作品投稿掲示板 - B-REVIEW
お知らせ

シャーベット   

作成日時 2018-11-01
コメント日時 2018-12-16

厚く張った氷を砕くために ブーツの踵が地上へ届く 心臓が埋められた場所で 掘り起こしてる足跡の形が 誰にも踏まれず残っているのは きっと一人で歩いたせいだね 氷と永の文字が出会う冬は 時間を止めることができるから 互いに知らん顔をしたとしても 思いがクリアになって重なる 透明な世界で呼吸をする 10秒という短い間にも 人は誰かに傘を差し出したり ドーナツの浮き輪を投げたりして 心臓を落とさないように近付いた みんな守り合って生きてゆけるね 私は多分ずっと落とし続ける 心臓に蓋をした氷の棺を 毎年ひとつずつ壊していく


項目全期間(2019/10/23現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:141.7
2019/10/23 20時19分14秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(5)
まりも (2018-11-02):

この短さの中で、氷と心臓が頻出するのは・・・重ねによる強調よりも、インパクトを薄めてしまう結果になるのでは?という懸念がありますね。 冒頭のイメージ、あえて回りくどい言い方をする、打ち砕く勢いの出し方は、とても良いと思います。 ブーツの踵が、いったい何を掘り出しているのか・・・最後までひっぱって、実は落としてしまい、氷漬けに(それも、永遠の)になってしまっていた心臓だった、という展開なども、一考してみてください。

オオサカダニケ (2018-11-02):

言葉と世界がきれいですっピ(*^_^*) 心臓ということばを出現させる自由な語彙。

ミナト螢 (2018-11-02):

まりも様 そうですね、あまり納得のいく作品ではないのでまだまだレベルが低いと反省します。丁寧にコメントを頂き、寧ろありがたいです。 オオサカダニケ様 一見、綺麗に見えるものの中身の薄いのが私の欠点でありまする。

stereotype2085 (2018-11-11):

「透明な世界で呼吸をする/10秒という短い間にも」が特に素晴らしく、その後の人間が皆守りあっているというシチュエーションへとすんなり入っていける。中身の薄いのが欠点とコメ欄において仰っているが、この作品においてはそうではないように思う。この作品においては最終段、何か人を驚かせるフレーズを用いて、当作と同じ意味を持たせることが出来たら、欠点はオセロのように全て長所として裏返ってしまう可能性を感じました。

ミナト螢 (2018-12-16):

ステレオ様 コメント下さりありがとうございます。言葉がすんなり出てこない時期に書いたので、どうしても似たような事の言い直しに留まっていると思いました。その先をゆく、何かを求めて邁進していきたいです。

投稿作品数: 1