそうだ。 次第に寂しくなっていく道をずんずん歩いていった。 山道にはいると、赤いひもが分かれ道の木の枝に結んである。 それを頼りに登っていったが、日もとっぷりと暮れ、ぬかるんだ道はときおり立ち往生するほど険しくなった。 「きっともうすぐよ、」と言ったきり女は黙って登っていく。 携帯は既に圏外になっている。 突然彼は全身を恐怖に締め付けられ、「おりるよ!」と叫んで、 いつの間にかかの女が手に持っていた懐中電灯を取り上げると、きびすを返し下山を始めた。 ようやくまずいと思ったのか、ぬかるみに足を取られ転がりそうになりながら、必死でついてくる。 「軽装で遭難」と言う文字がちらつく。 「大丈夫、こっちへ行こうよ」と奥へ奥へと行きたがるままに、 従ってきた自分に舌打ちした。安物の皮靴は底に大きな穴をあけてじゅくじゅくしている。 ようやく見慣れたやや広い道に出てゆっくりと歩いていると、 背後の山を竹笹を分けるような獣の気配がする。 静原のバス停にたどり着くと、最終バスがあることがわかった。 まだそれほどの時間でもないが、村はしんとして音もなく、 缶コーヒーを飲みながら安堵して見上げる空に煌々と満月が輝いていた。 その下に、懐かしくも怖ろしい闇を潜めて山は黒々と迫ってくる。 ※(bレビュウ杯不参加です。)


作成日時 2018-12-30
コメント日時 2019-01-02

【鞍馬山中散策】※ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 8
P V 数 : 483.4
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
#ビーレビ杯不参加
項目全期間(2021/05/07現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:483.4
2021/05/07 00時46分24秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

【鞍馬山中散策】※ コメントセクション

コメント数(7)
沙一
(2018-12-30)

なにかが起きそう、なにかが在りそう、だけど寸手のところで顕れることがない、表現されないことで、山の夜の畏ろしさに想像力を掻き立てられる作品でした。其処から有象無象のなにかが顕れてきそうな、闇、の存在感。

0
エイクピア
(2018-12-31)

猪か何か猛獣が居そうなそんな雰囲気が臨場感がある様な気がしました。動物園から逃げて来たような、猛獣、そんな妄想も働きました。

0
fiorina
(2018-12-31)

沙一さん、 実際起きたことは、二人の靴がボロボロになったと言うことだけでしたが、今思っても背筋を冷たいものが伝う心地がします。というのは、あとで地図で確認しましたら、目的地には永遠にたどり着かない、平行線の道を登っていたようなのです。 夜の山は、空の暗黒とは異質の、闇の塊ですね。小さいときから山には親しんできたのに、初めて知る質感でした。そこで棲息する生き物も闇の一部なら、さっきまで彷徨っていた自分たちもその一部であったという・・・。 >なにかが起きそう、なにかが在りそう、だけど寸手のところで顕れることがない そういうものたちに護られて、わたしたちの日常はあるようですね。 コメントありがとうございました~

0
fiorina
(2018-12-31)

エイクピア さん、 猛獣がたしかにいたようでした・・。 上り坂にいるときは、でも、何かが麻痺するようですね。 恐怖は、きびすを返して下り始めてからでした! >動物園から逃げて来たような、猛獣 は、ある意味我々だったかもw 小さい生き物は驚いたでしょうからネ。 コメントありがとうございました~

0
環希 帆乃未
(2018-12-31)

誰も触れていない事に触れておこうかな「」の部分だけでも、生への渇望を感じます。そして、感覚の中で私は信じていないのですが、第六感をみているようです。神秘性、神秘的な部分を感じませんか?もしかしたら、死んでいたかもしれない。のに。生きている。それは「」の部分が重要だと考えております。

0
fiorina
(2019-01-02)

つきみさん、コメントありがとうございました! つきみさんのコメントは直感に満ちていますね。 「第六感」も「神秘」も、たまたままだ明かされていないことにすぎない、と思っているのですが、いつのひか、万一、完全にすべてが明かされたとしても、その根っこに相変わらず謎がで~んとあるというのが、私の信頼、安心?で、知りたいといろんな道に無謀に迷い込むときと、無知こそ楽し♪という怠け者がおります。だから(でも?) >死んでいたかもしれない。のに。生きている。

0
fiorina
(2019-01-02)

****************** ええと、昨年書き忘れたまま、すでにコメント欄が表示されない拙詩「まなざし」へのレスを、 ここでさせていただきます。(反則かも・・・) stereotype2085さん、田中修子さん、ごめんなさいっ!! ☆stereotype2085さん、 当初長い間、コメントをいただいてたことにまったく気づいていませんでした。田中修子さんからのコメントがあったときに、あっと思ったのですが、ステレオさんがいいと言ってくださっているのに、 私はこの詩をあまりいいと思えなくなっていまして、(書いた直後は、わりと名作?wと思ったのですが)、お返事をどうしたものかと考えているうちに忘れてしまって・・・。 昨年のことではありますが、ここでお詫びします。 何故いいと思えなくなったのか、修子さんへのレスに書きますね。 肉声の熱いコメント、ありがとうございました! ☆田中修子さん、 修子さんからのコメントはすぐに気がついたのですが、そしてとてもうれしかったのですが、 その時点で私は、この詩にちょっと飽きていたのですね。何故かというと、予定調和的といいますか、リズムが単調で、たとえば修子さんの詩が持っているような、どうにもならないような破れがない。 いみじくも言ってくださっている「綺麗に配置」を何とかしたい思いに駆られてました。 で、返信をためらっているうちに、うっかり忘れてしまいましたっ。 何度か思い出して、また忘れてしまいました・・・。 ただ、自分の書くものが、おしなべてこのようであることには、ずっと心が行っていました。 まだ、何かを見つけた訳ではないのですが、 多くの方が何となく指摘してくださってたことが、よくわかるのです。 でも、 「とおいむかしわたしも歩いた 霧の道 そのすべてはいつか燦々と光につつまれる 、と 」 ↑この部分は、詩のできとは関係なく、つらい人に「そうだよ、ホントだよ」と 年長者の特権で言い続けたいことでしたので、同じ霧の道を歩いたんだ、ということが、 燦々と光につつまれる時間を私自身にもたらしてくれました。 いつも、生きた言葉をありがとう~!

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1