夕暮れ時の戯言 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

夕暮れ時の戯言    

机の上 素っ気なく 置かれた 赤色ボールペン 眺める 窓の外 沈む夕陽に 今の想い 重ねてしまう 新しい場所 新しい仲間 まだ見ぬ可能性 いつも 同じことの繰り返しなのに 何故 人はセンチメンタルになるのか? -この季節だけは- 今年こそ もっと 強くなりたい 昨日の自分に負けぬよう この夢 全力で 追いかけてみせる 外れたボタン 元に戻して 少しずつ 一歩ずつ この街と共に 闇の中 人混みに紛れて 何かを捜し続けた ピックが ペンに替わっても 何も変わりはしなかった 先の見えない トンネルに入り 独りぼっちで 迷っていても 心の何処かに きっと 誰かが助けてくれると信じてる -自分が嫌いだ- 何もできない 何もやらない そんな僕だった 何も変わりたくない 何もしたくない そんな気持ちだった 孤独に生きることに 一種の幸せすら 感じていた 何か始めよう 何か変えよう 何かが奮い立たせた たとえ それが見えないものだとしても 僕は全力で 「ありがとう」を言いたい 昨日の自分を越えることすら 最初は怖かったけど 怖がりな自分を変えてくれたものは 言葉に出来ないくらい 強い力 もう言い訳したくない もう諦めたくない 自分自身を変えてみせるから 強く 強く ここで言うよ 大切なもの 探す旅に出ると 沈みきる 太陽に 僕は気付かない 止まったままの 指先には 固くペンが握られていた どんなに世界が醜くても 僕は強くなりたい そう 心に誓ったまま 夢の世界へ入ってしまった 気付いたときには きっと 次の太陽が昇っている いつもと違う 青空に 気付くのは いつだろう…


作成日時 2017-04-03
コメント日時 2017-05-03

夕暮れ時の戯言 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 571.2
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2022/09/28現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:571.2
2022/09/28 11時46分23秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

夕暮れ時の戯言 コメントセクション

コメント数(4)
花緒
(2017-04-03)

いままでと微妙にパターンを変えてこられたな、という印象。歌詞としても通用するくらい、音感が良い。他方、オチがこれまでの作品より弱い気がする。もっとも、わたしは想定読者とはズレるだろうから、あまりわたしの意見が参考になるであろうとも思えない。わたしとしては、YUU_PSYCHEDELIC氏は、およそ紺にて作品をどう読むのか。あるいは、その逆はどうなのか、といったところに関心がある。

0
もとこ
(2017-04-03)

良くも悪くも若さが溢れ出ている詩。隠そうとしても隠しきれない、エネルギーの塊としての若さ。こういう詩を書けること、そして書こうと思えることが羨ましい。ただ人に読ませるものとしては、ちょっとストレート過ぎるかも知れない。技巧に走れとは言わないが、あと少しだけ表現を工夫してみてはどうだろうか。特に最終連は、それまでの展開を受け止めてきちんと終わらせるには少し弱いと感じる。でも勘の良さそうな人だから、書き続けることで自然に解決できるかも知れない。とにかく、書き続けてほしい。

0
百均
(2017-05-03)

 音感がいいですね。そういう事がわかる、というのは読んでいて突っかかりがないからです。丁寧な作りをしていると思います。なんだろう、丁寧な作りなんですよね。 >机の上 素っ気なく >置かれた >赤色ボールペン 眺める >窓の外 沈む夕陽に >今の想い 重ねてしまう 「赤色ボールペン」と夕陽を重ねる描写からの >闇の中 人混みに紛れて >何かを捜し続けた >ピックが ペンに替わっても >何も変わりはしなかった ここが生きてくる。 >今年こそ もっと 強くなりたい >昨日の自分に負けぬよう >この夢 全力で 追いかけてみせる >外れたボタン 元に戻して >少しずつ 一歩ずつ この街と共に  ボタンを一つ一つ下から掛けて行く、という動作が一歩一歩進んでいこうとする語り手の気持ちの比喩になっています。こういう小さな飛躍が綺麗に弾けているという所にこの作品の美点を感じます。綺麗ですね。多分書いてある事はきっと読者に伝わるであろう、優しい言葉できっちり描いていると思います。  故に、なんだろうな、もう一歩先踏み出せたら後3歩くらい跳ねるような下地はある、という感じがします。それはつとに、多分あれだな、読み手に伝わり過ぎちゃうのかもしれないですね。これ以上は個人の好みになっちゃうのかもしれないんですけどね。

0
朝顔
(2017-05-03)

たぶん、この詩は筆者の分岐点になると思います。単に若く気高くあることが難しくなりつつ生きていますね‥。本物の青春に突入しつつある、そんな風に読みました。昔昔の唄で、「青春時代の真ん中は/道に迷っているばかり」と言うのがありました。大いに迷ってくださいませ。その迷路の抜け方で、どんな大人になるか決まるんだと思います。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1