Saveと私 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

Saveと私    

自分の体から出たものを老廃物とか汚物とか呼ぶのがちょっと悲しい、夕暮れるホームで、電車から吐き出された人を眺めている、ざっと数えてみた、20人弱、みんな同じ所を狙われていたらしかった、倒れ方を考えて、目の剥き方を考えて、薬で深く眠っていたみたいだとか考えて、途中からフリーズした。加害者にも被害者にも気持ちを寄せることができなかった、わたしは凡ゆるもの。 三日前くらいから、道を歩くだけでイライラし始めた、みんな遅い、それも意図的に、今朝は陸橋の階段の一番上で立ち止まっている女がいた、道を塞いでいるとは思っていないみたい、スマホの向こうにいる愛嬌たっぷりのモンスターを現実との境目の中で狙いを定めて指をフリックしている、血眼で友だち(ネット上)を探し始めた大人のわたしと大して変わらないって言われそうだから黙る、胃からせり上がってくる気持ち悪さにいい加減慣れなくて疎ましい、さみしさは一人では経験できないらしいが何人もいる場所に立っていたら背後からさみしさがわたしを簡単に飲み込んでいくんだけど、目の前には楽しそうに遊ぶ人がいて進路を塞いでいる、彼女は今とても幸せで、友だちのことなど全く考えていないだろう、満ち引きを繰り返しながら足首を濡らす波は普段の暮らしでは気づかない緩やかさ、呼吸する空気、蛇口をひねれば水が出る、スーパーが営業している、電気がつく、お風呂に入れる、ベッドで眠れる、普通の暮らし、穏やかで肌に馴染んで気持ちが良くて気にも留めないこと、それはけして家族と同質ではない、小さな予定、明日休みだから人格変えよう。 待ち合わせ場所まで自転車を走らせているあいだにセミの死骸を3体見た、轢きそうになったのをすんでのところでかわす、すべての生き物の命に祈りと尊厳を捧げていくと自分の命の価値が下がっていく感覚、自己犠牲なんて美しくない、セミが死んでるよ、気をつけてね、帰り際の友だちの言葉は今日のワイドショーの話題と同じ重みでわたしに届いた、仰向けで倒れているセミはまだ成形されたままだった、明日になったらいなくなる、アスファルトには溶けられないから、誰かの靴か自転車に踏み潰されるんだろう、わたしはそんなことしない、ただ見ているだけだ、地球の自転のように、時間に逆らわずに。 みんな、自分の本心を話せない、だから小説や映画や詩や音楽が生まれている、美しい言葉はたおやかな川のように流れていく、音しかない花火は爆撃音と同じだ、知らない国のことを考える、昼夜問わずこんな音を聴いているのか、そこに音楽はあるのか、無いよねぇ、って一人のリビングで鼻歌を歌っても退屈は紛れなかった、独り言も汚物ですか、老廃物ですか、吐き出さないとうまく循環しないから、感情が詰まって、お腹が張って、緊張して、硬直して、固まり乾いたわたしの五感の地面をあなたの声と言葉の雨が打つ、今日死んだらこの詩は読めなかった、だから今日を生きられてよかった、それを繰り返して少しずつ本心に近づいて、あなたの声と言葉と肩を借りて、寄りかかりながら、新しいニュースに顰め面したり議論したりしてリビングの憩いを味わいたい、1時間後に死んでも80歳で死んでも、わたしはきっとコウカイしている、わたしの意識の外にあなたの意識があるかぎり、あなたがわたしと暮らしてくれているかぎり。 ためらわないで圧倒的に死ぬ、dead or alive なんて誰にも問うな、毎日は素晴らしい、本当に毎日は素晴らしい、部屋ではなく地面に落ちる方が多い毎日の言葉は確実に未来に染み落ち蝕んでいく、それは本当に素晴らしい、何も知らないわたしたちはすごい。


作成日時 2017-05-03
コメント日時 2017-05-10

Saveと私 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 7
P V 数 : 401.9
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2021/05/07現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:401.9
2021/05/07 01時45分59秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

Saveと私 コメントセクション

コメント数(7)
朝顔
(2017-05-04)

