作品投稿掲示板 - B-REVIEW
重要事項
お知らせ

ビニール傘   

作成日時 2018-10-23
コメント日時 2018-10-24

あなたに会う日は、いつも雨が降っている コンビニで買った安っぽいビニール傘を差して海。 憂うつな涙が傘の頬を伝うのを私は下から見ていて、いつだってそこにいけたらいいのにって思って、傘を、折った。 あなたは雨みたいね、目鼻口、血、声、睫毛、指先、人は体の7割が水だそうです、たくさんの水、たくさんの足、あなたは、いったい、雨なのか、人なのか。 雨だよ、寒さに耐えるだけの、強かな雨だ。凍える洞窟で白をみんなで食べよう。今夜はご馳走だよ(もちろん生きていない) あなたは、人なのか、雨なのか。 人は、雨なのか、あなたなのか。 雨なのか、人は、あなたなのか。 電車の中に傘を忘れてきてしまった。 あの傘は、きっと雨になって、あなたの空に、降り注いでいる。


項目全期間(2020/01/26現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:190.7
2020/01/26 22時04分50秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。



コメント数(3)
オオサカダニケ (2018-10-24):

物と物が溶けて混じったり入れ替わったり不思議な感覚にとらわれました。小説でも俳句でもなくまさに「詩」というかんじがしました

ふじりゅう (2018-10-24):

拝見しました。 水と人を近似なものとするアイデアが良いと思います。「あの傘」が「雨」になる、「洞窟」で「白」を食べるなど不思議な世界が展開されていますが、「あなたに会う日」なのに憂鬱な主人公の図だけが人間味を感じる所もまた詩としての魅力だと思いました。

架月杏奈 (2018-10-24):

雨の日の白く濁った空に、色々なものが柔らかく溶けていくような感覚を感じました。 読んでいて自然と 頭の中に透明水彩で描かれた絵を思い浮かんできました。

投稿作品数: 1