これ個人的に物凄く好きな類の詩です。現代の都会生活に生きる絶望が延々と綴られているのですが、最後のオチが「何も知らないわたしたちはすごい。」これにはぶっ飛びました。 普通(?)我々何か真実とか生きる術を知ろう知ろうとしていて、何か答えらしきものが出ればひとまず安心する。少なくとも私はそういうところがあるのですけれども、この詩では、今日一日を生ききって、あなたの肩があるから、「ためらわないで圧倒的に死ぬ」ことが可能なのかなぁと。特にラストを一見して、実に深い深い散文詩だと感じました。

0
タムラアスカ
(2017-05-05)

朝顔さん> コメントありがとうございます。 まず、朝顔さんの好きな類の詩であったこと、大変光栄です。 結局は、自分と自分に一番近い距離にいる相手(家族友人さまざまあり)との平和な日常を送ることを何より願うんじゃないかと、思うんです。みんな、自分が一番好きだし、極端に言うと自分の半径数センチが平和なら後はどうでもいいって気持ちもある意味正しい。 本心が隠れているからこそ正常な毎日を構築しているんだと考えるととても絶望的だけれど、言いたいことを言い切ることが必ずしも幸せではないし、踏み込む場所を選ぶ弱さみたいなのも、長生きするためには必要なのかも、って思うんです。 いつ死んだって後悔するから、自分(この詩でいう「わたし」)に近い人(この詩でいう「あなた」)と1日を生ききることで知り尽くせない本心に近付けるかもしれないという期待を抱いたり。 ちゃんとレスになってないかも…すみません。 最後の言葉についての感想、とても嬉しかったです。 ありがとうございました。

0
泥棒
(2017-05-05)

饒舌体、というのでしょうか。徹底的に独白なのに、自分の内部ではなく、外部を見続けている。外部が「私」に何をもたらしているのか、を確認し続けている、とでも言えばいいのか。 特に前半の連は、きりきり引き絞るような一定のテンションで、言葉を断定的に切りながら文の流れは切らない(太い流れがあって、表面だけスタッカートを入れていく感じ)その、感じる主体の首尾一貫性を評価したいと思いました。 幻想的な情景とリアルな情景とが無理なく連結されているのも、主体が一貫しているからだと思います。 その分、周囲に馴染めない、沈むことが出来ないのか、浮上することが出来ないのかわからないけれど、自身が水と油のように弾かれてしまっている体感のようなものが伝わる作品になっていると思いました。 最後、素晴らしい、を止めて、すごい、と言い直しているけれども・・・反語的な「素晴らしい」であるなら、三連チャンであえてぶつける、というのもあるかな、と感じました。

0
泥棒
(2017-05-05)

上記のレスはまりもです。スマホからで、失敗しました。

0
タムラアスカ
(2017-05-06)

まりもさん> コメントありがとうございます。 外部と馴染んでいくことの安心感と絶望感。外部の核を知ることがほぼ不可能な「何も知らない」強さと弱さの危ういバランスの中で生きているのが大多数の「わたしたち」だと思っていて、小さな軋轢が溢れている毎日に対して幸せを感じている感覚へのちょっとした違和感がこのような詩になったのではないかと思います。 自分に近しい人との幸せを継続していくことで外部との距離を保とうとするのではないかとも思います。 自宅の中では罵詈雑言を放牧しているように。 外部との距離感を本人なりの適度で作っていかないと健全に生きることが難しい世の中になっているなぁと感じることが多く、生きづらいなぁとよく考えるので、独白に終始し、かつ外部を見続ける「わたし」を書いたのだろうと思います。 読んでくださりありがとうございました。

0
neue Ära records
(2017-05-09)

家族と一緒に過ごす時 リビングで一人でぼーっとテレビを観てる 居心地が良い それは私だけでしょうか その居心地の良さというのは 自分は独りではない 自分は不幸ではない という気 悲惨なテレビの向こう側の出来事 なんだったら自分の手で テレビのディスプレイを叩き壊したくなる ほら 僕には 関係無いじゃないかと 本作『Saveと私 』にインスパイアされました、共感詩を書かせていただきました。毎度、投稿有難う御座います。

0
タムラアスカ
(2017-05-10)

三浦果実さん> 「ほら 僕には 関係無いじゃないかと」 この言葉に打たれました。 詩を作って頂けて光栄です。 ありがとうございました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1